漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

彼女、お借りします77話のネタバレと感想!マミが千鶴のバッグを見つける!何か怖い

WRITER
 
彼女お借りします77話

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月6日発刊の週刊少年マガジン2019年10号に連載中の『彼女、お借りします 77話 ~元カノと彼女4~』のネタバレと感想です。

前回話は下記からご覧いただけます。

前回までのあらすじ

木ノ下和也のバイト先のカラオケ店に突然現れた元カノ、七瀬麻美。

和也と同じカラオケ店でバイトをする(仮)カノ、るかはマミに対抗心メラメラ。

部屋に案内されたマミは、ドリンクバーのグラスを置く和也に、付き合っていた頃の話を持ち出す。

 

その様子を覗き見していたるかにマミが気付き、るかも部屋に入る。

和也はマミが来てから、様子がおかしくお互い元カノ、(仮)カノということを知られなくない様子。

それに勘づいたるか。

 

マミに元カノの余裕を見せつけられている(?)気がしたるかは、和也の態度といい我慢の限界。

マミを一方的に責め立て、自分が今カノだというラブラブな出来事までアピールした。
レンタル彼女のことを知るマミはそのことを言い残しカラオケ店を出た。

 

和也はるかに文句を言おうとするが、嫉妬で子供のように泣きわめくるかを見て何も言えな
いのであった。

一方、好き勝手言われたマミはナンパしてきた男に八つ当たりをしながら電車に乗る。

和也の最寄り駅に停車すると千鶴が乗ってきた・・・。 その手には、以前見たバック!?

ネタバレ

マミが和也のバイト先に行く前のこと。 木部と話しているマミ。
木部「え?
千鶴さんのことを知ってる人? まぁウチらと・・・ あと和也の家族とか・・・」

“家族・・・?
家族も知ってるんだ やば
そういえば おばあちゃんに 会って欲しいとか一回言われてたっけ なら家族に話して 止むに止まれず一年間も・・・ だったら今もまだってことだって・・・”

 

木部「あ それかバイト先にもいるかもな」

年始から練馬のカラ村でバイトをしていることを知ったマミ。
前に、千鶴と話したところだ。

 

「ありがと
じゃ また☆」

「・・・なんか俺マズいこと言ったか・・・? まいっかー和也のことだしな
どーせ」

 

 

――

電車の中で鉢合わせたマミと水原千鶴。

「ま・・・マミさん・・・ えっと・・・ご無沙汰してます・・・」

ニコッと笑うマミは自分の座る席の隣にポンと手を置く。

「どうぞ?」

気まずいのか無言で座る千鶴。

そのまま電車が走り出した。

2人の行き先は同じ池袋、そこまでゆっくり行くことに。

 

「それ・・・ 素敵なバックね CoCoの新作でしょ? 最近買ったの?」

笑顔で聞いてくるマミに、控えめに答える千鶴。

「あ いえ 少し前から・・・」

「そーだよねーっ
可愛いのはすぐ買わないと
どんどん新しいの出るもんねー
どれくらい?

4月上旬? 下旬?」
やけにしつこく聞いてくる千鶴を不思議に思う千鶴。

 

「? 上旬・・・ですかね・・・」

それを聞いたマミは笑いが止まらなくなる。

 

 

――

池袋駅に着き、マミは乗り換え、千鶴は駅外へ。
マミと別れの挨拶をし、向きを変えた千鶴。

「一つだけ聞かせて?」

マミが千鶴を呼び止める。

「もう和くんとは 会ってない?」 「・・・・・・・・・」

 

 

 

――
“でも一個だけ もう恋人ごっこは ・・・やめて? ほんのちょっとだけ うんざり”
“こうしてる間にもマミさんに見られたら 彼女が何を思うか・・・”

 

 

――

以前、交わしたマミとの会話や和也との会話を思い出す千鶴。

「はい」

千鶴はマミにハッキリ返事をした。

「・・・そう分かった」

笑顔でその場を後にするマミ。

 

 

――

自宅に戻ったマミはパソコンと睨めっこしている。

“決まりだ 間違いない
あのカバン・・・水原千鶴の
買った時期も合う 忘れ物?・・・でもカバンを忘れる? あの日・・・あの場所にいた・・・?”

 

謎を解くように頭を巡らせるマミ。

“どちらにせよ レンカノの距離じゃない じゃあ あのガキは何?
彼女とか言ってたけど 水原のこと知ってるみたいだし・・・ 二股?何なの?”

マミはパソコンに手を伸ばし、和也のSNSを見る。

ブロックを解除し、フォロー欄を見てみるとるかの名前があるが、鍵がかかっている。

!

 

《和酒店

二代目当主、木ノ下和じゃ☆純米大吟醸酒をこよなく愛す76歳。呟きは日本酒と家族のこ と多め、最近は孫の彼女にちょっとお熱☆フォローよろしく!》

 

和也のフォロー欄に祖父らしき人を見つける。

“家族・・・か・・・・・・” 「ふふっ」

ニヤリと微笑むマミは、フォローボタンをクリックした。 (つづく)

感想

木部のお喋り!(笑)

マミが以前、千鶴のバックを見たというシーン・・・

私はそのシーンを知らないので、どういった場面での出来事かわからないのですが 千鶴にバックの購入時期を問い詰めるマミ怖いですね~。

マミは和也のSNSから、祖父のアカウントを見つけてしまいました。
どんな内容が書かれているんでしょうか・・・?

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.