漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

チェンソーマン8話のネタバレと感想!デンジvsコウモリ!胸への執念!?

WRITER
 
チェンソーマン8話

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月4日発売の2019年第10号、週刊少年ジャンプ連載の「チェンソーマン 」8話のネタバレです。

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

ネタバレ

斬り散らせッ!

 

上空でチェンソーマンとなったデンジを見て、悪魔だと知ったコウモリは驚愕した。

デンジはコウモリの右の羽を斬り落とすと、共に地上のビルへと落下した。

 

ビルの天井が崩壊し、部屋の入り口で呆然と突っ立っていた女子社員は、デンジとコウモリの姿を見つけて震えだした。

デンジが女子社員に向かって、「バカが・・・喰っちまうぞ!」とわざと脅して逃がすと、その様子を見たコウモリは、悪魔のクセに何がしたいんだと不思議がった。

 

デンジは立ち上がると、

「テメん腹ぁ裂いて!胸揉むんだ!よ!!」と叫ぶと、コウモリの顔面に強烈なキックをした。

 

勢い余って壁を突き破ったコウモリは、ビルの下の道路へと落下して唸った。

それを追って、下に降り立つデンジ。

 

コウモリは、巻き込まれて横倒しになっていた車を掴むと、

「人間を逃がすようなヤツに!!これは切れるか!?」と、デンジに向かって投げつけてきた。

 

デンジは思わず腕のチェンソーを引っ込めると、両手で車をキャッチした。

 

「チェンソー、引っ込めれたの!?」

自分自身に驚くデンジ。

 

デンジの身体にそぐわぬ怪力に驚愕し、なぜその力で人間を助けるのか聞くコウモリ。

だがデンジは、「誰が助けたってェ~!?」と言うと、驚く運転手に構わず、

「野郎の!命なんざぁあ~!知るかア!!」と、持っていた車をコウモリに向かって投げ返した。

 

顔面に車が当たったコウモリは、謎の叫び声をあげると、ヤツメウナギのように変形させた口からビームを発射させた。

 

そのビームをまともに受けたデンジは、向かいのビルへと飛ばされ、崩壊したビルの下敷きになった。

 

逃げようと這う運転手を、コウモリが掴み、まずは回復だと言って血を飲もうとした。

 

その時、瓦礫の中で再びポチタのしっぽを引っ張るデンジの手。

 

すると、爆発音と共に瓦礫から飛び出したデンジの姿を見て、なぜ生きてると驚くコウモリ。

 

デンジは言った。

「散々な目ぇばっか遭ってよぉ・・・。我慢しかしてね~のに・・・。まだ一揉みもしてねーんだよ~!!」

 

デンジが両手のチェンソーを持ち上げると、コウモリは運転手を放りだし、近寄るなと叫んで、デンジを叩きつぶそうとした。

 

だがコウモリの手は地面を叩き、デンジはその腕に飛び乗ると、コウモリの手首からチェンソーで斬りながら肩まで移動した。

そして、驚くコウモリの体を切り刻むと、最後に大きく腹を切り裂いた。

 

コウモリの悪魔、撃破ッ!

 

感想

今回も、胸への執念をひしひしと感じました。

女性には優しいけど、男性にはとても非道なところが、デンジらしくて面白かったです。

でも、チェンソーマンに変身したデンジの身のこなしは、とても格好良かったです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.