漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ザ・ファブル221話のネタバレと感想!ユーカリの救助のため…!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

7月1日発刊の2019年31号ヤングマガジンに連載中の「ザ・ファブル」221話のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からどうぞ!

 

 

それでは221話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと今すぐザ・ファブルが連載中の週刊ヤングマガジン31号を無料で読むことができます!

 

→(U-NEXT公式サイト)

 

今までのあらすじ

無敵の殺し屋ファブルは、組織のボスの命令で一年間休業。

一般人の暮らしを学ぶため、相棒のヨウコと大阪に転居した。

そんな折、ファブルらを標的に”殺しの遊戯”に興じる山岡が、砂川・水野・スズムシを射殺。

さらにクロに向け発砲するも、ユーカリの介入により一命を取り留めるのだった。

一方、事態を知ったファブルは、ボスと連絡を取るべく・・・。

 

ザ・ファブル221話のネタバレとあらすじ

 

怪人・山岡を討つために、ボスと話すと決めた兄さんです!!!

 

組織と殺し屋を繋ぐ味気ない道具(ツール)・・・。

ボスの支給品。

 

夜のお山から帰還したヨウコ&マツを憮然として待ち受ける海老原の御大が、ずしり男の台詞を吐くのですッ!!!

 

倉庫に戻り、車を停めたヨウコ。

「結局、また倉庫(ここ)に戻ってきたな」

マツの言葉に、ヨウコは海老原がこの車を処分すると言った。

「遺体も運んだし、クロちゃんの血痕もついてるしね」と呟きながら、ドアを開けるマツ。

ヨウコも、マツを見つめながらドアを開けた。

 

倉庫のドアを開けたマツと、その後ろをついていくヨウコ。

中を見渡すと、ドアの方に顔を向けることもなく、無言のままソファーにどっかり座った海老原の姿があった。

 

マツとヨウコは海老原の目の前まで移動した。

マツが向かいのソファーに座りながら、朝一でレンタカーを借りて京都に行くことを告げた。

海老原は無言でマツを見ると、しばらくして言った。

「車はこっちで用意してやる。あと高橋をつけるから連れて行け」

車だけでいいと言うマツに、海老原は勘違いするなと言った。

高橋をつけるのは監視であって、仕事を手伝わせるためじゃない、と。

 

海老原は、クロも撃たれた上に、マツにまで飛ばれたら面目もクソもないと言った。

「おまえは二郎を捜し、高橋はおまえを監視する!!」

マツは、今回クロが撃たれて考えたと言った。

「二郎も殺し屋よ!現場の状況によっちゃ、高橋も無事じゃ済まないかもよ~」

海老原は、高橋も組員なんだから危険がどうこうは問題じゃないと言った。

「組の看板で飯食ってる以上、命を晒す事もある。そうゆう稼業なんや!」

黙って聞くマツ。

「親殺られてんやぞ~。面目が第一なんや」

 

「じゃあアタシが京都についていくよ」

驚いて、ヨウコの方を振り向く海老原とマツ。

「山岡は男達に任せた。せめて二郎は手伝わせてよ~」

二郎に組の面目がかかっているなら、高橋より自分の方が使えると言うヨウコ。

海老原はため息をつき、マツは黙っていた。

「おまえがそういうなら佐藤におまえの口から筋通しとけ」

「え・・・」

 

その頃、社長の家では。

 

2階の部屋でいびきをかきながら寝ている社長。

1階では、リビングから和室に移動した明とアザミ、ミサキの3人がテーブルを囲んで座っていた。

 

明はテーブルに携帯を出すと、アザミにも出すように言った。

アザミは携帯を出しながら、ボスに連絡してどう説明するのか聞いた。

明は説明なんていらないと言うと、「ボスはちゃんと全部知ってる」と続けた。

黙っているアザミ。

 

「あっ・・・アタシ・・・、あっち行ってよか・・・?」

気を使うミサキに、明は、ミサキにはなるべく隠さないと言った。

「俺達は、こうゆう世界にいる。よく見てて」

ミサキは黙って明を見つめた。

 

明がいきなり携帯に向けて話しかけた。

「ボス、あんたが何を考えているかわからないが、知ってると思うが、山岡のせいで死人が出てる。ユーカリが今、山岡と一緒にいて危険だ。かといってユーカリは山岡に手を出せない。出したくないと言ったほうがいいか・・・」

 

その様子を見て、アザミが「オイ・・・携帯に盗聴機能があるとでも?」と明に聞いた。

明は「しー」と中指を立てると、再び携帯に向かって話し出した。

 

「今なら山岡がいるホテルがわかる。今から俺が行って、ユーカリを強引に連れ戻してくる」

そして、一般の客もいるだろうから、事件になるかも知れないが仕方ないと続けた。

「山岡の拘束は後だ・・・。ユーカリの救助を優先する」

 

何の変化もない2つの携帯を、黙って見つめる3人。

 

アザミは、盗聴器が仕込まれている確証がないなら、普通に直電したほうが早いと提案した。

確証はないが、心当たりがある明はハッキリさせたかった。

「特に太平市(こっち)に来てから、それがよくわかる。ボスは俺の行動をしっかり把握していた」

黙っているアザミ。

 

明は、「ボスには伝えた。行動に移す」と言って立ち上がると、アザミに、「ミサキちゃんを頼む」と言った。

「ちょっと佐藤くんッ!!」

慌てるミサキ。

 

その時、明の携帯に電話がかかってきて、注目する3人。

「非通知設定」と表示された携帯。

アザミがその携帯を手に取り、明に手渡した。

携帯を耳に当てた明を、ジッと見つめるミサキとアザミ。

 

『俺は、アザミに山岡を拘束するよう言った覚えはないが・・・。殺れと言ったんだが・・・』

 

明を見上げるアザミ。

そんなアザミを見ながら、「アザミから聞いてる」と答える明。

 

『あ~、アザミが山岡を殺りたくないなら仕方ない。アキラ、おまえが山岡を殺れ』

 

電話で話す明の様子を、黙って見つめるアザミ。

 

”寓話の中の寓話の男”が、唯一にして絶対の”暗殺指令”を告げる夜・・・。

 

ザ・ファブルをU-NEXTで無料で読む方法!

221話のネタバレはいかがでしたか?

文字だけでは表情など細かい描写はお伝えできないので、やっぱり漫画で見たい!読みたい!!という場合は「U-NEXT」を使ってみてくださいね!

やっぱり漫画で読むと面白さ倍増ですよ!
「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、今すぐ無料でザ・ファブル221話が掲載されているヤングマガジン31号が読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

 

→(U-NEXT公式サイト)

 

感想

携帯に仕掛けられた盗聴器に向けて話しかけるという、明の行動には驚きましたが、とうとうボスから山岡の暗殺命令が下されました。

ファブルが山岡をどう暗殺するのか、気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.