漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ダイヤのA actⅡ 152話のネタバレと感想!知らず知らず

WRITER
 
ダイヤのA152

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年1月16日発売の週刊少年マガジンに連載されている「ダイヤのA」152話知らず知らずのネタバレです。

前回の151話は下記にまとめています。まだの方はどうぞ。

ネタバレ

回想・・・1週間前

青道、グランドで練習風景。

片岡監督のノック練習。

ボール拾いをレギュラー陣が務め・・

本人たちが納得するまで続けられる引退ノック

ベンチ入りできなかった選手へのはなむけ。

 

これまで費やしてきた時間

3年生の意地・・・・

先輩たちの想いも全部マウンドに持っていく

グランドに立てないみんなの分まで俺が代わりに投げると沢村は心に誓っていた。

 

 

その想いを胸に沢村は投げた。

内野ゴロに抑え、ツーアウト。

だが榊監督は1球ごとにベンチからサインを送り、エンドランを仕掛けてきた。

リードを読まれていると気づいた御幸は、読まれても打たれない球をと沢村へ要求する。

沢村はストライクを奪い最後はサードゴロに仕留め、スリーアウト。

実況「沢村 この回を無失点で切り抜けました」

 

榊監督「ほう・・」リードを変えてきた・・?

あれだけ入れ込んだ投手をコントロールするのは難しいだろうに・・

沢村が本調子に戻る前にどれだけ切り崩せるかが勝負だと考えている榊監督は、北方へ頼んだぞと送る。

東山と大須にも準備をしておくように伝える。

青道の攻撃、結城、金丸はアウト。

続いて沢村がバッターボックスへ。

北方投げる・・

沢村バットへ当たったが、ボテボテ。

沢村(俺が塁に出てチャンスを作るーーー 後はみんながーーー)という思い出ヘッドスライディングするもアウト。

監督もみんなも呆然。

観客席では投手がヘッドスライディングしたことに引いてる人や逆にあぁいう奴が好きだと盛り上がる観客。

落合コーチは冷静な判断ができていないと考える。

 

御幸(前の回 カットボール改すらバットに当てられた ストレートが走っていない何よりの証拠 今の状態が続くようなら・・)

由良総合の攻撃が始まり、レフト前ヒットを打たれた沢村。

 

感想

調子が戻ったかに思われたが、気持ちだけが突っ走る沢村にハラハラします。

みんなの想いを背負っているからこそなのかもしれませんが、誰が沢村を落ち着かせてくれるのか。

このまま由良総合に流れを持って行かれてしまうのか?

 

それにしても引退ノック、泣けます。

私が泣けるってことは沢村はやっぱりもっと気持ちが強いんだろうな。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.