漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【ホタルノヒカリBABY 14話】最新話のネタバレ。

WRITER
 
ホタルノヒカリ14

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

12月25日発刊のE Kiss 2019年2月号『ホタルノヒカリBABY 14話』のネタバレです。

ネタバレ

普段家事も育児もしっかり者の旦那に任せっぱなし 干物おかんを描いてるこのお話

たまには素敵女子ママの生活も覗いてみませんか・・・?

 

――《え?私の1日ですか?》

そうインタビューに答えるのは神宮寺優華。

かつて蛍のライバルだった彼女は家事も育児もテキパキこなすステキ女子。

《朝は大体 4時起きですけど・・・》

AM4:00

アラームではなく、素敵なミュージックで自然と目覚め 子供が起きてくるまで仕事と家事を同時進行する。

半身浴をしながら読書、ストレッチをしながらニュースチェック。

スキンケアをしながら洗濯、土日に作り置きしたメニューで献立作り。

服も仕事のTPOに合わせ、何パターンか組み合わせている。

 

AM6:30

夫と子供を起こす。

大阪出張の夫のために荷物は既にまとめてあり、朝食の準備の間に子供にはスマホゼミをやらせる。

夫「ちょーお前こんな機械に 任せっぱなしでええんか?」

優華「・・・え? 2020年の教育改革でICT化は必須なんだから
今から慣れておいたほうがいいじゃない!」

普段育児に参加していない夫に口を出されあまりいい気はしない。

 

《結婚7年目の夫婦関係ですか・・・?正直・・・》

 

AM10:00

打ち合わせ

蛍「こないだ食事会した時もめちゃ仲良しだったじゃん! え?まさか浮気疑惑!?」
優華「まあそれもありますけどぉ・・・」
蛍「あるんかい!?」 大阪へ日帰り出張の夫はなぜかネットでバラの花束を注文していた。 しかも受け取りが都内のホテル。 蛍がなにかの記念日じゃないか、とフォローするが 優華はそこではなく、数年前ならもっと悩んで大騒ぎしていたのに そこまで熱くなれない自分に悩んでいるという。 “私は妻であり母である限り
もう恋のようなときめきは
得られないってこと・・・?”

PM00:30

ランチは市場調査を兼ねて話題のスポットで。

20代くらいの男性2人に相席を求められた優華は、妄想した。

“こんな別世代の男の子たちに
翻弄される人生だって・・・”

しかし、彼らはメイクマニアで綺麗な優華にスキンケアを聞きたかったらしい・・・。

 

PM2:00

支社長と雑談しているとまた妄想してしまう。

“ラブアフェアーのお相手なら これくらいの紳士のほうが・・・”

エレベーターに乗り込むと急に壁ドンされる。

支社長「し 心臓の薬を

ひ 秘書に・・・」 これが現実。

 

PM4:30

お迎え前にカフェで今日の仕事の整理や、やり残しチェック。

“・・・というか
私・・・もしかして欲求不満?
特になんとも思ってない男性と

あんな妄想・・・”

1人モヤモヤしていると、スマホの通知音が鳴る。

夫がSNSに出張先で女の子との写真をアップしている。

ワンオペで家事、育児、仕事をこなしているにも関わらず 幼児教育に苦言を呈してきた夫への更なる怒りを抑えながらカフェを出た。

すると、まだ恋人であった夫、要との思い出の場所を見つけ立ち止まる。

“どうして・・・
あんなに好きだった気持ちが

永遠に続かないんだろう・・・

だったら結婚ってなんの意味が・・・”

 

PM5:00

お迎え。

嬉しそうに走ってくる息子を抱きしめ、優華は要が花束を受け取るホテルへ行く決心をす
る。

タクシーに乗り込んだ2人。

“他の人生がなんて逃げるの 私らしくないわ まっすぐな気持ちを思い出して”

ホテルに着くと花束を持った要を見つける。
女性が出てくるまで泳がせようか、と考えていると
息子が要の元へ駆け寄っていってしまう。
要「やっぱり来たか

どうぞ」
そう言って花束を差し出す。

きょとんとする優華。
要「お前が覚えてないて
よう怒ってたくせに

“初めてデートした日” 10周年やろが」
優華が予約履歴をチェックすると分かっていた上で、わざとホテル指定にしたという。
要「毎日ありがとう
今日はここでゆっくり過ごそうや」
涙が溢れ、要を抱きしめる。

 

優華「また再熱しちゃうじゃない・・・! ズルイ!!」
要「そら一生 飽きさせんようにせんとじゃけぇの」

 

PM8:00

素敵女子ママの素敵な一日
現場からは以上です

(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2018 All Rights Reserved.