漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【深沢さん、ありがとう 1話】のネタバレ。少年マガジンエッジ新連載!

WRITER
 
深澤さん、ありがとう1

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

12月17日発刊 2019年1月号の少年マガジンエッジ 新連載 『深沢さん、ありがとう1話』のネタバレです。

ネタバレ

不動産会社勤務

沖平大作(28)

今日はお客様を連れアパートへ内見に行く。

目的の場所に着き、運転席から振り返る。

 

後部座席に座るお客様は、大きなTシャツを1枚だけ着たショートヘアの女の子、深沢さん。

 

今にもパンツが見えそうでドキッとするがすぐに我に返り、アパートへ向かう。

階段を登りながら
スーパーやコンビニが近いことや
中心街からは離れるが静かで暮らしやすいことなど

周辺の説明する。

 

しかし、深沢は
「・・・
はぁ」
と、随分反応が薄い。

冷やかしか?と不安に思うが、絶対に契約を取ると気合い十分な沖平。

部屋に入りリフォーム済みの室内に 2口のコンロが備え付き とアピールするも また反応は薄い。

あまり自炊はしないのか?と次はベランダに連れていく。

ベランダは広く洗濯物も干し放題。

女性は洗濯物も多いでしょうから、と話している途中 ビュオーーーーっと風が吹いた。

ベランダで外を眺めている深沢は今にもTシャツがめくれそうだ。

まじまじと見つめていると、くるっとこちらに振り返る。

 

「あのー・・・」

慌てて違う方向を見る沖平。

深沢「兄の・・・ お下がりが2~3着と・・・ 下着しか持ってないのは・・・ 少ない・・・ですか・・・?」

“少ねええええええええ! ってか何で兄のお下がりしか持ってないの
この子は?!”

と、心では突っ込むが
「いやぁー全・・・っ然
そんな事ありませんよ!」
とフォローした。

 

次はお風呂に向かい、トイレ別なのが売りだと言う。

しかし、お世辞にも広いとは言えない浴槽に困惑する沖平。

深沢は浴槽に入りたい、と言う。
「こうやって
ヒザを折って入れば
特に・・・問題・・・ないです・・・」

そう言って体育座りする深沢のTシャツはギリギリで今にもパンツが見えそうだ。

頬を赤くし視線をそらす沖平。

沖平「どうですか・・・
こう見えて割と人気の物件なので
早めに決めないと
すぐに埋まってしまうかもなんですが・・・」

そう言うと、最後に1箇所だけ見たい所があると言う。

 

向かったのは押し入れだ。
深沢は襖を開け、押し入れの上段へ登った。

沖平「そこまで念入りに調べなくても
お札なんて貼ってません―・・・」 困った表情を浮かべる沖平だが深沢は押し入れで横になる。

深沢「少し・・・
試して
おきたくて・・・」

 

“た・・・試すって・・・まさか・・・ オレの自制心を!!?” 落ち着け・・・我慢しろ・・・と興奮する沖平。 深沢はガラッと襖を開け顔を出し言った。

「決めました
寝心地とか・・・
広さ・・・とか
丁度良くて・・・
夢だったので・・・
押し入れで寝るの・・・」

沖平「試す・・・って
そーゆー」
と、ガッカリな様子。

しかし契約GETの沖平は横になっている深沢の隣りから

「これは実に

寝心地が良さそうで―・・・」 と上機嫌に押し入れを覗き込む。

 

深沢「今日は・・・その・・・
色々と丁寧に
教えて・・・くれて・・・
ども・・・
ありがと・・・ござい・・・ました・・・」

仰向けの深沢は自然と上目遣いになり、沖平の心は浄化される。

 

沖平「とりあえず・・・

オーナーに家賃の値下げ 交渉してみます ・・・ね」
(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2018 All Rights Reserved.