漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ダイヤのA actⅡ 160話のネタバレと感想!四強の2校 市大三高と薬師の強者登場!

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月20日発売の2019年16号週刊少年マガジンに連載中のダイヤのA actⅡ 160話 FIRE AGEのネタバレと感想です。

前回の内容は下記にまとめています。

「ダイヤのA actⅡ」160話のあらすじとネタバレ

西東京大会は4回戦に突入!

四強の2校、市大三高&薬師が揃って試合に臨む!!

 

 

ーー

西東京大会4回戦

市大三高 vs 梅ヶ谷

10−0で市大三高 がコールド勝ち

 

五味大付 vs 薬師

0−4

2回裏 薬師の攻撃

ーー

ヒットで1点追加した薬師。

バッターボックスには轟雷市。

やっときたかという思いなのか雷市は不気味な笑顔とともに異様な雰囲気で、五味大付はその雰囲気に勝負を避けフォアボールで一塁へ押し出す。

 

次のバッターは友部だ。

しかも雲がエロい、むちむちマダム雲と空に気を向けながらの登場。

エロい雲に目を奪われてるとは知らず、ベンチからは声援が飛ぶ。

五味大付は轟から逃げたわけじゃない。確率的にどちらがうち取りやすいか計算ずくめの選択と考えていた。

しかし、友部は初球から冷静な表情でピッチャーへ打ち返し薬師はさらに追加点。

監督「手首の使い方が柔らかいんだよなー」

真田「変化球に崩されない下半身の強さもありますしね」

監督「友部先人 今年一番の拾いものだな」

6番黒木の犠牲フライで薬師は7点目。続く早川にもヒットが出てなおも1、3塁。

 

ーー

市大三高の選手たちは薬師の1年が春から比べると戦力として機能し始めたなと話していた。

 

ーー

五味大付の攻撃。

先発の友部5回を一人で投げ抜きわずか1失点。

13対1 5回コールド

薬師高校5回戦進出!!

 

エースの真田は最後まで出ることはなかったが、それでもコールド勝ち。

薬師強い。

土曜日の試合でこの2校、市大三高と薬師高校が激突!

 

観客もこの2校の試合を見たくてたまらないようで盛り上がっている。

 

真田「ここからが本番ですね」

監督はゴールが果てしなく先すぎて笑えてくるぜと答えた。

 

ーー

青道の練習

沢村は奥村と投球練習をしていた。

沢村は調子を取り戻してきたようで投げ込んでいた。

そこに降谷が明日は出番ないと思うから今日は思うだけ投げたらいいと言ってきた。

 

沢村はイラつき万全の準備して備えるに決まってるだろと言い返した。

沢村「俺を誰だと思ってる!!かつてブルペン王と呼ばれた男・・・」

降谷「繋ぐから・・」

沢村はえって表情。

降谷「必ず次に繋ぐから」

 

 

感想

薬師、強者が多いですね。

1年も力をつけてきたようで次戦も熱い戦いになりそうです。

しかし降谷かっこいい!

沢村もいつもの感覚が戻ってきたようで安心しました。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.