漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【呪術廻戦 42話】のネタバレ。

WRITER
 
呪術廻戦42話

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月7日発売の2019年第6・7合併号に連載中の「呪術廻戦」42話のネタバレです。

前回の41話のネタバレは下記にまとめていますので、ご覧になっていない方はどうぞ。

ネタバレ

 

「アンタ、真希さんのことどう思う?」

険しい顔の野薔薇に聞かれ、どう答えても角が立ちそうだとビビる虎杖。

悩んだ末、無難に「素敵な女性」と答えたが、野薔薇は術師としての真希についての質問をしたのだった。

そっちの事かとホッとした虎杖は、パンダ、野薔薇と共に角からコッソリ真希を観察しながら、呪術については分からないがケンカは超強く、歩き方でもうヤバイと答える。

 

それに対して野薔薇が、真希が4級であることを告げると、驚く虎杖。

真希の家が面倒な術師の家系で、セルフ勘当みたいに家を出た事が昇級を邪魔していると言った。

 

強い術師なら大歓迎じゃないのか尋ねた虎杖に、野薔薇は、バカだから一度否定したものを認められないと憤る。

 

 

そこでパンダが、交流会で活躍すれば嫌がらせが難しくなると提案すると、野薔薇は、まずは団体戦で勝つことが大事だからもう一度死ぬ気でやれと、虎杖に迫った。

 

そんな会話が聞こえ、

「聞こえてんぞー」と突っ込んだ真希。

 

 

戦いの中、そんな情景を思い出してつい笑った真希に対し、真依は怒りを露わにし銃を撃った。その弾を剣で弾き飛ばすと、木の陰に隠れ死角に入った。

 

死角に入ったからなんだと思った瞬間、気付かないうちに下に回った真希に、足場にしていた枝を切られ落下した。

 

落下しつつ真希に銃を撃った真依だったが、あっさり避けられ、思い切り横っ腹を蹴られながら思った。

”分かってた。真希には、私にはない才能がある”

 

幼いころ、双子の片方が術式どころか呪いも見えないことを、周囲の人間が双子の吉兆かと噂しているところを見ていた真依。

 

一緒に行動する時、道端に呪いの見える真依が怖がり進めずにいると、真依に目をつぶらせると「見えなきゃいねぇのとおんなじだよ」と手を引く真希。

 

昔から不安なんてないみたいに、未来へズカズカ突き進む真希が嫌いだった。

 

 

その後、禪院家26代目当主・禪院直毘人から家を出ることを提案された真希は、いずれ禪院家当主になる為に戻ってくると宣言した。

その言葉に禪院直毘人は笑い飛ばし、真依にも試練を与えると言った。

 

真依には関係ないと、その場を立ち去る真希に、陰で聞いていた真依は、

「嘘つき・・・大っ嫌い!」と呟いた。

真希は真依の撃った弾が6発だと分かると、再装填はさせないと真依の元へ迫る。

 

”アンタなんか、大嫌い。だから初恋も、術式も、アンタに教えたことはない”

と、もう一発、真希に向かって撃つ真依。

驚く真希。

 

『構築術式』

己の呪力を元に物質を0から構築する。「領域展開」における結界内での生得領域の具現化とは異なり、構築術式で一度生成された物質は、術式終了後も消えることはない。

 

それ故に呪力消費が激しく、体への負荷が大きい。

真依には一日一発の弾丸を作るのが限界だった。分かりやすく弾数でブラフを張るためのリボルバーだった。

 

”私の勝ちよ”

そう思った真依をよそに、真希は弾を素手でキャッチした。

愕然とする真依。

 

”真希には私にはない才能がある。

 

メカ丸と同じ、ある意味逆の「天与呪縛」。

本来術式を持って生まれるはずだったアンタは、それと引き換えに人間離れした身体能力を与えられた。

禪院家では認められなかった、私にはなかった、才能”

 

木にもたれかかった真依に剣を向け、決着でいいなと尋ねる真希に、真依はなぜ家を出たのかと尋ねた。

 

真希は「言わなくても分かんだろう。

オマエだって高専来たじゃねぇか」と答えた。

そんな真希に、自分は呪術師になりたくなかったが、真希が頑張るせいで頑張らざるを得なかったと叫んだ真依。

「なんで一緒に、落ちぶれてくれなかったの?」と涙ぐむ真依。

 

真希は静かに語った。

「あのままじゃ、私は私を嫌いになってた。それだけだよ。ごめんな。」

 

幼いころ、不安がる真依に対し、姉妹だから絶対に置いていかないと、しっかり手をつないで引っ張ってくれた真希を思い出し、一人で膝を抱えて泣く真依。

「嘘つき・・・大っ嫌い」

ただ共にいてほしかった。

 

京都姉妹校交流会 団体戦

禪院真依・釘崎野薔薇 ー棄権

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.