漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

チェンソーマン13話のネタバレと感想!アキの悲しい過去が明らかに!

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月11日発売の2019年第15号、週刊少年ジャンプ連載の「チェンソーマン」13話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

 

ネタバレ

 

確認は大切・・・!

 

「デンジ君が銃の悪魔を殺せたら、マキマさんが俺の願い事、何でも一つ叶えてあげる・・・?」

 

確認するデンジ。

 

「それって・・・。それはつまり・・・。デンジ君が銃の悪魔を殺したら、マキマさんが願い事何でも一つ叶えてあげるっつー事ですか・・・!?」

 

デンジは、真っ赤な顔で更に繰り返した。

 

「うん」

マキマは頬杖をついたまま、デンジを真っ直ぐ見つめた。

 

「何でも」が「何でも」であることを確認したデンジは、「うわあスゲえ!んなコトあってもいいんですか!?」と興奮した。

 

「んな事あってもいいくらい強くて悪い悪魔なの」とマキマは言った。

 

その存在を知らないデンジに、マキマは説明した。

13年前、悪魔対策に世界中が銃で儲けようとしていた頃があった。

その時期に、銃を使った事件や内戦、暴動が増えた。

それでどの国のメディアも活発に銃のニュースを取り上げ、世界的に銃が前よりも恐がられるようになった頃、アメリカで銃を使った大きなテロが起こった。

 

【その日に銃の悪魔が現れた】

 

高層ビルから流れる黒煙。

その映像がライブ中継でテレビから流れていた。

 

体調を崩した少年を挟んで、両親が絵本を読んでいた。

そこへ、その少年の兄がやってきて、父にキャッチボールをせがんだ。

だが父は、タイヨウの具合が良くないから、一人でできる遊びをするように言った。

兄は、タイヨウが元気な時なんてないと反論したが、母親からも、お兄ちゃんなんだから我慢して一人で遊ぶように言われた。

 

俯いて黙り込む兄を見て、タイヨウが言った。

「ボク。ボク、お兄ちゃんと遊びたい」

驚く両親と兄。

 

気分が悪くなったら家に入るように言う両親に、「いってきます!」と元気に手を振るタイヨウ。

だが、兄は黙って俯いたままだった。

 

 

雪景色の中。

どんどん先に行く兄に、必死についていくタイヨウ。

兄は、「ついてくんなよ!ウザい!」と怒鳴ると、雪玉を作り、弟へ投げた。

 

「俺は1人で遊べるんだ!」と言う兄の顔面に、雪玉が当たった。

 

楽しそうに微笑むタイヨウ。

二人は雪合戦をした。

 

「冷てっ・・・」と、指先を真っ赤にしたタイヨウに、「お前が風邪ひくと俺が怒られんだよ」と兄が言った。

悲しげに俯いたタイヨウ。

だが兄は、「キャッチボールなら、手、冷たくならないだろ。家からグローブ取って来い」と照れくさそうに家を指差した。

 

タイヨウは嬉しそうに笑うと、「や~った!」と家に向かった。

ドアを開け、家に入るタイヨウを、微笑みながら見守っていた兄。

 

だが次の瞬間、突然家が粉々に吹き飛んだ。

立ちつくす兄。

 

【11月18日午前10時】

【『銃の悪魔』日本に26秒上陸】

【5万7912人死亡】

 

ビルが立ち並ぶ街中に、まるで巨大な竜巻が通った後のように、倒壊した建物の瓦礫の道筋ができていた。

 

アメリカ・カナダ・ハワイ・中国・ソ連・メキシコ・インド。

各国で沢山の死亡者が出た。

 

マキマは言った。

だいたい5分で120万人弱を殺した後、銃の悪魔は今日まで姿を消している。

その後、悪魔そのものに対する恐怖が高まり、全ての悪魔が以前より力が強くなった。

銃の悪魔を少しでも弱くする為に、全ての国が銃所持の基本厳罰化。

凶悪事件、災害等の報道が規制されるようになった、と。

 

難しいことは理解できないものの、強いヤツだということは分かったデンジ。

 

「デンジ君なら倒せると思う?」と聞くマキマ。

 

「まあ・・・俺がすっげえ~ドカンと頑張れば、大丈Vでしょう!」と言ってブイサインをした。

 

マキマは無言で見つめ、まずは銃の悪魔を見つけることを提案した。

どう見つけるのか聞くデンジ。

 

マキマは、「これは私たちが集めた『銃の悪魔』の肉片」と言うと、銃弾の様な形をした、いくつかの肉片を見せた。

 

銃の悪魔は移動速度が早すぎて、体が少し焦げ落ちたと推測された。

悪魔がこの肉片を食べると、『銃の悪魔』の力で、どんな悪魔でも力を増すのであった。

 

マキマは肉片を1つ掴み、離した。

すると、肉片同士でくっついた。

 

銃の悪魔はとても強い悪魔の為、この肉片がある程度の大きさになれば、元の体の場所に再生して戻ろうとする。

だからこの肉片をもっと大きくすれば、銃の悪魔に辿り着くと考えていた。

 

「見つけました」

 

2つの尾と、昆虫の様な6本の足を持つ巨大な魚の上に立ち、肉片を摘むアキ。

姫野は、雑魚悪魔にしては強かったことを納得した。

 

「食べたのか。食べさせたのか」と、呟く姫野に、アキは言った。

 

「どっちでもやる事は同じです。悪魔は全部殺す。その先にヤツがいる・・・」

 

家族ごと家を破壊された兄。

それは、アキだった。

 

公安に悪魔の駆除要請が入った。

 

「森野ホテル内部で悪魔の目撃」

「ホテル宿泊者の生存不明」

「駆除に当たった民間のデビルハンター複数人が死亡」

 

「銃の悪魔の肉片に動きあり」

「おそらく肉片を食べている悪魔です」

 

アキは紐を通した銃の悪魔の肉片を握りしめた。

 

「公安対魔特異4課6人を出動させます」

 

デンジ、アキ、パワー、姫野、そして新人2人を含めた6名が出動する。

 

巨悪へと繋がる任務開始・・・!

 

感想

アキの悲しい過去が明らかになりました。

『銃の悪魔』の強さが、今までとは桁違いなので、気軽に倒せると断言したデンジの手に負えるのかが心配です。

出動する6人の、それぞれの活躍に期待します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.