漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ドクターストーン99話のネタバレと感想!機帆船いよいよ完成か!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月25日発売の2019年第17号、週刊少年ジャンプ連載の「ドクターストーン」99話のネタバレと感想をまとめました。

前回話のネタバレは下記の記事にまとめているので、まだでしたらまずはこちらからどうぞ。

 

ドクターストーン99話のネタバレとあらすじ

愛すべき日々よ。

 

カメラの後ろに立つ南。

「原始時代に地球の裏まで大冒険!!その船の完成までの一部始終を、千空が作ってくれたカメラで、記者の私が記録します!」

 

南がシャッターを切った。

 

【科学王国写真日記!!】

 

【模型船の前に立つ龍水とカセキの写真】

 

「オホー!カッコイイじゃないの!!」

興奮するカセキ。

「すさまじい細かさだな・・・!」

感心するコハク。

 

「貨物ハッチはもちろん!!マストの真下に移したぞ」

龍水の言葉に納得する千空と羽京。

マストの帆桁に滑車等をひっかけて貨物の昇降ができると楽な為だった。

 

「さっすが帆船王、龍水ちゃん。現場の意見だね~♫」

感心するゲン。

「その結果、空いたスペースにはもちろん!!船上カジノを設置」と提案する龍水だったが、「それはいらねえ!」と即座に却下された。

 

龍水の模型船をいったん分解し、パーツごとに拡大コピーをすると言う千空。

 

【パンタグラフを使うスイカと不思議そうに覗きこむクロムの写真】

 

「不思議なんだよ、この道具!絵をなぞると、向こうの先っぽですっごい大きくなって描けちゃうんだよ・・・!!」

驚くスイカ。

 

実物の船に使えるように、48倍のパンタグラフ拡大器を使うのだった。

 

【大樹が巨大なパンタグラフを使い、巨大な自分の似顔絵を描く写真】

 

「でか!!!」

50kgのペンで描かれた絵を見て、大きさに感激するクロム。

原寸大まで拡大した設計図を使い、船のパーツごとに調整してく、昔ながらの造船法だった。

 

船完成のロードマップを見て、半分以上のマスをクリアしてると喜ぶクロム。

あとは何がいるのか聞くコハク。

 

ロードマップは、千空が『拡大器』、龍水が『模型』を作るところがスタートになっていた。

そこから『船体』。

その『船体』に使用する、『麻布』を使った『マスト』。

『蛍光塗料』を使った『画面』、そこから『GPS』。

『画面』と『電波』を合わせた『レーダー+ソナー』。

『高炉』と『転炉』を使い『鋼鉄』を作り、その『鋼鉄』と『旋盤』、『石油』を使って『巨大エンジン』

そして、『船体』『GPS』『レーダー+ソナー』『巨大エンジン』を合わせれば『機帆船』の完成だった。

 

「時間がいる」

千空の言葉に驚愕するクロムとコハク。

船体も巨大な鋼鉄エンジンも、地道なデスロードだと説明する千空。

何か月かかるのかと肩を落とす銀狼の横で、皆でウィンタースポーツにでも興じながら気長にやると笑う龍水。

 

「大作の記録になりそう・・・!!」

南はカメラを手に、気合いを入れた。

 

【スノボを楽しむ龍水の写真】

 

「仕事も遊びも全てを手に入れる!!」

何事にも全力の龍水。

「やーこれは、楽しすぎるぞ!」

はしゃぐコハク。

コハクは運動神経が良過ぎる為、速すぎてオバケみたいに伸びた光となって写真に写っていた。

 

カーボンがあるのでスキーやスノボを作り放題だと言う千空に、「$(ドラゴ)ガッポリ」とほくそ笑むゲン。

 

【ルリからのチョコを頬張るクロムと、大量のチョコを運ぶ龍水の写真】

 

バレンタインのチョコを作る千空。

放電で作ったオゾンに、月桂樹を入れて、力ずくでバニラエッセンスを採る。

少しカカオの香りがする赤エンドウの粉末に、ナッツの渋みを加えて、バニラエッセンスを垂らせば、代用チョコの完成だった。

 

”おぞん・・・?力ずく・・・?チョコってそんな材料だっけ??”

動揺する杠。

「やべぇえ!うめぇえええ!!」

興奮するクロム。

 

南の撮った写真を見て、「遊んでる写真ばっかじゃねぇか!」と言うクロムに、南は、記者的には日常も撮りたいと言った。

そして、ふと物憂げな表情を浮かべて呟いた。

「・・・だってそれに、もしかしたらこの一年が最後の・・・」

「?」

不思議そうに南を見つめるクロム達の隣で、フランソワは優しく南を見つめていた。

「ううん、ごめん。いいごめん、なんでもない!ともかく撮っとくから、私。全部全部・・・!!」

慌ててごまかす南。

 

「みんなの書き込みも歓迎だよ~。王国のアルバムだもん」

南は写真を撮りながら言った。

 

【科学学園と書かれた看板のある青空教室で、先生になった羽京と生徒のスイカ達の写真】

 

そこには『祝入学』の可愛い文字と♡や花のイラストが。

「この可愛い字は未来ちゃん?」と聞く杠に、「アタシだね」と答えたのはリッキーだった。

 

【巨大な高炉の前に立つ千空と、転炉で作業をするカセキの写真】

 

そこには鋼鉄の作り方が書き込まれていた。

「そういうことじゃなくない、プリクラの書き込みって!?」

ツッコむゲン。

 

「ムズカシーけど、ともかくこうすればレベル1のザコ鉄が、超~丈夫な鋼鉄っちゅうのに変身しちゃうわけね!?」

感心するカセキ。

 

【旋盤の写真】

【旋盤の前で考え込む千空の写真】

【真剣な千空とその隣で見守る大樹の写真】

 

旋盤のレベルもあげたいと考えた千空。

旋盤で何を作るのか聞くカセキに、旋盤を使ってレベル2の旋盤を作り、レベル2の旋盤を使ってレベル3の旋盤を作ると答えた。

 

【クワゴを手にする陽とスイカ達の写真】

 

クワガタに似たクワゴは蚕の原種で、海に出て水中作業をするのに水着が欲しいと言う龍水の為に捕獲していた。

 

【水着でスイカ割りを楽しむクロム達の写真】

 

「やーこれ、泳ぐのにも捗るというものだ・・・!!」

海には、あまりに速く泳ぐコハクが、またオバケのように写っていた。

 

クワゴの糸で作った水着を着て、シルクの触り心地に感動するルリ。

 

その頃、千空、カセキ、龍水は黙々と作業を続けていた。

 

たくさんの写真が張り出された壁。

 

巨大な機帆船を見上げる千空達。

「ククク。完成まで一年か。意外と早かったな」

 

ホワイマンが攻めてこなかった事をホッとする羽京。

こっちが動き出すのを待ってるのではないかというクロム。

「フゥンなら、俺たちから探しに出向いてやろう。この機帆船で、世界にな・・・!!」

龍水は指を鳴らした。

 

「・・・だよね。もう行っちゃうんだよね。行く人は」

南が呟いた。

 

南は、「船とみんなで全員集合写真!」とみんなを呼び集めた。

「どんだけ写真撮りまくってんだ、記者テメーは」と言う千空。

 

「だって!!これでお別れなんだよ。残る組と船出組で!」

想いが溢れだし、思わず泣きながら叫ぶ南。

「この一年が、みんなで過ごせる最後の時間だったから。もう二度と会えないかもなんだから。せめて写真でって・・・」

 

「!」

ゲンは思った。

”そっか復活者の選定係してたんだから、南ちゃんだけはもともと全員と顔見知りだったのね・・・”

 

「・・・何ほざいてやがる。最後じゃねえよ。100億%石化の謎突き止めて、100億%地球の裏から戻ってくんだからな」

千空は静かに言った。

南は、涙を流しながら微笑んだ。

 

「ともかく!みんなで一枚だけでも撮らせてよ。あはは、シャッター切る私は、一人だけ写れないんだけど・・・」

カメラの前に立つ南。

 

「そのような流れもあろうかと!」

と、手袋を着用しながら何かの装置を出すフランソワ。

なんと、カメラのタイマー作成をカセキに依頼していたのだった。

 

ししおどしでシャッターを押すしくみのタイマーに、原始的だとツッコむ千空だったが、使えればいいと言いながら、場所を取り合うクロム達。

 

「はい撮ります。笑ってー!!!」

涙を浮かべながら、笑顔で叫ぶ南。

 

『カシャァ・・・!!』

 

【巨大な機帆船を前に全員集合した写真】

 

【西暦5741年9月10日】

 

【『機帆船ペルセウス』竣工】

 

科学の船、ついに立つ!!!

 

感想

ついについに巨大な機帆船が完成しました。

やり遂げた千空達は本当に凄いです。

南の想いをくんで、タイマーを依頼していたフランソワもさすがだと思いました。

これから千空達にどんな冒険が待っているのか。ホワイマンの正体は誰なのか。

この先も目が離せません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.