漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ダイヤのA act2 153話のネタバレ!今度こそ青道は主導権を奪えるのか!?

WRITER
 
ダイヤのA153

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月23日発売の週刊少年マガジン2019年第8号に連載中のダイヤのA act2 153話、伏線のネタバレです。

 

前回152話の内容は下記にまとめています。

よかったらご覧になってください。

前回のあらすじ

青道 vs 由良総合

2-1で由良総合が1点リード。

 

2回表由良総合の攻撃ではヒットを打たれツーアウト2塁。

御幸は榊監督の様子などからリードを読まれていると考え、リード変更。

どうにか1番を打ち取る。

 

2回裏青道の攻撃。

7番結城は外野フライ、8番金丸は内野ゴロ。

続いて沢村だが、ボテボテのゴロ。

そのまま1塁へ走るが、まさかのヘッドスライディング。でもアウトになってしまいスリーアウトチェンジ。

 

沢村の冷静な判断ができない状況に周りは固まる。

片岡監督、落合コーチもただただ不安な表情。

 

続いて3回表由良総合の攻撃。

沢村は先頭バッターにヒットを打たれてしまった。

 

153話のネタバレ

 

3回表、沢村は由良総合の攻撃を無失点で切り抜けた。

先頭バッターに打たれたり4番を歩かせてバタバタしてたけどなと観客が言っていた。

 

ということは、前回ヒットを打たれた後にフォアボールがあったということですね。

 

3回裏青道の攻撃。

由良総合はピッチャーを変えてきた。

先発北方くんに代わり、1番東山くん。

 

先手先手で仕掛ける榊監督。

 

八弥王子の選手たちもざわついていた。

 

どちらのチームにとっても譲れないところ。

 

渡辺(ストレートでグイグイ押してくる強気なタイプ うちの打線なら捉えられると思う)

と思っていたが、由良総合エースの東山くんは初球からスライダー。

 

今までの試合とは入り方が違った!

倉持、小湊は内野ゴロに終わり、白州はライトフライで打ち取られてしまい、スリーアウトチェンジ。

実況「エース東山 この回を3人で退けました

続投策がズバリ!!」

 

榊監督の仕掛けっぷりはすごいですね!

由良総合のベンチも盛り上がりを見せています。

 

沢村は厳しい状況に追い込まれてしまったのではないでしょうか?

これも榊監督の思惑だったのかもしれません。

 

ストレートを迎え打つ気満々だった青道の裏をかかれた回になってしまいました。

 

御幸「でも捉えられてはいる 焦って向こうのペースに載せられないことだな」

という一言で青道ベンチも切り替えて気合いを入れる。

 

沢村に御幸はこの回もチェンジアップは少なめ、カットボール改とツーシームで打たせていくぞと声を掛ける。

 

沢村も頷きマウンドへ。

 

だが、8番東山くんにフォアボール。

この試合早くも4つ目のフォアボール。

 

片岡監督も落合コーチももうだめだーな表情。

 

ここで青道ベンチがタイムを。

 

観客席もざわつく。

 

榊監督(この状況でもブルペンには川上一人か・・)

 

片岡監督が川上にマウンド側へと指示を出す。

これはピッチャー交代なのか!?

 

沢村、本来の力を出せず無念の途中降板なのか・・

 

感想

これはどうなるんでしょうか。

沢村は想像以上のプレッシャーや先輩たちの想いを背負いすぎていたのか・・

力が出せなかったのは残念です。

 

ここで負けるわけにはいかない青道、勝ちに行く流れを作れるのか次号が気になります!

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.