漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ザ・ファブル216話のネタバレと感想!社長の前に現れたのは!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

5月27日発刊の2019年26号ヤングマガジンに連載中の「ザ・ファブル」216話のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からどうぞ!

 

 

それでは216話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと今すぐザ・ファブルが連載中の週刊ヤングマガジン26号を無料で読むことができます!

 

→(U-NEXT公式サイト)

 

ザ・ファブル216話のネタバレとあらすじ

 

無敵の殺し屋ファブルは、組織のボスの命令で一年間休業。

一般人(ふつう)の暮らしを学ぶため、相棒のヨウコと大阪に転居した。

そんな折、ファブルを標的に、”殺しの遊戯”を再開した山岡が、砂川と水野を射殺。

その遺体を積んだ車からGPSを発見したヨウコらが、山岡を仕留めるため、敢えて罠に乗る策を選ぶのであった。

一方、ぶらり出かけた社長の後を追ったアザミは・・・!?

 

”闇の緞帳”を切り裂いて、”怪人劇場”がご開帳とくりゃあ!!!

 

マツ・クロ・スズが穴を掘り、ヨウコ&ユーカリが見張り番・・・。

秘密のお山の墓場にて、息を殺して時を待つ!!!

 

「この斜面にしよう」

掘る場所を決め、スコップでつつきながら土の具合を確かめるマツ。

「斜面に掘るの?」

クロの疑問に、マツが振り向きながら答えた。

「今日は二体もあるしね。地面より斜面を掘るほうが断然楽よ」

クロも「確かに・・・」と納得した。

 

スズムシが、自分のツレの埋まってる所は、先に線香をあげたいと言った。

「あー、そうやったな!」

マツは、スズムシに埋めた場所の目印を教えた。

「15メートル先に、木が二本並んでる。その根元に大きめの石を置いてる所が・・・」

 

その頃、車内ではヨウコとユーカリが外の様子を見張っていた。

ヨウコが手にする銃を見て、ユーカリが少し考えて言った。

 

「山岡に、もし銃を向けるなら躊躇うな。脚を狙うとか、中途半端じゃダメだ」

突然のユーカリの忠告に、振り向くヨウコ。

「おまえにはやらしたくねえが、もしそうゆう場面になったら、心臓か頭を撃てーッ!!」

 

頭は撃たないんじゃなかったのかと聞くヨウコに、ユーカリは、それは山岡個人の拘りで、自分だって必要なら頭を撃つと言った。

 

ユーカリは続けた。

「銃に対して、山岡は敏感だ。抜いたら、当然、山岡は撃ち返してくる」

そしてヨウコの目を見て言った。

「ふだんは山岡のユーモアに忘れがちだが、根は残酷で凶暴だ!!」

ユーカリの話を黙って聞くヨウコ。

 

その頃、電池を買いに外に出た社長の前からは、フードをすっぽり被った怪しげな男が歩いてきていた。

 

「さぶぅ~」

北風の吹く中、寒さに身を縮めながら歩いていた社長は、その男とすれ違う瞬間にふと気付いた。

 

一方、社長を探し回っていたアザミは、ようやく社長の姿を見つけた。

だが、社長の前から怪しい男が歩いてきているのを見て、服をめくりあげ、腹に隠しておいた銃を引き抜こうとした。

 

「あ~、田高田さん、どこ行くの?飲みかい?」

社長に、親しげに話しかける男。

「いや、ちょっとコンビニまで。リモコンの電池が切れてしもうて~。この寒いのに~・・・」

 

社長と男の様子を、少し離れた所から見守るアザミ。

「じゃあ、おやすみ~」

社長と男は何事もなく別れた。

 

一方、マツから目印を聞いたスズムシは、一人でその場所へ向かい、線香をあげていた。

スズムシは、しゃがんで手を合わせながら、たむけの言葉を呟いた。

「ゴメンな・・・、俺のせいやな・・・。これからは俺も少しは・・・」

その時、葉の擦れる音に気付いて振り向いたスズムシ。

 

その頃、車内で見張りを続けるヨウコとユーカリだったが、異変は見当たらず、ヨウコはため息をつきながら窓から身を離した。

その時、少しだけ開いていたカーテンの隙間から、ガラス越しに車内を覗きこむ男の姿がヨウコの目に入った。

 

帽子を被り、目を見開いて中を覗いているのは山岡だった。

 

ヨウコはユーカリに無言で合図を送ると、ユーカリもそれに気付いた。

「動くな」

ユーカリは銃を構えたヨウコを制しながら小声で言った。

「この暗さじゃ、スモークガラスで外からは見えない。じっとしてろ」

ヨウコは黙って山岡の様子を見た。

2人に気付かず、覗きこむ山岡。

ヨウコは山岡に銃口を向けた。

「まだだ。焦るな」

ユーカリはヨウコの肩に手をやった。

 

ヨウコの銃口は真っ直ぐ山岡に向いていたが、ユーカリは、その角度ではガラスで真っ直ぐ当たらないと指摘した。

「わかってるわよ」

ヨウコはそう答えると、引き金にかかる指に力を込めた。

 

その時、山岡が不意に窓から顔を離し、横を向いた。

戸惑うヨウコ。

 

「・・・」

車の外では、戻ってきたスズムシが山岡と鉢合わせしていた。

「よォ~~~~~」

薄笑いを浮かべる山岡に、動揺するスズムシ。

「あっ・・・。あっ・・・」

スズムシは緊張でお腹を下した。

 

様子を窺おうと振り向くヨウコ。

「動くなッ!気付かれる」

ユーカリが言った。

 

その時、思わず漏らしてしまったスズムシ。

それを見て、山岡が言った。

「テメェ~~~~~、漏らしやがったなあ~~~~~。だが大丈夫。死ねば気にならない」

足元の石を鳴らしながら、詰め寄る山岡。

 

先にあの世へ旅立った、仲間(ツレ)の後を追わせるように、糞を漏らした虫ケラに、怪人さんがジャリっと詰め寄るよ!!!

 

ザ・ファブルをU-NEXTで無料で読む方法!

216話のネタバレはいかがでしたか?

文字だけでは表情など細かい描写はお伝えできないので、やっぱり漫画で見たい!読みたい!!という場合は「U-NEXT」を使ってみてくださいね!

やっぱり漫画で読むと面白さ倍増ですよ!

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、今すぐ無料でザ・ファブル216話が掲載されているヤングマガジン26号が読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

 

→(U-NEXT公式サイト)

 

感想

社長に向かって来たのが、ただの知り合いと分かりホッとしたのもつかの間、スズムシが山岡と対峙してしまいました。

車内で息をひそめるヨウコとユーカリ、姿の見えないマツとクロ。

この後の展開が気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.