漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

彼女、お借りします93話のネタバレと感想!墨ちゃん!?いつもとなんだか…

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

6月5日発売の2019年第27号、週刊少年マガジンに連載中の「彼女、お借りします」93話のネタバレと感想をまとめました。

前回の内容は下記からご覧ください。

それでは93話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと「彼女、お借りします」が連載されている週刊少年マガジン最新号を今すぐ無料で読むことができます!

 

→(U-NEXT公式サイト)

 

彼女、お借りします93話のネタバレとあらすじ

 

小百合と千鶴。2人のために”できること”を探して、ネットの海に埋没中・・・。

 

ネットで闘病記録などを検索し、ひたすらプリントアウトする和也。

朝を迎えてしまい、こんなものを調べて本当に意味があるのかと嘆いていると、和也の部屋の窓に何かが当たる音がした。

「えっ??これは・・・」

嬉しそうな和也。

 

「ごめん、時間無くて」

ベランダにいた水原は、てきぱきと洗濯物を干すと、植木に水をやりながら、早口でまくしたてた。

「なんか墨ちゃんがまた”練習台”をお願いしたいらしくて、土曜の朝10時、品川プリンスの入り口の前の階段のとこでって言ってるんだけど、空いてる?」

「え!?何、墨ちゃん?」

戸惑う和也に、水原はもう一度同じことを言った。

 

”すっ、墨ちゃん”

 

了解しつつ、随分時間が早いと呟く和也。

水原は、墨ちゃんがプランを立ててると言うと、「”11時半は欠かせない”だって」と付け加えた。

「何の話?」と聞く和也に「さあ」と冷たくあしらうと、「じゃあ、そう伝えとく」と言って部屋に戻ろうとする水原。

「あっ、ちょま」

和也は慌てて呼びとめた。

 

『それで、いいじゃないっ』

 

水原の言葉を思い出した和也は、遠慮がちに言った。

「・・・その・・・ッ、平気か・・・?」

水原は一瞬和也を見つめた後、また同じ質問かと呆れながらも、祖母のためにできる事は全部して来たと言った。

「後悔なんて”愚か者”のすることよ」

 

”強・・・!!”

言葉を失う和也。

 

「それよりあなた、るかちゃんは平気なの?」

「えっ、るかちゃん?」

誕生会で2人の様子がおかしかったという水原。

 

『ネガティブなことなんて、何も起きてません』

 

和也は、笑顔で話するかを思い出した。

 

「まあ・・・こっちはなんとか」と答えた和也に、水原は良かったと言うと、「じゃ、よろしく」とさっさと部屋の中へ入ってしまった。

 

”水原、めっちゃ慌ただしかったな・・・”

”やっぱ、ばーちゃんのことでいろいろバタバタしてんのか?”

 

るかや墨ちゃんのことまで気を配る水原に、割と平気なのかと思う和也だったが、すぐにそんなハズないと思い返し、深いため息をついた。

 

”俺は一体、どぅすれば・・・っ!”

 

墨ちゃんとの待ち合わせ場所に向かいながら、こんな事してていいのかと呟く和也。

墨ちゃんとのデートは楽しいことしかないが、今は一つでも多く、水原とその祖母のためにできることを考えないといけないと思った。

 

”それに、墨ちゃんがプランを立ててるって、一体どんな・・・”

 

考え込む和也だったが、墨ちゃんの頼みは水原の頼みだし、”今日はとことん”練習台”を・・・”と思い直した。

 

墨ちゃんを見つけ、声をかけた和也は、その姿に驚いた。

 

”え???”

 

墨ちゃんは制服を着ていて、手には学生鞄を持っていた。

”えっ!!?”

 

”墨ちゃん、これ、制服だよな・・・?”

恥じらう墨ちゃん。

 

”なんで・・・!?”

戸惑う和也に、墨ちゃんはニッコリ微笑んだ。

 

「あっ、おはよ」

挨拶した和也に、墨ちゃんは笑顔のまま進行方向を指差すと、前を歩きだした。

思わず唾を飲み込む和也。

 

”いやいやいや、何コレ!?”

和也は質問もできないまま歩き出し、戸惑った。

”なんで制服?墨ちゃんなりの演出ってこと!?”

 

「あっ、ごめん。”伝達ミス”!?俺、水原から聞いてなくて!普通の格好で来ちゃった!」

笑顔で頭を掻く和也に、墨ちゃんは慌てて顔を左右に振ると、自分の顎をトントンと軽く指で叩いた。

 

”あっ、違うの?「私が勝手に」ってこと?”

 

和也は再び前を歩きだした墨ちゃんの後ろ姿を見て、ますます戸惑った。

 

”じゃあ、マジで何!?ただ着たかった感じ!?”

 

和也は、可愛いのでそれならそれで構わないと思ったが、思い切って聞いてみることにした。

 

「よっ、よく着るの!?制服!」

「!」

墨ちゃんは顔を赤らめ、スマホに何かを打ち込んで和也に見せた。

 

『和也君、制服好きかと思って』

 

”えっ!!?”

 

思わずのけぞる和也。

「えっ!?制服?俺が!?」

頷く墨ちゃん。

「ははっ、そうなんだ!うんっ、まあどーだろうね!!」

動揺しまくる和也は、墨ちゃんがなぜそう思ったのか気になった。

 

”なんかものすごいサラッと、ロリコン認定されてる気もするけど!?”

 

自分のどこからそれを、と考えた和也だったが、ふと思い出して叫んだ。

「まさか、TDC・・・!!水原と・・・っ!!」

 

顔を赤らめ、頷く墨ちゃん。

 

”あーっ!!!!”

和也は思わず両手をバタバタさせた。

”恥っずー!!!”

 

水原に制服を着せているのを見て、和也が制服好きだと思った墨ちゃん。

”つまり、俺のためってこと・・・!?”

 

そして、辿り着いた場所を見上げ、和也は驚いた。

 

”アクアパーク品川!!!”

 

そこは、水族館と遊園地一体型の子供から大人まで楽しめる、通称”海の遊園地”だった。

 

”水族館!?”

自分が魚好きってことを水原から聞いていたのかと思う和也。

 

”いや、まだ。たまたまって事も・・・”

 

「・・・したくて・・・」

 

急に話し出した墨ちゃんに驚く和也。

 

「今日は私が和也君を、”お饗し”したくて・・・」

振り向き、肩越しに和也を見つめる墨ちゃん。

「おっ・・・」

 

”お饗しーっ!??”

 

一体何が始まるのかと戸惑う和也だった。

 

ドジっ子×制服×全力お饗し=ハプニングの予感!?

 

彼女、お借りしますをU-NEXTで無料で読む方法!

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、今すぐ無料で「彼女、お借りします」が掲載されている最新の少年マガジンが読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

 

→(U-NEXT公式サイト)

感想

水原や祖母のために何かできないかと一生懸命調べる和也に、優しさを感じました。

そんな時、墨ちゃんとのデートが始まり、いつもと少し違うすみちゃんに動揺しまくる和也。

墨ちゃんのお饗しがどんなものなのか、気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.