漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ドメスティックな彼女224話のネタバレと感想!ミサキはヤク漬けだけではなかった!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月20日発売の2019年16号週刊少年マガジンに連載中の「ドメスティックな彼女」224話同情だけじゃないのネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧ください。

「ドメスティックな彼女」224話のあらすじとネタバレ

突然の来訪が日常に終わりを告げるーー

 

玄関のドアをドンドンと叩く音に二人は固まる。

夏生はミサキの制止を振り切り玄関へ向かいドアスコープから外をのぞいた。

 

そこには以前アパートを訪れた男が!

ドアを開け「…何スか」と出た夏生に「ここに小椋海咲いるだろ 出せ」と言う男。

出かけてて今はいないと言うと男は胸ぐらを掴み逆上した。

 

そこにミサキが夏生は関係ないからと止めに入り外へ連れ出した。

ミサキ「ごめんね大丈夫 ちゃんと話ししてくるから」

二人はアパートの外で何か話している。

 

夏生はベッドに座り込みミサキの帰りを待っていた。

 

戻ったミサキに話ってなんだったんだと聞いた。

夏生「もうこうなったら全部話せ 悪いと思ってんなら隠し事はナシだ」

実はミサキは薬の運び屋をやっていたらしい。

 

この前バイトで入ったお金があるからと夏生をごはんに誘ったのも運び屋の仕事をして得たお金。

いつからやっていたのか聞くと、1年くらい前からと答える。

 

最初は一緒にいた男から全然危なくないからと誘われ、気づいたら後戻りできないところまで来てしまったと。

 

ミサキが関わるルートがトラブルになっているから、あの男は聞き取りに来たと説明する。

 

夏生「それ抜けられんの…?」

ミサキ「…

わかんない…

交渉はしてみるけど…」

 

夏生は立ち上がりさっきの薬を没収。

夏生「とりあえずこれは没収

あんたに見つからないところに隠しとくから

やったなら即病院か警察連れてく

わかったな」

 

ミサキ「うんごめん…」

 

ーー翌日

 

電車の中で薬物依存のことをスマホで検索する夏生

 

 

ーー夏生のアパート

陽菜が訪れた。

夏生は留守にしていてミサキが出た。

陽菜「ああなたがオグラミサキさん…?」

ミサキ「はい

あすみません今ナツオくん出かけてて…」

 

ナツオくんと呼ぶミサキに陽菜はえ?と言う表情。

部屋で二人で話す。

ミサキ「弟さんにはすっかりご迷惑かけてしまって…」

陽菜「ちょうど良かったかも二人で話せて

直接聞いた方が早そうだし」

ミサキ「?」

陽菜「もしかして何かトラブルに巻き込まれてるの?」

ミサキは無言。

 

前にアパートへ来た時、男が訪れていたことを話す。

ミサキは仕事絡みで事情を聞きに来たみたいだと答えた。

陽菜はストーカーとかDVとかじゃないのか心配したがそういうのではないとうつむくミサキ。

陽菜「そっか良かった

でも何かあったら言ってね?

ナツオくんだけじゃなく私も困ってることがあるなら力になるから」

 

仕事や部屋とか見つからなければ私も協力するしと言う陽菜へやっぱりナツオくんのお姉さんですね。なんか似てるなってとミサキは話す。

陽菜「そぉ?血は繋がってないけどね?」

 

 

ーー桃源先生の自宅

退院してきた桃源先生の荷物を片付けながら夏生は経過も順調で良かったと先生と話す。

錠剤を見てこの薬はなんですか?と聞く。

手術跡が痛んだ時に用に念の為処方された消炎鎮痛剤だという。

夏生「先生 前に薬物依存の人が出る話も書いてましたよね

そういうのが治るのってやっぱり難しいんですか…?」

そう聞く夏生にヤクでもやってんのかと聞く。

映画で観たと焦る夏生に先生は答える。

「まぁ程度にもよるが自力ではほぼ無理だろうな

依存とはそういうもんだ

意思ではなく脳の問題

体からクスリを抜くだけならそういう病院もなくはない

しかしアルコールや薬物は特に依存レベルまでいくと脳のメカニズムを壊す

脳が渇望するようになったら意思を凌駕してしまうんだ

治すと言っても完治はないが回復するには更正施設が一番だろうな

生活を正して目標を持ち心からクスリを遠ざける

どのみち周りの協力が必要だが

まぁかく言う俺も似たようなモンだ

喫煙所を見かけただけで こうむずっと…」

と言った時、夏生はダメですからね!と止める。

 

ーー夏生のアパート 夜

こたつでおせんべいを食べながらテレビを見ているミサキ。

料理番組を観ていて小麦粉を振るう場面でクスリが頭をよぎりぶんぶんと頭を振る。

本でも読もうと気分を変えるが夏生や陽菜、クスリや男が頭を駆け巡る。

突然押し入れや引き出しなどを開けクスリを探し出すミサキ。

夏生「ここにはないぞ」

夏生が帰ってきて必死になってクスリを探してるミサキへ言った。

隠しておくって言ったのは嘘で今朝のゴミと一緒に捨てた。

またやろうとしたなと聞くと震えながらうつむくミサキ。

 

本当にやめようと思ってたけどと自分では止められなかった。夏生へ謝る。

 

夏生(多分同情だけじゃない

俺がどうしても見捨てられないのはミサキがこうなるかもしれなかった

俺だからだ)

やっぱり出頭して一度ちゃんとした方がいいとミサキを説得する。

どうするのが一番なのか考えていたと。

ミサキのためにもちゃんと出頭して更生施設に入ろう。確かに俺ら空っぽ同士で今は希望もない。

でもこんなことで

こんなもんで死んじゃダメだ

俺も何か罪に問われるならそれでいいから

そう言われて涙を流すミサキ。

やっぱ陽菜と似てると話す。

 

夜道を歩き警察へ向かう二人。

そこに1台の車が止まった。

 

車から複数の男たちが出てきて夏生とミサキを車へ連れ込む。

頭にはビニール袋、手は後ろに縛られ二人は拉致された!

 

感想

すごい展開ですね!

ミサキが運び屋でヤク漬け。

せっかく出頭してやり直そうと決めたミサキに夏生まで拉致られてしまうとは…

命の危険を感じますね。

 

夏生は同情だけじゃないと感じたようですね。

今はそれどころじゃないけど二人の運命は…うーん気になる。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.