漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【Dr.STONE(ドクターストーン)90話】のネタバレ。食糧調達

WRITER
 
ドクターストーン90

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年第8号、週刊少年ジャンプ連載の「Dr.STONE(ドクターストーン)」90話のネタバレです。

前回89話のネタバレは下記にまとめています。

ネタバレ

千空、冒険の空から帰還!!!

 

「お帰りー!!千空ー!!!」

空から帰還した千空達を出迎える石神村の村民達。

千空の石神村凱旋だと言ってもてなした。

美女たちのもてなしにテンションの上がる龍水。

「豪華すぎる」と涎を垂らして喜ぶクロムの反応に、様々な肉料理を想像した龍水だったが、魚のみで作ったコース料理を見て愕然とした。

 

ジャスパーとターコイズにしっかり村を守れていたかと問う千空。戦闘はゼロで逆にクマも出なかったので、ここ数カ月はずっと魚だったと答える二人。

そんな会話を聞いて、「いつまでこの村で過ごす」と聞く龍水に、「石油が見つかるまで、一年か二年か・・・」とサラッと答えた千空。

その答えに、「見つけるぞ食糧も!!空からな。絶対に絶対に絶対に絶対に絶対にだ!!!!」と断固たる決意をする龍水を見て、羽京は、「こういう世界だと欲張りも悪いことじゃないよね」と苦笑い。その横で実に有難いと笑う千空だった。

 

再び空へ飛び立った気球の底には、コハクがぶら下がり、「わぁああああああ!私は今、本当に、本当に空を飛んでいるぞ・・・!!!」と感動していた。

 

「いつまでもガキみたいにはしゃいでんじゃねぇぞ、雌ライオン」と貶す千空に、はしゃいでなどいないと顔を赤くするコハク。

そんな二人の様子を携帯電話で聞いていた地上探索チームのクロムが、コハクの視力頼みだから、気球に乗るのを諦めたとぼやいた。

 

千空達は、携帯電話で地上チームと連携して、地道に地形を測りながら、新世界のワールドマップを作ろうとしていた。

 

その時、視力11.0のコハクが何かを見つけた。

食糧かと期待した龍水だったが、建築材に使える杉林だった。

それをゲームのマップを作るノリで、地図にお宝ポイントを入れていった。

 

そこへ龍水が野生の動物の群れを発見し、羽京が優れた聴力ではぐれた一匹のヤギを見つけると、命に感謝しながら弓矢で捕まえ、マップに記録した。

 

その要領で次々とマップに書き加え、石神村の村民達に見せるとその出来栄えに感動した。

龍水は念願の肉を頬張りながら、空の情報量の自慢をするが、肉を大事そうに抱え、科学のお陰で誰も飢えずにすむ、と涙を流す老女を見て黙る。

 

翌朝、龍水は気球の中で、人類の生き残りである石神村の村民が増えなかった理由は、食糧問題ではないのかとコハクに聞いた。

コハクは静かに語り出した。

コハクが生まれる前は今より大きな村だったが、不漁の年にターコイズの家族たちを含め、大勢が亡くなったと。

千空は、狩猟はどこかで限界がくる為、農耕するしかない。それこそが増えたい植物様の陰謀だと言った。

龍水はそんな千空の話を聞いて、自分はただ美女たちの涙を見たくないと言い、この空からタネを見つけ出し、農耕を始めると宣言した。

そんな龍水を見直すコハクだったが、農耕を始めれば食糧市場の爆誕で龍水の金が火を吹くからなと指摘する千空に、気付いていたかと笑う龍水の様子を見て困惑するのだった。

龍水は善人か、悪人かと聞くコハクに、「単純に何一つ諦めたかねえんだろよ。自分のことも、人のこともな」と千空。

 

地上のクロムの携帯が鳴り響いた。

沿岸部に何かが生えてると聞き、急いで向かうクロムと羽京。

 

千空が龍水に言った。

「龍水テメーが吠ぇねえでもどうせ要るんだよ。地球の裏まで、船に積める、軽くて長持ちの飯。アホほど量作んなきゃなんねえからな!」

コハクが指を指して叫んだ。

「そこに生えているぞ、黄色い猫じゃらしが!!」

驚愕する龍水に、更に千空は続けた。

「ヤギの群れがいるほど肥えた一帯だぞ。空から探しまくりゃ、自生してんのがソッコー見つかるわ。潮風にも負けねえ、ムギのド根性をなめんな」と。

 

龍水の目に映ったのは、一面を覆い尽くす小麦だった。

「小麦!パン作りか!!」叫ぶ龍水。

羽京は小麦畑を指差し言った。

「ここから先は食糧を育てて、創り出すんだ。人類の手で・・・!!!」

 

いざ、食糧革命!!!

感想

龍水の、どんな状況に置かれても自分の欲望を諦めない精神には本当に頭が下がります。

地道に調べて、少しずつマップが出来上がっていく過程や、最後に小麦を見つけた瞬間はワクワクしました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.