漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【ダイヤのA actⅡ 151話】のネタバレ。1点差追いつけるか!?

WRITER
 
ダイヤのA151

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年1月9日発売の週刊少年マガジンに連載されている「ダイヤのA」151話同じ球のネタバレです。

前回の150話は下記にまとめています。まだの方はどうぞ。

 

ネタバレ

1番倉持、2番小湊の連続長打で1点差まで迫った青道。

続く3番白州はセカンドゴロでアウト。

続いて4番御幸、由良総合はフォアボールで歩かせる。

 

これでランナー1・3塁。

ここで由良総合はベンチから伝令。

次のバッター5番前園はゴゴゴゴと燃えている。

重要な局面。

実況「打席には 5番 前園 ここで一気に同点にできるか!!」

1球目、ストライク。

片岡監督は御幸へ盗塁のサインを送る。

 

 

2球目

実況「一塁ランナースタート」

審判「ストライクツー!!」

前園(またアウトコースいっぱい・・)

御幸は盗塁を決めてランナー2塁3塁。

峰「完全に打者との勝負に絞ったな・・」

 

 

3球目

前園は3球続けてのカーブに反応するもセカンド正面で動くことができずツーアウト。

 

続いて6番東条。

由良総合は声も出ていて盛り上がる。

東条(まだまだ流れは止めない)

榊監督(敵味方関係なくグラウンドにいるやつらの考えていることが手にとるようにわかるようになったのは・・

みんな必死で一生懸命だから

態度に出る

仕草に出る

表情に出る)

1球目

東条が反応するもレフトフライでスリーアウト

榊監督(俺の下した決断に選手達が必死に応えようとしてくれる・・

なぁ鉄心

俺ぁ今こいつらとの野球が

楽しくて仕方ねぇぜ・・)

 

青道ベンチ

片岡監督「攻めた結果だ 切り替えろ 次だ!!」

と檄を飛ばす。

一丸となり、ノリさんたちも沢村へ声を掛ける。

 

片岡監督は沢村へ頼んだぞと拳を突き出した。

ダイヤのA 151話の感想

沢村の調子は戻るのか!!

このまま流れを由良総合に持って行かれないよう、沢村もみんなも一丸となって立ち向かう青道。

榊監督の見透かしが怖いがどうにか流れを掴んでもらいたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.