漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ギャルと恐竜 第17話のネタバレと感想!初めてのお金を手に入れた恐竜は何を買う!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月25日発刊ヤングマガジン2019年13号に連載中の『ギャルと恐竜 第17話 ~お金だね~』のネタバレと感想です。

 

前回の内容は下記にまとめています。

 

前回までのあらすじ

酔っ払って恐竜を家に連れ込んだ楓。

わりと昔に絶滅したはずの恐竜と違和感なく過ごすギャルの物語り。

前回、初めてしゃっくりを経験した恐竜。

 

その様子が可愛くて面白かった楓はスマホで撮影するが、初めてのしゃっくりに不安で泣いてしまった恐竜。

そんな恐竜に、驚かせたり、コップの反対側から水を飲ませたりと色々試させてみるも止まらず。

楓はバイトの時間になり、恐竜を残しバイトに向かった。

しばらくすると、楓のバイト先であるコンビニに現れた恐竜。

もうしゃっくりは出ていなかった。

 

そのことが嬉しくて楓に報告しに来た恐竜。

楓と恐竜が話していると、後ろから急に先輩に声をかけられ再びしゃっくりが出てしまう恐竜であった。

 

 

ネタバレ

ベランダで洗濯した下着を干す楓。

「・・・・・・」 外に何かを見つける楓だが、見て見ぬフリをして、洗濯を続ける。

「ふぅ」 洗濯物を干し終え、部屋に一旦戻るがやはり外が気になる様子。

 

そこには、ほうきで掃除をする恐竜の姿があった。

シャッシャッシャッシャッ
ふぅ~

掃除を終えた様子の恐竜。

 

「おわった?」

そこへおばちゃんが現れる。

 

ニコッと笑う恐竜。周りはピカピカに掃除されている。

「まー

あら キレイになってる」

 

感動したおばちゃんは財布を取り出すと、中から何かを取り出す。

「はい」

そう言って、恐竜に手渡したのは1000円札だった。

 

 

その様子をしっかり見ていた楓。

部屋に戻り、コタツで不満気な表情の楓。

 

~♪

その周りを1000円札を眺めながらご機嫌に歩く恐竜。

「1時間掃除して1000円ってさー

アタシのコンビニのバイトより時給高いじゃん!!

ズルくね!?」

 

 

楓の言葉はお構い無しに、1000円札を眺めながらごろんと横になる恐竜。

 

ボゥ

 

お札の真ん中に、お札に描かれている人物と同じ絵が浮かぶことに気がついた恐竜はガバッ
と起き上がる。

 

「ハハ 不思議だよな」 驚いた恐竜を見て笑う楓。

 

色んな方向に透かしてみている恐竜に、楓は
「ね ちょっと それ貸して」
と、手を伸ばした。

しかし、恐竜はスッと1000円札を後ろに隠す。

「盗ったりしねーよ
これをこうして・・・こうして・・・っと」

と、コタツで何かを作る楓。

 

1000円札の人物の目の所を山折りにし、笑っているようにして見せた楓。

 

それを見て、クスクス笑う恐竜。

「ウケるでしょ
で?それで何買うの?」

「?・・・!」

 

今、初めてこの紙がお金だということを知った恐竜。

 

「うん その紙 お金だよ」 目をキラキラさせる恐竜。

「自分で稼いだんだから好きなもの買うといいよ」

 

 

――

恐竜が訪れたのは、コンビニ。
「ま そうなるよね」 嬉しそうにカップラーメンをレジに持っていく。

そして、誇らしげに1000円札を楓の先輩に見せびらかす。

ジャーン
「はい
1000円お預かりします」

そう言って1000円札を受け取ろうとする先輩だが、恐竜はなかなか手を離そうとしない。

 

「・・・・・・

恐竜くん?1000円・・・あの・・・」

 

困る先輩を見て、楓が恐竜を止める。

 

「ちょっと!!離しなって!!

放したらコインたくさんもらえるから!」

 

それを聞いて、ぱっと手を離す。

「・・・じゃあ 800円のお返しです」

 

「ありがとうございましたー」

楓は先輩にお礼を言うと、小銭を手にし目を輝かせている恐竜を連れ、そそくさとコンビニ
を後にした。

 

「またお越しくださいませー」 楓と恐竜を見送った先輩は、レジにカップラーメンが残されていることに気が付く。

「あ ラーメン忘れてる・・・」
おカネの力、まじパない。
(つづく)

感想

お掃除をして、初めてお金をもらった恐竜。

何を買うのかと思えばカップラーメンなんですね(笑)かわいい(笑)

 

お札を渡す代わりにたくさんのコインをもらって、嬉しそうでしたね~。

嬉しさのあまり、大事なカップラーメンを忘れてしまいましたが・・・(笑)

残りの小銭で、恐竜は何を買ったんでしょうね。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.