漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ドメスティックな彼女 216話 のネタバレ。二人は別れてしまうのか!?

WRITER
 
ドメスティックな彼女216

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月23日発刊の週刊少年マガジン2019年8号に連載中の『ドメスティックな彼女 第216話 ~じゃあね~』のネタバレです。

前回の215話は下記にまとめていますので、よかったらご覧ください。

ネタバレ

「別れよう」

突然の言葉に戸惑うナツオ。

 

昨夜仲直りして一緒に寝たり、先程バレンタインの手作りチョコをくれたのに、訳が分からない。

「ルイに小説のこと相談できなかったのがそんなに許せない?」

 

首を横に振るルイは、ナツオが自分を想って精神的な負担になりたくなかったように

ルイもナツオの負担になりたくないのだ。

 

芹沢からナツオがあの日辛くて苦しくて自分に言えなくて彼女に連絡したことを聞いたとき悔しくて悲しくて

縋る存在が自分ではなくて、ナツオはナツオで気遣って苦しんでそれに自分も虚しくなって

「これってお互い
負担になっちゃってるよね・・・」

 

ルイが自分の気持ちを伝えるが、ナツオは納得がいかない。

 

小説もなくなってルイもいなくなるという不安から取り乱し、ルイの両腕を掴む。

「やだよ・・・!

俺は別れない!!」

 

ルイも好きという気持ちは変わらない。

 

しかし、今まで同じようなことで喧嘩をしてきて小説で失った穴を自分では埋められないことをわかっていた。

 

「恋人っていう関係が安心感よりもイライラや後ろめたさを生んだり
お互いプラスに働かないなら

家族に戻った方がいい」

 

その言葉を聞いたナツオは、俯いていた顔をガバッとあげルイを見上げるが

その表情は決意の固さを物語っていて、ナツオはその場に立ち尽くすことしかできなかった。

 

――空港で家族みんながルイを見送りに来ている。

ルイは飲み物でも買いに行こう、とナツオを誘う。

 

心ここに在らずといった様子で着いてくるナツオに、時計を返すルイ。

 

「もう一緒の時間は過ごせないから 本当はこれも返した方がいいのかもしれないけど もしよかったらお守りとして持っててもいいかな・・・」

 

首にかけているネックレスを見たナツオは俯きながらも頷いた。

 

ナツオの頬に手を当て最後は笑顔で別れたい、というルイも泣いていて そんなお互いの顔を見て少し笑顔になった2人。

 

ルイはナツオにぎゅっと抱きつく。

「別れたら

あたしと一緒にいた時間は

全部無駄になる?」

 

今までのルイとの思い出がよみがえり、ナツオが首を横に振ると2人はお別れの最後のキス をした。

 

――ルイが飛行機で旅立ち、帰りの電車で俯くナツオの頬には涙がつたっていた。 (つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.