漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編4話のネタバレと感想!いよいよ憧れのキャンパスライフ!のはずが…

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月15日発売の少年マガジンエッジ2019年4月号に連載中の淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編4話のネタバレと感想です。

前回話のネタバレは下記にまとめています。

淫らな青ちゃんは勉強ができない オトナ編4話のあらすじとネタバレ

親元を離れて念願の一人暮らし

 

今日から充実のキャンパスライフが始まると青ちゃんは大学内をキョロキョロしながら歩いている。

 

入学式

教授の紹介で現れたのはなんと、青ちゃんのお母さん。

今年から客員教授として大学に招かれたらしい。

 

青ちゃんは待望のキャンパスライフから一気に撃沈。

暗黒のキャンパスライフの予感…

 

お母さんは青ちゃんをじっと見ている。

まさか私を追って大学に来たのかとかいろいろ推測する青ちゃん。

 

お母さん「堀江志緒美です。よろしくお願いします。」

普通の挨拶にホッとしていたのもつかの間…

 

お母さん「あっ それから今研究のお手伝いを探してます。

条件は男性として安全…安心…そう…

娘の彼氏と紹介されても認められそうな…

あっ文才はない方がベストです」

 

あわあわする青ちゃんにグッと手のサインを出すお母さん。

 

入学式が終わり急いで外へ出る青ちゃん。

スマホで今すぐ転校できる大学を探す。しかも今度は北海道と…

 

しかしすぐ後ろにお母さん登場。

 

話があるから来なさいと言われ話は何かと聞くと4年間の大学生活を決めたからと紙を出すお母さん。

 

‘青のにこにこ大学生活 その① ヤリサーに入らない’

大体危なさそうなのは「なんでも楽しんじゃおう系

イベントサークルで男女比半々にしようとすると横文字サークル」よ

 

主催がヒャッハーとかいうウェイ系はもう決まり!

 

青ちゃんは偏見だーとつっこむ。

 

娘がわかっていても注意したいのが親心と言う。

 

まだあるから来なさいというやり取りをしてるとお母さんは大学の人に学部長が呼んでいると声をかけられ、仕事だからあとは読んでおきなさいと紙を渡された青ちゃん。

 

はーーっとため息をつき怖かったと思っていたら大丈夫?と声をかけられた。

 

 

振り向くとギャルのような金髪の美人な女性が困ってたみたいだから嘘ついちゃったと。

 

お母さんに渡された紙をこれ何?と見る女性は思わず吹いた。

 

面白すぎて笑いが止まらない女性。

 

親から渡されたんだと話をしていると女性は、でもまぁいいじゃん、親なんてスルーしちゃえば

うちらもう大学生なんだしさと話す。

 

ハッとしながら今まで考えたことなかったと言う青ちゃん。

 

女性「まじでー青ちゃん面白ー」

 

なんで名前を知ってるのか聞くと、紙に書いてあったからと。ウチは田畑結衣またはなそーと去っていった。

 

その夜、拓海に今日あった出来事を話したら入学式から大変だったねと。

 

ぶつぶつ言ってると、心配なんだよとフォローする拓海。

 

拓海「青は壁が厚いと見せかけて発泡スチロール製だし

油断してると抱えて持ってかれて壊されそう」

 

青ちゃんは私のことなめすぎだーと部屋へ戻ってしまう。

 

拓海はそんな青ちゃんを心配してる。

 

青ちゃんは部屋で私だってヤリサーが存在することなんてわかっていると妄想してる。

 

とにかく大丈夫だもん!!

気をつければ!!

もう大学生だもん!!

 

翌日

大学構内

 

青ちゃんが歩いていると昨日の結衣が声をかけてきた。

友だちいないから友だちになろうと結衣に言われ、青ちゃんは夢のキャンパスライフを妄想。

 

さっそくサークルの新歓飲み会に行かないかと誘われる。

 

他校の人でいろんな大学の人を集めてるサークルだと。

 

青ちゃんは決めかねてたが行くと決めてドキドキしながらも集合場所へ向かう。

 

参加すると周りは男の子ばかり。

男子からお酒を勧められるが結衣たちは断る。

しつこさに結衣は頼るもんがないとおはなしできないんですかー?先輩方けっこーつまんないんだねーと一蹴。

 

一気に重苦しい空気になる。

耐えられず青ちゃんはトイレへ向かう。

こっそり帰ろうか考えるも結衣を置いていけないし…

拓海くんに相談したいけどタンカ切った手前…とスマホを見ると拓海からメッセージが。

 

話途中で終わっちゃったけどまじで心配してるだけだよと。

 

青ちゃんは自分の未熟さを反省し泣きそうになってると拓海から電話がかかってきた。

 

拓海「青大丈夫?」

青ちゃん「大丈夫じゃないー」

泣きつく青ちゃんを頑張ったけど無理したね、今から迎えに行くけど外出れる?と拓海。

 

友だちがいるからそっとは出れない。拓海くんがくるまでなんとか…と話す青ちゃん。

 

その時年下のくせになんだその態度はと怒鳴り声が聞こえた。

 

覗くと結衣と男子がケンカをしていた。

 

拓海は向かってるからなんとか頑張って

僕が間に合わなかったら…

 

結衣はまだケンカ中。

そこに青ちゃんが追加のドリンクを頼んでおいたと戻り、飲み物が運ばれる。

 

ビミョーな空気の中、青ちゃんはみんなのグラスが空ですよーと話題を変えた。

 

じゃあ私はと言ってジョッキをぐびぐび飲み始め「いやー初めてだけど美味しいですね」と言う青ちゃんは男性陣からすごいねーもっと飲もーと場の雰囲気を変えた。

 

じゃ先輩たちも一緒にと男性陣に勧めるとみんなグデグデ。

 

男性陣に気づかれず店の外へ出た青ちゃんと結衣は先輩たちがグデグデになってくれてよかったねと話す。

 

結衣「青ちゃんって酔わないんだね」

青ちゃん「あれじゃ酔わないよ ノンアルドリンクだもん」

 

結衣はびっくりした表情。

ソフトドリンクはストローがささってるはずなのに何故?と聞いた。

 

青ちゃんは拓海から教えてもらったように店員さんに事情を説明して女子の前にはノンアルを置いてもらったとのこと。

 

そこに拓海が迎えに来た。

青ちゃんが大丈夫そうで安心した拓海。

 

結衣に拓海を紹介すると青ちゃんリア充じゃん!いいなぁ!と羨ましそう。

 

彼氏がいるならもう男ばっかのサークルに誘わないと2人に謝って帰った。

 

感想

 

青ちゃんのお母さんにはびっくりでしたが、友だちもできて嬉しそうでしたね!

 

飲み会も上手く切り抜けられて安心しました。

拓海ナイスアドバイスでしたね。

 

お母さん登場でまだまだキャンパスライフに問題も出てきそうですが、乗り越えられるんでしょうか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.