漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ギャルと恐竜第18話のネタバレと感想!先輩が楓を誘うため…

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月4日発刊ヤングマガジン2019年14号に連載中の『ギャルと恐竜 第18話 ~ラーメン以外も食べるよ~』のネタバレと感想です。

 

前回の内容は下記からご覧ください。

 

前回までのあらすじ

酔って恐竜を連れ込んだギャルの楓と、わりと昔に絶滅したはずの恐竜の物語。

前回、楓と恐竜が住むアパートの周りを掃除した恐竜は、おばちゃんからお駄賃1000円を貰った。

1000円札の真ん中の透かしに驚いたり、肖像画の目元を折って変な顔にしたり・・・と、初め ての1000円札を楽しむ恐竜。

 

楓からこの紙がお金だということを教えてもらうと、早速コンビニへ買い物に向かった。

大好きなカップラーメンを手にし、レジへ向かうが1000円札を渡すことを渋る恐竜。

しかし、1000円札のおつりにコインをたくさん貰った恐竜は、喜びのあまりカップラーメ ンを忘れ帰ってしまいました。

 

 

ギャルと恐竜18話のあらすじとネタバレ

楓のバイト先の先パイが自宅で朝食を食べていると、

「あの子なんて言ったっけ?」

「ほら!!ご飯おかわりした子!!」 と、母親と新聞を読む父親が聞いてくる。

 

「え?なに?ご飯おかわり?」

「この前ウチに来たあなたのバイト先の・・・」

「ちょっと派手な感じのね・・・」

それを聞いて楓のことだとピンと来た先パイ。

 

「ああ楓ちゃん?」
「いい子だったわよねー」

「ご飯をたくさんおかわりしていたからね」

以前、楓が先パイの自宅に来たことがあり、先パイの両親は楓のことをとても気に入っている様子。

 

「是非またウチに呼びなさい
今夜でもいいぞ!!」

 

「ご飯いっぱい炊いて待ってるから」

「・・・うん」

嬉しそうに楓のことを話す両親に、つい返事をした先パイ。 ――

 

 

コンビニでバイトをする先パイ。

隣のレジには楓がいる。

 

“「楓ちゃん!!今日ウチに遊びに来ない!?晩ゴハン食べようよ!!」

 

あーダメ絶対こんなスラスラ言えない・・・

「楓ちゃん あそぼ!」

・・・なんつって小学生かっての!!

 

うーーーん・・・・・・あーこれ誘うの無理っぽいな!!

 

前に比べて仲良くなったとはいえ・・・楓ちゃん誘うのって結構なハードルでしょ・・・・・・ ちょっと今日は・・・”

 

 

1人でモヤモヤ考えている先パイの周りはドヨーンとしている。

 

それを気にしていた楓が先パイに声を掛けてきた。

「先パイ今日どうしたんですか?」
「えっ」

ビックリする先パイ。

 

「なんか今日ヤバいですよ!?
顔死んでる!!大丈夫?」

 

「大丈夫だよ?だって ほら顔はいつも死んでるし・・・ ・・・って何言ってんだろ ハハハ あー今日ね・・・今日は えーっとね・・・」

1人でブツブツ喋る先パイ。

「? ・・・・・・あ」

 

どんどん顔色が悪くなっていく先パイに何か気が付いた様子の楓。

 

「お腹 痛いんでしょ!!バックヤードで休んでていいですよ!!」

「あ・・・・・・いや・・・」

「トイレ行く!?」

「あ・・・いや・・・うん・・・行く」

「はーい」

楓の勢いに押され、とりあえずトイレへ向かった先パイ。
たたっ ピシャ カチャ
「ふぅ・・・」

トイレに入り、楓に言う言葉を何度も復唱した。

 

“「ねぇ今日ウチでご飯食べない?」

「ねぇ今日ウチでご飯食べない?」

「ねぇ今日ウチでご飯食べない?」

「ねぇ今日ウチでご飯食べない?」”

「ねぇ今日ウチでご飯食べない?
よしっ」

カチャ ガラガラ たたたっ 覚悟を決めた先パイは、勢いよくトイレから飛び出し楓の元へ向かうと

「ねぇ 今日ウチでご飯食べない!?」

と、勇気をだして誘った。

 

・・・が、目の前には楓と翔太、山田、恐竜が。

「「「食べます」」」
3人の声が揃う。

 

「えーありがとうございますぅ コンビニ飯ばっかで飽きてたんですよ」

「そうそう」

目を輝かせる山田、翔太、恐竜。

「えーいいんスか?

ていうか体調は?」

「あーーーもう それは全然平気だよ」

心配する楓。

 

予想外な展開に、固まる先パイ。

「じゃあ よろしくお願いします」
「うん
ちょっとお母さんに連絡しとくね」

 

そう言って、バックヤードで母親に電話をかける先パイ。

「わー楽しみだなぁ」
「なー」
「ちょっと恐竜!!はしゃぎすぎ」

「先パイん家のご飯めっちゃウマいからね!」

「へぇー」
「あっコラ 恐竜」

バックヤードから盛り上がる4人の様子を見て、なんだかんだで嬉しい先パイ。

 

「うん今日・・・楓ちゃんと友達2人
・・・と1匹 え?見たらわかるよ
うん だからご飯――

いっぱい炊いて待ってて」

非ギャルとギャルの絆・・・エモいっしょ!

感想

すっかり先パイの両親に気に入られた楓。

お母さんってモリモリ食べる子好きですよね(笑)

しかし、非ギャルの先パイにとって楓を誘うのには勇気がいること・・・。

何度も頭で言葉を繰り返し、やっと言い出せたと思ったら楓の友達、彼氏、恐竜!

でも、ちょっぴり嬉しそうな先パイが可愛らしいお話でした。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.