漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【お待たせしました、初恋です。第4話】のネタバレ。デートでQ&A

WRITER
 
お待たせしました初恋です4

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月12日発刊の別冊フレンド2019年2月号に連載中の『お待たせしました、初恋です ♯4 ~デートでQ&A』のネタバレです。

前回のお話は下記にまとめてますので、まだの方はご覧になってみてください。

ネタバレ

今日は上坂と初デートの日。

普段は80デニールタイツだがこの日はストッキングを履いて、他の彼女候補に負けないよ うオシャレをした。

車で待つ上坂の元へ行くが、いつものバイト感覚で挨拶してしまう。
上坂はニコニコとドアを開けてくれ、いつもと違う雰囲気にも気がついてくれた。

 

 

――助手席に乗ると車が動きだす。
上坂「今日予約した店
松村さんにピッタリな店だよ」

そう言って連れてこられた店は美々が経験したことないようなお店で かわいい雰囲気と緊張でおどおどしてしまう。

それに気付いた上坂は

「隣座っていい?」
と、美々の隣に座った。

 

そこへ上坂が注文した前菜が届く。

綺麗に飾られた前菜を1口食べると美味しすぎて悶絶する美々。

次に届いたのはオレキエッティのトマトソース。

オレキエッティというのは耳の形をしたショートパスタ。

初めて聞いたときに松村が浮かび、いつもコロコロ頑張っているところが似ているという。

それともう1つ。

上坂「――・・・下の名前
美々ちゃんでしょ?」

そう言ってニカッと笑う上坂に顔を赤くする。

“私にピッタリって名前だったんだ”

 

 

――食事をしていると店員が現れる。

「デザートにお写真のサービスがございます」

美々はパスタを持ち、耳ポーズをする上坂と記念撮影をした。

 

“なんだか夢見たい・・・”

素敵な時間を過ごし、食事を終えた2人は店を出る。

店の外には階段があり、上坂はヒール危ないから、と手を差し出す。

初めて握る上坂の手は暖かかった。

 

22時を越えると高校生は補導されちゃうから帰ろう、という上坂。

ここで帰るのがキリがいいのはわかっているが、もう少し一緒にいたいと思った美々は

まだ22時まで30分あるから、と言うと駐車場までゆっくり歩こうと答えてくれた。

 

 

その途中、聞きたいことがあると美々は質問を書いたメモを取り出す。

 

しかし、そこに書かれているありきたりな質問ではなく美々が1番聞きたかったことを聞いてみた。

美々「上坂さんに彼女候補がいっぱいいるのはなぜですか?」

少し考えて上坂は答える。

上坂「彼女候補がいるのは・・・
女の子のこと知りたいから かな――・・・ 俺を好いてくれる子の中身とか

喜んでくれること知りたい

だから今日は松村さんの笑った顔 いっぱい見れて嬉しかった」

そう言って松村にどこを好いてくれるのか聞く。

 

美々「私 上坂さんの背中が好きです

バイト中 自信がなくても
いつも上坂さんの背中があって 大丈夫だよって言ってくれてるみたいで 上坂さんの背中優しくてかっこいいから・・・ だから・・・ずっと・・・追いかけちゃうんです」

 

いつも顔ばかり褒められる上坂は背中を褒められたのは初めて。

上坂「松村さんは他の子と

・・・少しだけ違う気がする・・・」 (つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.