漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

呪術廻戦50話のネタバレと感想!東堂と花御との決着はついたのか!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月11日発売の2019年第15号、週刊少年ジャンプ連載の「呪術廻戦」50話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

 

ネタバレ

 

獣、その幼き頃。

 

【小3のとき俺にナマこいた高校生をボコった】

 

【年上だろうと生意気は生意気】

【相手が俺をナメてて、俺がナメられてると感じる】

【その瞬間にゴングは鳴ってんのさ】

 

倒れた高校生の上に座る、ランドセルを背負った少年。

 

【面白くなんてない】

【退屈な奴をひねったって退屈に決まってんだろ】

 

「ナイスファイト!!少年(ボーイ)!!」

 

そんな少年に、バイクの傍らに立つ女が声を掛けてきた。

 

「どんな女がタイプかな?」

 

女の周りには、骨でできた大きな蛇の様なものが飛んでいた。

 

【退屈が裏返る】

 

「誰?アンタ」

 

【そんな予感がした】

 

花御と対峙し、術式を解禁するという東堂。

「前に使ってなかった?」という虎杖の質問は無視し、東堂は言った。

 

「だが術式について詳しく説明している暇はない!俺からオマエに言えることはただ1つ!!」

 

「止まるな!!」

「俺を信じろ!!」

 

東堂は、自信満々で虎杖に告げた。

 

「オッケー、2つね!!」

 

東堂は花御の手札を整理した。

 

地面より発生する”木の根”

これはおそらく本数と射程を絞るほど、強度と速度が上がる。

 

”木の毬”

1つの毬から1,2本の攻撃。その後消滅。滞空可能。時間差に注意か・・・。

 

”呪いの種子”

伏黒が喰らっていたモノ。1つでも打ちこまれたらアウトか?その分、乱発はないと信じたい。

 

”お花畑”!!

気が緩んでしまうようだが、さっきの負傷で気つけが効いてる。そこまで警戒は必要ない。

 

更にあの、解き放たれた左腕・・・!!

 

そして、これら全てがブラフである可能性!!!

 

だがどんな術式も発動させなければいいだけのこと!!

不測の事態を考慮した上で、IQ53万の俺の脳内CPUがハジき出した結論は・・・

 

”勝利(ビクトリー)”!!!!

 

何故なら、俺は独りじゃないから。

 

 

虎杖(ブラザー)!!

オマエがいるから!!

 

「あ」

 

考え事をしている間に、東堂は右足首を木の根で掴まれていた。

そのままブンブンと大きく振り回され、尖った木が菊の花のように広がった所へ向かって投げられた。

 

「東堂!!」

 

助けに向かおうとした虎杖に、花御が攻撃を仕掛けて足止めした。

 

”まずは1人”と、花御。

 

飛ばされた東堂の背に、尖った木が刺さりそうになったその瞬間、「パンッ」と小さな音と共に、花御と東堂の体が入れ替わり、花御の体には無数の木の枝が刺さった。

 

「!!!」驚く花御。

 

そして、虎杖の放った拳は、東堂の顔面へ。

 

「東堂!!」驚く虎杖。

 

”成程。単純(シンプル)、故に厄介な術式”

 

花御は刺さった枝を抜きながら言った。

 

東堂の術式は、相手と自分の位置を入れ替える『不義遊戯(ブギウギ)』だった。

 

「東堂!!」と呼ぶ虎杖に、東堂は、「しっ」と唇に指を当て、「相手が慣れる前に仕留めるぞ」とウィンクした。

そして、手を叩くのが発動条件だと教えると、花御と戦いながら実践して見せた。

 

パンパンと、東堂が手を叩く度に入れ替わる、東堂と虎杖の体。

 

花御は、2人の入れ替わり後の差異が大きいことと、自分と虎杖のどちらが入れ替わるのか、手を叩く度に迫る2択で思考が鈍った。

 

”まずい!!これは・・・抜け出せないッ!!”

 

花御の周りを、様々な位置で手を叩く東堂が廻った。

 

そして、思わず体勢を崩した花御に攻撃を仕掛ける虎杖。

 

「!!」

”またアレがくる!!”

 

花御は『黒閃』を警戒した。

 

【黒閃連続発生記録保持者 七海建人は語る】

 

黒閃を連続で出すのが凄いわけではない。

2回以上出すなら、連続・・・またはその日の内でないと難しい。

1回目の理由はまぐれでも実力でもなんでもいい。

黒閃をキメると、術師は一時的に、アスリートでいう”ゾーン”に入った状態になる。

普段意図的に行っている呪力操作が呼吸のように自然に廻る。

自分以外の全てが自分中心に立ち回っているような全能感。

 

そして、最後にドヤ顔で語った。

「私の記録ですか?4回。運が良かっただけですよ」

 

『黒閃』

 

虎杖は難なく出し、花御に当てた。

 

”虎杖(ブラザー)!!オマエからはいつだって予感がする!!”

東堂は感動していた。

 

『黒閃』

 

『黒閃』

 

”3連チャン!!”

驚く東堂。

 

”調子に乗るな”

血を吐きながらも、反撃をしようとする花御。

 

その時、東堂が手を叩こうとしていることに気付いた花御は、自分の右側にいる東堂と、左側にいる虎杖の位置替えをすると読んだ。

 

「パァン」

 

花御は虎杖の攻撃を警戒し、すかさず東堂の方を振り向いた。が、

 

”替っていない!”

 

驚く花御に東堂は言った。

 

「手を叩いたって、術式を発動するとは限らない。単純だけどひっかかるよな」

 

”あの時と同じ。退屈が裏返る予感!!”

 

そして、5度目の虎杖の攻撃が決まった。

 

『黒閃』

 

決着(キメ)ろ!!

 

感想

東堂が面白すぎます。その東堂の術式のお陰で、花御との戦いがかなり優位になりました。

虎杖も、黒閃記録保持者である七海の4回という記録を塗り替え、5回目をキメました。

これで花御を倒せたのか、気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.