漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ダイヤのA act2 154話のネタバレと感想!片岡監督の決断は由良総合の勢いを止められるか!?

WRITER
 
ダイヤのA154

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年1月30日発売の週刊少年マガジン2019年9号に連載中の「ダイヤのA act2」154話(込めたもの)のネタバレです。

前回の内容は下記からご覧いただけます。

前回のあらすじ

3回表由良総合の攻撃を無失点で抑えた沢村。

3回裏青道の攻撃では、由良総合はエースの東山にピッチャーを交代。

ナベチェックではストレートでグイグイ押してくる強気なタイプ。うちの打線なら捉えられると思っていたが、初球からスライダーを投げてきた。

今までの試合とは入り方が違う東山。

倉持、小湊は内野ゴロ、白州はライトフライで打ち取られてしまい、スリーアウトチェンジ。

 

4回表、由良総合の攻撃。

沢村は東山へフォアボール。

4度目のフォアボールに片岡監督や落合コーチもまずいという表情。

ここで青道はタイム。

川上にマウンドへ向かわせた。

 

ネタバレ

4回で無念のピッチャー交代となった沢村。

川上「お前の気持ちはみんなに届いてるよ・・

あとは俺たちに任せてくれるか?」

 

ボールを両手で持ち「込めときました」という沢村。

片岡監督があとはあいつらに任せようと沢村へ声を掛ける。

由井が沢村へダウンつき合いますと声をかけた。

沢村も「ああ頼む」と言うが、このイニングが終わったらなと。

 

マウンドへ向かって沢村「こんなもんじゃねぇからな!!青道の野球は!」

 

降板の悔しさと頑張ってほしい思いから声を出す。

御幸「もっと力になってやりたかった」

川上「うん」

 

一方、榊監督は片岡監督の決断にもう少し引っ張ると思っていた様子。

焦りからくる継投か迷いのない決断か・・

榊監督(いずれにせよ攻め入る好機)

(ここで崩れれば向こうに大ダメージを与えることができる)

 

御幸(ランナーは俺がなんとかする。ノリはバッターに集中してくれ)

川上(・・・沢村

ありがとな

俺たちは3年だから・・)

 

1投目ストライク!!

川上(覚悟だけはできてる)

 

青道ベンチも声を出す。

 

榊監督は初球からこんな球投げられたなと思いながらも御幸がコーナーを広く見せるため必ずインコースに投げてくるはず。その球を狙うとサインを送る。

第2球目、フロントドア!

審判「ストライークツー!!」

榊監督もバッターもまじか!?な表情。

感想

今回はグッとくるものがありました。

沢村もみんなの想いを背負って投げてきたが、川上たち3年生も沢村の想いや3年生という覚悟で由良総合に挑む姿勢に、もう本当にこれで流れを掴んで欲しいと強く思いました。

 

いいスタートを切れたと思うので、このままペースを青道に持っていけることを願います!

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.