漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【壁ドン! 第1課題】のネタバレ。週刊スピリッツの新連載!

WRITER
 
壁ドン1

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2018年12月10日発売、週刊スピリッツ2・3合併号に掲載の「壁ドン!」第一課題新しいキミのネタバレになります。

 

ネタバレ

 

自分が痩せていることにコンプレクスを抱え、周りには「もやし」と馬鹿にされて

空気にもなれない最下位男子、小説を書くのが日課の大野 会心(オオノ カイシン)15歳。

 

高校生の入学式前日、テレビで世界が注目するボルダリング少女の特集を見ます。

「ボルダリング?なんだそれ?・・・」少女はカイシンと同じ15歳でした。

少女は、レポーターの「あなたはなぜ壁を登るのですか?」の質問に、

「会いたい人が」いるから。」と答えます。

 

この時は特に気にしていなかったカイシン。

 

翌日、早く登校しすぎたカイシン

「高校に来てもなにもかわらないな。」時間潰しにいつものように小説を書くため屋上へ行きます。

カイシンの書く小説投稿サイトにはファンが一人ついていました。

 

そんなカイシンにトラブルが起きます。絶対絶命!!!

それを助けた少女はテレビでみたボルダリングの少女(夏目登姫、ナツメトキ)でした。

 

ボルダリングの練習をしていたトキ

「私がたまたま今日ここで練習してなかったら、死んでたね。」と

笑いながら声を掛けます。

トキはカイシンをじっと見つめ

「いい体してるね。」

 

カイシンは気味悪そうに、何こいつーー!。

 

「めっちゃやせてるね。いいなー。」

クライマーとしてその身体は羨ましい!カイシン、登るの絶対向いてるよ。

「ちょっとのぼってみよー!」とトキ。

 

絶対無理、こんなの登れるわけない、と思っていたの、

すごい!俺でも登れる。

ただ、最後のゴールまでたどりつくことができませんでした。

 

そんなカイシンにトキは、

「登れなかった壁が登れた時、前の自分を超えたことを実感できるんだよね。」

「私は、新しい自分に会いたくて登っているんだ。」

 

カイシンは、テレビでトキが言っていた「会いたい人がいるから。」の意味を知りました。

さらに、小説投稿サイトの一人のファンはトキだと知ります。

トキはその日のコメントに「新しいキミに会いたくはないか?」とメッセージをおくりました。

 

自分を超えてみたい!!!

この腐った日常から、抜け出せる気がする。

 

今まで痩せていることをマイナスでしかないと思っていたものが、

ここでなら変えれるかもしれない。

 

カイシンは、自分も「会ってみたいヤツがいるんだ。」とボルダリングに興味を持つことになります。

 

そして、カイシンの通う高校ではクライミング部をつくり、在校生の中から

金メダルを出し入学希望者が集まるようなインパクトのある学校にしようと考え、

 

すべてはメダル、そのために施設にもお金をかけ、元を取ってもらおうと考える理事長。

 

次回に続きます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2018 All Rights Reserved.