漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【英依くんの優しいキョリ感】ネタバレ。古里こうさん

WRITER
 
英依くんの優しいキョリ感

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

別冊フレンド2019年1月号 『英依くんの優しいキョリ感』のネタバレです。

ネタバレ

図書委員になって1ヶ月の陽葵。

先生に新しい本にカバーフィルムを貼って欲しいと頼まれる。

まだ図書委員の仕事に慣れていない陽葵は、
「えー先生この前もしましたよ、これ!(泣)」
と嘆く。

 

そこへやってきた一緒の日に担当の英依がフォローする。
「手先が器用だったからまた頼んでいるんじゃないですかね」
陽葵の手伝いをしながら僕よりきれいと褒めてくれる英依のおかげで、陽葵のモチベーショ
ンは保たれている。

 

放課後、図書館に訪れる生徒は少なく暇を持て余す陽葵。
英依は、
「すぐ順番が変わっちゃいますからね」
と、本の整理をしていた。

 

それを手伝い始める陽葵は、
「英依くんて優しいよねー
仕事大変なのにいつもしてるから」
と言うと英依は、
「本が好きなんで楽しいですよ
それに、陽葵さんだって手伝ってくれて優しいじゃないですか
僕一人じゃ終わらなかったと思うので声かけてもらってうれしかったですよ本当に助かってますありがとうございます」

自分が言った言葉より何倍も褒めてくれる英依に陽葵は照れる。

 

英依は、図書館に本の返却に来た生徒に呼ばれその場を去る。

 

残った陽葵はハッと気がついた。
“もしかして私のこと好きだとか!?” しかし、本の返却に来た生徒に自分の本を貸すと約束している英依を見た陽葵は、 “なんだ勘違いか英依くんはみんなに優しいじゃん”

そう思いながら本棚の1番上に手を伸ばす。

 

届かず背伸びをしていると、 「ここは大丈夫ですよ 高い所は僕やりますんで」 また優しくしてくる英依に冗談まじりに言う。

 

「そんなに優しくされちゃうと 好かれてるんじゃないかって 勘違いさせちゃうからやめたほうがいいぞー」 そう陽葵が言うと英依の顔がみるみる赤くなる。

 

それを見た陽葵も頬を染め、こう思う。 “勘違いじゃない……?”

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2018 All Rights Reserved.