漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

呪術廻戦 45話のネタバレと感想!花御と、狗巻・伏黒・加茂の戦いはどうなるのか!

WRITER
 
呪術廻戦45話

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月4日発売の2019年第10号、週刊少年ジャンプ連載の「呪術廻戦」45話のネタバレです。

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

ネタバレ

呪霊討伐を告げる札が全炎上!!何故!?

 

突然、全ての札が東京校を示す赤色に炎上したのを見て、モニター室にいる教師達は驚いた。そして、冥冥は烏達が誰も見ていないことを不審に思った。

 

未登録の呪力でも札が赤く燃えることから、外部の人間が侵入したと予測した。

 

京都校の学長は、自分の仕掛けた準一級呪霊を祓ったとなると、それなりの手練れであると予想した。

 

夜蛾は天元の所に行くことにし、五条と京都校の学長は学生の保護に向かわせ、冥冥はモニター室に残って区画内の学生の位置を特定して、五条達に逐一報告するように指示した。

 

五条は京都校の学長を「お爺ちゃん」呼ばわりすると、散歩の時間だと促し、ご飯はさっき食べただのと痴呆症扱いをしたが、学長は無視した。

 

「闇より出でて、闇より黒く、その穢れを禊ぎ祓え」

 

呪文のようなものを唱えた呪詛師の頭上に広がる”帳”。

それに気付いた生徒達は空を見上げ、虎杖も驚いていた。

 

歌姫に、”帳”が下りきる前に先に行くように言われた五条だったが、「いや無理」と断った。

視覚効果より術式効果を優先しているため、”帳”はすでに完成していると考えていた。

 

それでも五条は、「下りていても破ればいい話だ」と言うと、”帳”に触れようとしたが弾き返されてしまった。

違和感を感じた五条の隣で、歌姫はなんなく”帳”の中へ腕を入れていた。

その様子を見た五条は、この”帳”が”五条悟”の侵入を拒む代わりに、その他”全ての者”が出入り可能な結界だと言った。

驚く歌姫と学長。

歌姫が、特定の個人のみに作用する結界を張るのは、余程腕の立つ呪詛師がいると考えていた時、そのまま同じ事を五条が口にした。

更に五条は、こちらの情報がある程度把握されていると予想し、目的は知らないが一人でも死んだら負けだと、二人に早く行くように促した。

 

その頃、狗巻と伏黒、加茂の3人は、目から枝の生えた不気味な姿の花御と対峙していた。

 

何故高専に呪霊がいて、”帳”は誰のものかと呟く加茂に、伏黒はこの呪霊と組んでる呪詛師だと予想し、以前五条を襲った特級呪霊だと説明した。

目の前の呪霊は、五条の描いた未登録の特級呪霊に風姿が近かった。

 

「ツナマヨ」と狗巻が電話のジェスチャーをすると、伏黒が何の迷いもなく五条に連絡しようとしたのを見て、加茂は言葉が分かるのかとツッコミを入れた。

 

伏黒が五条に電話をかけつつ、距離をとって五条の所まで後退しようと言いかけた時、伏黒と向かい合っていた加茂の後ろに、急に花御が現れた。

そして、花御は伏黒の電話を弾き飛ばした。

 

「動くな」と狗巻が呪言で花御の動きを封じると、すかさず加茂が血液パックを破り、『赤血操術 「苅祓」』を仕掛けたがダメージはなかった。

 

続けて伏黒が『鵺』を使い、上空から花御に突っ込んで体勢を崩したところを、刀で斬ろうとしたが、固くてまるで歯が立たなかった。

 

その時、花御が何か呟くと同時に、3人の頭の中に言葉が響いた。

『やめなさい、愚かな児等よ』

 

伏黒は、音では何を言ってるか分からないのに、意味が理解できる状況を気持ち悪がった。

 

『私はただ、この星を守りたいだけだ』

 

呪いの戯言に耳を貸すなと言う加茂に、伏黒は低級呪霊のソレとはレベルが違うと言った。

 

『森も海も空も、もう我慢ならぬと泣いています』

『これ以上、人間との共存は不可能です』

『星に優しい人間がいることは彼らも知っています』

『しかし、その慈愛がどれだけの足しになろうか』

『彼らはただ”時間”を欲している”』

独自の言語体系を確立していると言う伏黒に、加茂は、狗巻を下がらせるように言った。

 

『”時間”さえあれば、星はまた青く輝く』

 

『人間のいない、”時間”』

 

『死して、賢者となりなさい』

 

危険すぎる欲しの守り人!!

 

感想

花御と、狗巻・伏黒・加茂の戦いが始まりましたが、全く歯が立たず心配です。

花御の言葉が、あまりにスケールが大きく、一瞬呪詛師との関係を忘れてしまいました。

五条を狙っている花御達が、これからどのように攻め込むつもりなのか気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.