漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【ドクターストーン 86話】Dr.STONEのネタバレ 船長登場!

WRITER
 
Dr.STONE 86話

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

12月10日発売の週刊少年ジャンプ

2019年12月10日発売の週刊少年ジャンプ2号に掲載のドクターストーン第86話のネタバレです。

 

今週のネタバレ

千空は地図を広げ「静岡の特産品と言や・・・」

ゲン「お茶とか??」

千空「石油!!!」

世界最強レベルの質のイイ石油が採れる相良油田があるという。

 

そこでクロム、最強の目をもつコハク、最強の耳をもつ羽京、の新生クロム発掘隊が出動。

 

その様子を見ていた龍水・・・

地球の裏側まで連れて行ってやる条件・・・船長報酬として、

「発見した油田の権利は俺がもらう!!」と言い放った!

 

「ヒドイ~。」と言うゲンに、龍水は「高いと思うなら他の奴に・・・」

だが「腕を考えりゃテメーしかいねぇよ」と千空。

 

しかしそれでは石油を発見しても龍水に全部とられてしまい、「船の燃料は?」と心配するゲンに、

「貴様らは俺から石油を買うんだよ!!!」と強欲な龍水。

 

そして龍水はナマリに原板を作らせ、通貨ドラゴを流通させ、あっという間に家まで建てた。

羨ましく思った陽は、「テメー怪しーな!」と探りをいれる。

すると龍水はスッと100ドラゴを見せ、「この100ドラゴで1ml!石油を売ってやる」

陽「俺別に石油とかいらねーんだけど」とポイッと100ドラゴを捨てるが、スイカやミライがラーメンや綿アメを売っているのを見つける。

龍水は、千空たちが石油のためにあらゆる物を科学で作り、売るはずだと見込んでいた。

 

その様子を見て、龍水に好き勝手させる事を心配する記者。

だが千空は、通過も立派な科学の発明品だと気にしてないかと思いきや、

「わざわざ作ってくれたんなら、おありがた~く利用させていただこうじゃねえか。連中がタッップリ貯めこみまくった頃にな・・・!!」

と悪巧み。

 

そこに金モドキは受け取らないと、龍水にお札を投げ捨てるニッキー。

「そもそも実際に今、石油はないんだろう?こんな紙切れになんの価値があるってんだい」

それに対して龍水は通貨の価値は「信頼だ!!千空ならいずれ油田を見つけ出す。その期待そのものが紙切れを宝に変える!!!」

 

その頃、クロム発掘隊は静岡手前にナイアガラの滝のような大瀑布を見つけ出す。

千空が書いた地図との違いに戸惑いながらも、崖をズリ落ちていくクロム。

その時羽京は、目印にした一番巨大な山が富士山だと気付き、3700年という時の流れを甘く見ていたと呟く。

 

羽京は電話を作り、千空に報告する。

千空はすぐ悟る

「富士山の大噴火」

一発でも地形が変わるレベルの大惨事が、石化中の3700年で少なくとも4~5回、多ければ10回以上あったと予測する。

同時に現代人の地形図が役に立たず、闇雲に油田を探す事も出来ないので、新しい地図が必要な事も思い知る。

ふいに「鳥に乗って見れたら・・・」とスイカがつぶやく。

「それだ!!!」と閃く千空。

 

人海戦術で麻を集めたい千空。そこで通貨ドラゴを利用する。

「皆々様が必死に働いて麻を集めてくんねえと、肝心の石油がそもそもゲットできねえからなァ~」と悪い顔。

その言葉にピンときたゲン「為替トレーダーだね」と悪い顔。

 

ドッサリ集めたドラゴを前に大金持ちになったと喜ぶ陽に、「油田が探せないと紙くずになる」と脅かすゲン。

「でも安心して!せっかくのドラゴをゴミにしない方法教えちゃう♬」と、まんまと陽達を働かせる。

 

陽達がお金に振り回され、あっという間に大量に集まった麻を見て、ゲンは「通過なんて噂一つで暴落するのよ」としたり顔。

龍水も、さんざん貯めさせ相場をいじって利用する千空達のやり方に「よっぽどあくどいじゃないか・・・」

 

たくさんの麻を集めた千空の目的は・・・

「気球だ。科学のお宝探検隊は空から攻める!!!」

羽ばたけ大空へ!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2018 All Rights Reserved.