漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【鬼滅の刃 139話】のネタバレ。柱たち集結

WRITER
 
鬼滅の刃139

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年第3号週刊少年ジャンプに連載中の「鬼滅の刃」139話のネタバレです。

 

ネタバレ

産屋敷耀哉、享年23。

病の進行により足腰が立たなくなり、床から動けなくなるまで、亡くなった鬼殺隊員の墓参りを一日も欠かしたことがなかった。

 

悲鳴嶼は産屋敷と初めて会った時の事を思い返した。

 

初めて会った時、お館様は十四、私は十八。その立ち振る舞いは四つも年が下だと思えなかった。

藤棚の下でほほ笑むお館様は、

「君が人を守る為に戦ったのだと私は知っているよ。君は人殺しではない」と、優しく悲鳴嶼に言った。

あの方はいつも、その時人が欲しくてやまない言葉をかけてくださる人だった。

 

悲鳴嶼は床に伏せた産屋敷から、五日以内に無惨が来るので、自分を囮にして無惨の首を取るように言われた。

悲鳴嶼が何故そう思うのか聞くと、勘だと答えた。

産屋敷一族は特殊な声に加え、この”勘”、つまり”先見の明”というものが凄まじかった。この未来を見通す力により、彼らは財を成し、幾度もの危機を回避してきた。

 

産屋敷は、他の子供たちは自分を囮に使うことを承知しないだろうから悲鳴嶼に頼むと言った。悲鳴嶼は涙を流しながらも、「御意。お館様の頼みとあらば」と聞き入れ、産屋敷は悲鳴嶼にお礼を言い、これ以上大切な子供たちが死なないことを願った。

 

珠世が鬼を人間に戻す薬を手に、自ら無惨の体内に腕を入れ、悲鳴嶼はその隙をつき無惨の頭部を叩き割ったが、無惨はすぐ再生した。

産屋敷の読み通り、無惨は頸を斬っても死なず、滅ぼす為には日の光が必要な為、日が昇るまでの持久戦になりそうだ。

音から再生速度を判断した悲鳴嶼は、今までの鬼の比ではない事を悟った。

お館様による爆破と、珠世による弱体化があっても、これ程の余力を残した状態。夜明けまで日の差す場に拘束しようと考えていた悲鳴嶼に向かって、無惨が手から無数の有刺鉄線を出す『黒血枳棘』で襲った。

悲鳴嶼も『岩の呼吸参ノ型 岩軀の膚』で対抗した。

その時、「テメェかァアア!お館様にィイ、何しやがったァアー!!!」と不死川が来た。

その後も産屋敷の采配通り、次々と柱たちが集結した。

 

悲鳴嶼は柱たちに、奴が鬼舞辻無惨であり、頸を斬っても死なないことを告げる。

その言葉に柱たちは、

霞の呼吸肆ノ型、蟲の呼吸蝶ノ舞、蛇の呼吸壱ノ型、恋の呼吸伍ノ型、水の呼吸参ノ型、風の呼吸漆ノ型

と、それぞれの剣の型で取り囲み、炭治郎もヒノカミ神楽 陽華突で立ち向かった。

 

だが無惨は不敵に笑い、「これで私を追い詰めたつもりか!?貴様らがこれから行くのは地獄だ!!目障りな鬼狩り共、今宵皆殺しにしてやろう!」と叫んだ。

それに対して炭治郎も、「地獄に行くのはお前だ無惨!絶対に逃がさない、必ず倒す!」と叫び返した。

「やってみろ!できるものなら!竈門炭治郎!!」と睨む無惨。

 

そして決戦へ・・・!!

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2018 All Rights Reserved.