漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ギャルと恐竜 第16話のネタバレと感想!恐竜ってしゃっくりするの?

WRITER
 
gal16

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月9日発刊のヤングマガジン2019年11号に連載中の『ギャルと恐竜 第16話 ~しゃっくり~』のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧いただけます。

前回までのあらすじ

酔っ払って恐竜を家に連れ込んだ楓。 わりと昔に絶滅したはずの恐竜と違和感なく過ごすギャルの物語り。

どこかへ出掛けるため、鏡の前でマフラーをを巻く恐竜。

楓の友達、山田が家に遊びに来て一緒に鍋をすること聞き、一瞬固まるも思いとどまり外へ
出掛けて行く恐竜。

実は楓の元カレ、翔太に呼び出されていた。
翔太は今も楓に想いを寄せていて、恐竜に様子を聞こうとしていた。

楓が家に男を連れ込んでいないか聞くと、勘違いした恐竜は宅配のお兄さんや前々回に登場
した

シンガーソングライターのナオタローを思い浮かべて、両手を大きく広げた。

そんなに!?と驚く翔太だが、その想いは強いのか腹を決め、一か八か楓の家に行くことに
した。

一方、楓は山田と鍋を囲んでいた。

楓が翔太と別れてから誰とも付き合っていないことから、まだ好きなのかと山田に聞かれる
が、ふつーだと、話をそらす楓。

そこへ、恐竜と翔太が現れる。
翔太は玄関に入るなり、寄りを戻したいと想いを伝えた。
しかし、楓は大爆笑。
なぜなら山田と丁度、翔太の話をしていたからだ。
山田の存在に気が付いていなかった翔太はひょっこり顔を出した山田に赤面。
みんなで鍋をしようという話になり、箸を取りに行った楓に告白の返事をせがむ翔太。

言葉にはしなかったものの、付き合っていた頃のプリクラを取り出し、コルクボードに貼っ
た楓。

無事に、2人の寄りは戻ったようです。

 

ネタバレ

「今日のバイト22時上がりだから 先にご飯食べてていいからね」

スマホをいじりながら恐竜に言う楓。

恐竜「ヒッ」 楓「ん?」

ベッドに座っていた楓は立ち上がり恐竜の前に立つ。

恐竜「ヒッ」
楓「え それ しゃっくり? 恐竜もしゃっくりするんだー」 「ヒッ」

楓は笑いながらスマホで動画を撮り始める。
しかし、初めてのしゃっくりに不安だったのかカメラ越しの恐竜は泣いていた。

「ごめん ごめん
大丈夫だって! しゃっくりなんか気づいたら いつの間にか止まってるもんだから」
楓は一生懸命フォローするが、恐竜のしゃっくりは続いた。

「・・・・・・ びっくりしたら止まるっていうけど驚かせようか?」

うなずく恐竜。

「よし いくよ
・・・

 

――って 驚かせるって先に言ったら意味ないじゃんね」

そう言って、恐竜のグラスを持ち水を入れに向かう楓。

「ヒッ」

楓はそーっと恐竜の背後から近づく。

「わっ」

・・・シーン

「ヒッ」

止まらない。
次は水の入ったグラスを恐竜に渡す。

「コップの反対側から飲むと止まるらしいよ」

一生懸命、ゴクンゴクンと反対側から飲みグラスを置く恐竜。

「よし・・・ これで大丈夫・・・」

・・・シーン

恐竜「・・・」 楓「・・・お?」 恐竜「! ヒッ」

「・・・・・・ バイト行ってきまーす」

 

 

 

――

楓のバイト先のコンビニ。

「おっ!
しゃっくり止まってんじゃん」

 

しゃっくりが止まったことを報告しにやってきた恐竜。

 

「――って それ伝えるために来たの? わざわざ?」

呆れ顔の楓、嬉しそうにうなずく恐竜。

 

「まぁ良かったよ
言った通りだったでしょ?
いつの間にか止まるんだって!」

 

レジで楓と話している恐竜に気づいたバイト先の先輩。

 

「! 恐竜くん元気っ?」

 

大きな声で話しかけてきた先輩にビクッと驚く恐竜。

「・・・ヒッ」

 

しゃっくり再び・・・。 秒で戻るザウルス (つづく)

 

感想

恐竜のしゃっくりかわいい~!

不安になって泣いちゃう恐竜かわいい~!

驚かすとしゃっくりが止まるというのは知っていましたが、グラスの反対側から水を飲むというのは初耳でした。

楓のバイト先まで報告しに行った恐竜。
よっぽど嬉しかったんですね~。
再開してしまったしゃっくり止まるといいな。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.