漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

午前0時、キスしに来てよ38話のネタバレと感想!楓のスキャンダル…日奈々に会えない!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

6月13日発売の2019年7月号別冊フレンドに連載中の午前0時、キスしに来てよ第38話のネタバレと感想です。

今月号は37話、38話の2話同時掲載です。

前回の内容は下記からどうぞ!

 

それでは38話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと今すぐ「午前0時、キスしに来てよ」が連載されている別冊フレンド最新刊を無料で読むことができます!

 

→U-NEXT公式サイトはこちら

午前0時、キスしに来てよ38話のネタバレとあらすじ

 

荒れた小さな部屋で、初めて絵本をひらいたとき。

キラキラぴかぴか、見たこともない煌めく宝石のような世界に、とても憧れて、虜になった。

 

【それ以来、おとぎ話は、私の逃げ場だったのかもしれない】

 

楓とキスをしていた日奈々は、まだ続けるのかと聞いた。

嫌だったのかとショックを受けた楓に、日奈々はそうじゃないと否定すると、赤く染まった顔をそむけて言った。

「なんだか・・・、変な気持ちに、なるっていうか・・・」

 

そんな日奈々を見て、興奮した楓は、「よし、もうヤっちゃお!」と言って、上半身裸になろうとした。

「キャ~ッ♡♡」

 

「なんつって」

服を着る楓。

「!?」

 

日奈々が高校卒業するまではガマンすると言う楓に、長すぎて自分の方がガマンできるかと心配する日奈々。

新学期から3年になるし、あと一年の我慢だと励ます楓。

「それに、来週の31日は日奈々の誕生日でしょ」

「あっ、そういえば!!ご存じだったんですねっ」

驚く日奈々に、彰に聞いたと答えた楓は、「プレゼント、どうしようか?」と微笑んだ。

 

日奈々は少し考えて、明日は両親のお店が定休日だから、いよいよ気持ちを話そうと思うと言った。

「なので」と、座っている楓の足に頭を乗せると、楓を見上げて言った。

「綾瀬さんに一番に報告したいので、少しでもいいから会いたいです。甘えたいです」

「わかった。約束する」

楓は、日奈々のおでこに自分のおでこを優しく当てた。

 

日奈々が着替えるために部屋を出ていくと、楓の携帯に茂ちゃんから電話が入った。

「楓、緊急事態だ」

「どしたの?」

茂ちゃんの話を聞き、驚く楓。

 

自分の部屋で、たくさんのトロフィーと向き合う日奈々。

”・・・私が私らしく、いられたしるし”

トロフィーを見ると、指がうずく日奈々。

 

『後悔しないでやっていけそう?』

『今さら、そんなこときかないで』

 

過去を思い出した日奈々は、自分の両手をギュッと握りしめ、ぶんぶんと頭を振った。

そして、『FUNNYBONE』の写真を見て決意した。

 

【綾瀬さんたちに勇気をもらったんだから、私も前に進まなきゃ】

 

リビングの掃除をする母を、ドア越しに見つめる日奈々。

 

”お父さんは、おばあちゃんちにすず迎えに行ってるし、今がゆっくり話せるチャンス!”

 

日奈々は部屋に入ると、母を呼んだ。

「だっ、大事な話があるんだけど」

日奈々の様子を見て、何かを感じた母。

 

2人でソファに座ると、母は、楓と何かあったのか聞いた。

「ちっ、ちがうの」

俯く日奈々を見つめる母。

「・・・」

中々言いだせない日奈々。

日奈々が話すのを待っていた母は、緊張から肩で息をする日奈々に「だっ、大丈夫?」と聞くと、「ゆっくりでいいから」と優しく言った。

そんな母を見て、日奈々は覚悟を決めた。

 

「私、ピアノがやりたい」

 

驚く母。

 

「ずっとやりたかった。迷惑かけちゃうかもしれないけど、今さらプロにはなれないけど、ピアノに関わる仕事につきたい」

 

一気にまくしたてた日奈々。

母は驚き、何も言えなかった。

 

日奈々は顔をクッションで覆うと、ずっと黙っていたのは、前に祖母と母の会話を見てしまったからだと言った。

祖母から、日奈々のことを後悔してないか聞かれた母が返した言葉。

 

「今さら、そんなこと聞かないでって」

「!」

母は驚愕した。

 

日奈々はクッションで顔を隠したまま続けた。

いつも優しいけど、面倒だって思ってることもあるかもしれないとこわかった、と。

「私はすずじゃないから・・・。ほっ、本当の子じゃないから・・・っ」

 

日奈々はクッションに顔をつけたまま、目に涙をためて言った。

「私も愛されたくて」

 

母は言葉を失った。

 

「日奈々」

日奈々が母を見ると、母の目からは滝の様に涙が流れていた。

驚く日奈々に、母は言った。

「やっと本音、言ってくれたね」

「!」

 

日奈々が遠慮してるのを知ってた母。

真面目すぎるし、必要以上に家事もしてくれる日奈々に、何度かムリをしないように言ったが、日奈々はそれを貫いた。

母は、日奈々がそうすることで、ここに居やすいならそれでいいかと納得し、自分から問い詰めるのはやめておこうと思っていた。

 

「でも完全にミスったわ」

 

母は、日奈々の抱えていたクッションを掴むと、ぶんっと放りなげた。

「!!」

驚く日奈々。

 

「今さらっていうのは、こういう意味よ」

そう言って、日奈々の両肩を掴む母。

 

「『もう愛しちゃってるんだから、今さらでしょ!』」

 

母は、驚く日奈々をぎゅっと抱きしめ、誤解させて傷つけたことを謝った。

「どんな日奈々でも大好きよ」

 

日奈々の目からは涙があふれ、母の手にしがみついた。

 

”お母さん”

 

その時、「もう入ってもいい?」「もう少しまって」とヒソヒソ話す声が聞こえた。

振り返ると、「ただいま~っっ」とすずが満面の笑みでドアを開けて入ってきた。

その後ろには、困った表情の父。

 

「すずっ」

「お父さん」

父は日奈々と母に謝ると、入るタイミングを失って、しばらく話を聞かせてもらったと言った。

 

「ピアノ、好きなだけやりなさい」

父の言葉に、日奈々は驚き、いいのかと聞いた。

「あたりまえだろ。2人ともお父さんの大事な娘だ!!」

父は叫んだ。

「そうよ、お金のことなんて気にしないで、好きな道行きなさい」

母が言った。

「なんか、よくわかんないけどよかったねぇ~」

すずが言った。

 

日奈々は目に涙を浮かべながら、満面の笑みを浮かべた。

「うんっ」

 

その夜、ベッドに入った日奈々は微笑んだ。

”なんだか胸がいっぱいで、ねむれそうにないな”

 

早く楓に伝えたいと思っていた時、携帯が鳴った。

”わっ、やった!綾瀬さんからだ”

「はい、もしもしっ」

 

車の後部座席に座る楓は、少しの間黙っていた。

沈黙に戸惑う日奈々に、楓が言った。

 

「ゴメン、日奈々。君とはもう、会えないかもしれない」

 

ショックを受ける日奈々。

 

「午前0時、キスしに来てよ」38話を今すぐ無料で読む方法

 

「午前0時、キスしに来てよ」38話のネタバレはいかがでしたか?

文字だけでは表情など細かい描写はお伝えできないので、やっぱり漫画で見たい!読みたい!!という場合は無料で読める「U-NEXT」を使ってみてくださいね!

やっぱり漫画で読むと面白さ倍増ですよ!

 

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、無料で「午前0時、キスしに来てよ」が連載されている別冊フレンドが読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

感想

思い切って母に本心を打ち明けた日奈々と、その気持ちを受け止め、日奈々を抱きしめた母に感動しました。

ホッとしたのもつかの間、楓が日奈々に「もう会えないかもしれない」と伝えました。

一体、どんなスキャンダルなのか、気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.