漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ドメスティックな彼女 第221話のネタバレと感想!ミサキからごはんを誘われた夏生は!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月27日発刊週刊少年マガジン2019年13号に連載中の『ドメスティックな彼女 第221話 ~2人ぼっちの夜~』のネタバレと感想です。

 

前回の内容は下記からご覧ください。

 

ネタバレ

夏生の家にミサキが転がり込んできてから数日・・・。

 

――

「はぁ!?

もっとラブコメ的な出会いがよかった!?」

喫茶ラマンで大声をあげているのは、藤井夏生。

 

「だぁってぇ

あの後のカラオケでも家は裕福かとか目標の年収はとか金関係のことスゲー聞いてきてさぁ

オレを金ヅルにしよーとしてんの見え見えなんだもん」

 

そう嘆いているのは夏生の友達、文哉。

 

文哉が落ち込んでいるのは、カスミに金ヅルに見られたことだけではない。

自分よりモテなさそうな友人を合コンに連れて行ったものの、その友人はカップル成立した
ようだ。

 

「くそー!!
俺がお前なら今頃ミサキさんと・・・!」

 

ミサキが夏生の家に居ることを知っている文哉は、ムキーッと机を叩き始める。

 

「なぁにナツオちゃんまたモテてるの?」

 

飲み物を運んできたマスターに、事情を話すと

「アタシも事情作ってナツオちゃんち泊まりに行こうかしら♡」 と、ぐふっと含み笑いするマスター。

 

「冗談は顔だけにしてください」
と、夏生の突っ込みにデコピンで返したマスターは夏生に忠告する。

 

「ま 人助けはもちろんいい事だけど同情のし過ぎには要注意よ 自分まで引きずり込まれちゃうから」

 

 

――夜になり自宅に戻った夏生。

今日も海咲が料理をしてくれ、テーブルには生姜焼きとご飯が並んでいた。

ルイも良く作ってくれたことを思い出して、少し胸が痛む夏生。 食事を終え、2人並んで皿洗いをする。

 

「そういや今日ハロワ行った?」

「あ うん 行った行った
3件くらい良さそうなのが・・・
そうだ忘れないうちに渡しとこ」

 

海咲はバックから封筒に入ったお金を取り出し夏生に手渡す。

 

「今日 前にやったバイトのお金入ったんだ 部屋借りてやっくには足りないし しばらくお世話になりそうだからさ お礼に」

しかし、夏生は封筒を海咲に突き返す。

 

「受け取れねーよ こんななけなしの金 お礼とかいいからちゃんと貯めて自活の足しにしろ!」

それでも海咲は夏生に何かお礼がしたくて、スカイツリー近くのお店を勝手に予約した。

 

「了承してねーけど!

行かねーよ!?」

「いいよ それでも待ってる 来るまで待ってるから」

 

――翌日、大学の公演の準備に追われる夏生。

気が付けば時間は18時30分。

“19時
アホか 何気にしてんだよ
行かねーんだから関係ねーだろ”

 

しかし、結局待ち合わせ場所に行ってしまう夏生。

 

海咲が予約してくれた店で食事を済ませ、2人はスカイツリーに登る。

いやいやながらも、海咲に合わせついてくる夏生。

スカイツリーからの夜景を見て、興奮する海咲。

 

「このキラキラのさぁ光の一つになれると思ってたんだよね・・・ ナツオくんは?なんで小説諦めたの?」 「・・・諦めたっていうか書けなくなっただけ

書き始めたのは中学かな
昔から本読むの好きで深く考えなくても場面とか人物 思い浮かべられた
高校ん時 賞 貰って去年初めての単行本 出せたんだけど それからパッと書けなくなって・・・その治る保証がないイップスがずっと続いてる感じ」

 

“俺は何をペラペラ・・・
こうして見ると確かに似てるかもな
2人共 空っぽなとこが・・・”

 

 

――
夜景を見終えた2人は、誰かが落としたゴミを見つける。

「ね ナツオくん今からコレあのゴミ箱に投げて一発で入ったらさぁ キスとかしてみる?」
海咲の提案に、
「はぁ?」
と、顔全体で拒否する夏生。

 

「これならいいんじゃない?入ったら今夜あたしがナツオくんち出てく」

そう言って、ゴミ箱目掛けてゴミを投げた海咲。

しかし、そのゴミはゴミ箱をかすりもせず床に落ちた。

わざと外した海咲に、少しホッとした様子の夏生。

ピルルルッ ピルルル
海咲のスマホの着信音が鳴り、その場を外す海咲。

その後、海咲は戻ってこなかった。

 

 

――
ベッドに潜り込む夏生。

“そういえば知らなかったんだな
あいつの連絡先”

 

 

――翌朝
夏生が目覚めると、コタツで眠る海咲の姿が。
《昨日はごめんね》 テーブルの上には、海咲からのメッセージが書き残されていた。

 

 

―― 仕事を終えた陽菜は、手土産にたい焼きを買い、夏生のアパートへ向かう。

すると、夏生の部屋の前に立っていた男性に声をかけられる。

「ここの部屋の人?
あんた小椋海咲の関係者?」

ミサキを追うアヤシイ男・・・。

彼女は何を隠している!?

(つづく)

感想

文哉くん、合コンは失敗に終わったようですね・・・。

あからさまにお金のこと聞かれたら嫌 ですよね(笑)

前回、男から受け取ったお金を夏生に渡した海咲。

食事に出掛けたものの途中でどこかへ
行ってしまったりまだまだ謎は多いですね。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.