漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ダイヤのA act2 156話のネタバレと感想!青道も由良総合もここが勝負!動き出したのは!?

WRITER
 
daiya-a156

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年2月13日発売の週刊少年マガジン2019年11号に連載中の「ダイヤのA act2」156話(探り合い)のネタバレです。

前回の内容は下記からご覧いただけます。

前回のネタバレ

4回表、由良総合の攻撃で沢村に変わり、3年の川上がマウンドに立つ。

3年の意地で由良総合の攻撃を抑えた川上。

 

4回裏、青道の攻撃で御幸がバッタボックスへ立つ。

ピッチャーの東山くんは今まで必死に頑張ってきた練習を思い出し投げる。

2球目で御幸がホームランを打ち同点に追いついた。

 

ネタバレ

4回裏青道の攻撃。

御幸に続き、5番前園。

レフトオーバーでヘッドスライディングを決めツーベース。

 

6番東条。

青道ベンチで話していた東山くんはストレートには威力があるがスライダーにはそこまでキレがない、追い込まれてもアジャストできそう。

片岡監督は難しい球には手を出さず打てる球が来たら迷わず振れ。今までやってきたことを出せばいいと言っていたことを思い出す東条。

東条「2球続けてストレートを打たれたんだ」

慎重にはなるよね

と、次はスライダーが来ると予想した。

 

予想通り、スライダー!

東条はバットを振りライト前ヒットを打つ!

 

二塁ランナー前園は三塁を回りホームへ走る。

実況「青道高校勝ち越し!!6番東条タイムリーツーベース」

青道ベンチは盛り上がり前園を迎える。

 

ベンチでは御幸に沢村が一振りで流れ変えちゃいましたねと声をかけ拳を出すと

御幸はチーム背負ってんのはエースひとりじゃねぇぞと拳を合わせる。

沢村はハッとした表情。

 

続いて金田。

ピッチャーに打ち返しショートの一倉は止めるのに精一杯でワンアウトランナー1、3塁。

 

 

9番川上。

観客は

「スクイズある?」

「ミエミエだろ」

「当然警戒されるよな」などと話す。

 

榊監督は一塁ランナーは放っておけ!三塁ランナーの動きだけ注意しろとサインを送る。

 

東条が投げた!

一塁ランナースタート!

初球インコースストレート

ファール

 

東山くんは得意のストレートで勝負に出てきた。

片岡監督も榊監督もサインを送る。

2球目、スクイズの構えだが当てには行かずボール。

両監督は探り合いをしている。

 

 

3球目、一塁ランナースタート。

ストレートできた、川上はすかさずバットを振る。

実況「転がしたー!!三塁ランナーすかさずホームへ 強行策が功を奏しこの回3点目!!」

榊監督は目を瞑り天を仰ぐ。

 

八弥王子の選手たちは9番バッターがインコース寄りのあの球を右方向に転がすかよ・・

三塁ランナーのスタートといいなと普段からどんな練習してんだよと話している。

 

4回裏

青道4ー由良総合2

感想

キタキタ!青道の巻き返し!!

榊監督と片岡監督の師弟の探り合いがどうなる?どうなる?と読み進めました。

 

御幸に続けて前園も頑張ってくれたことで一気に流れが早くなった気がします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.