漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ギャルと恐竜 14話のネタバレ!熱を出した楓を元気づけるために恐竜は!?

WRITER
 
ギャルと恐竜14

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月28日発刊のヤングマガジン2019年9号に連載中の『ギャルと恐竜 第14話 ~しんぱいだな~』のネタバレです。

前回の内容は下記からご覧ください。

 

ネタバレ

《37.8°C》
風邪をひいてしまった楓。

恐竜と遊びに出掛ける予定だったが、外に出る元気がない。

「ごめん恐竜

やっぱ今日は1人で遊んできて」

ゲホゲホ咳をしている楓を心配しながら、家を出た恐竜。

 

とぼとぼと子どもたちが遊ぶ公園に向かい、馬の乗り物で遊ぶが頭の中は楓のことでいっぱいだ。

 

ボーッと揺れる馬を見ていると、どこからか音楽が聞こえてきた。

 

流れる音楽の方へ行ってみると、日本一周をしながら曲を作っているというシンガーソングライターのナオタローがいる。

ギターを持っている彼の周りには人だかりが出来ていて、歌を終えたナオタローは、自己紹介と夢を語った。

「んーと僕は正直
音楽で世界を救うことはできないと思います でも音楽で救えるような世界に音楽は必要ない――
そうも思います――」

それっぽいこと言ってんなぁ、とナオタローの話を聞くおじさんと、恐竜。

 

「んと だから僕は―― 僕の力で目の前の1人を元気にできたらいいなってそう思ってます」

売れなさそー、と腕を組むおじさんの横で何やらひらめいた様子の恐竜。

 

――風邪が良くならずベッドで横になっている楓の元へ帰ってきた恐竜。

遅かったじゃん、と起き上がると恐竜の後ろにはギターを担いだ男性。

「誰!?」
恐縮そうに自己紹介するナオタローに事情を聞く。

 

「あの恐竜があなたのこと元気づけてほしいって・・・ 多分そういうことかと・・・」

2人で恐竜を見ると、せっせと踏み台を運びステージを作っている。

 

せっかくなので、1曲お願いすることにした楓。

~♪ 「ア”――ッ

闇を切り開いたーッ」
ジャンジャン

 

~♪ 荒々しくギターを弾くナオタローに、うるさっ、とドン引きの楓だが 恐竜はスックと立ち上がるとナオタローの歌に合わせて踊り出す。

 

“恐竜が――
私のために全力で間違えてて
なんかそれが
ちょーウケるし けっこー泣きそう”

 

――1ヶ月後 有名歌番組にナオタローの姿が。

「サインもらえばよかった!!」 (つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.