漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【鬼滅の刃 140話】のネタバレ。

WRITER
 
鬼滅の刃140

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

12月22日発売の2019年4・5合併号、週刊少年ジャンプに連載中の「鬼滅の刃140話」のネタバレです。

前回の139話は下記にまとめています。まだの方はご覧ください。

ネタバレ

炭治郎の刃は届かず、上下左右がめちゃくちゃな屋敷へ落ちて行った。

 

前後の状況は不明だったが、抑え込んでいた珠世がいつまで保つかわからない為、一刻も早く無惨のところへ行き、倒さなければならなかった。

炭治郎は、このまま底に叩きつけられて死ぬことを避けるため、技を繰り出して軌道を変え、建物のどこかを掴もうとしたが、体勢が悪く、落下の圧で踏ん張りが利かなかった。

 

その時、落ちていく炭治郎の服を力強く掴んだのは義勇だった。

義勇に礼を言う炭治郎の背後に鬼の姿が迫り、とっさに炭治郎は『水の呼吸壱ノ型 水面斬り』で鬼の首を落とした。その様子を見ていた義勇が更に炭治郎の名前を叫ぶ!

隣の襖からなだれ出る鬼の波。

炭治郎は『水の呼吸陸ノ型 ねじれ渦』、義勇は『水の呼吸参ノ型 流流舞い』で全ての鬼を斬った。

 

炭治郎は、自分のわずかな動きから何の技かを把握し、その後にお互いが斬り合わないように技を出して動く義勇の凄さに「この人やばい」と唖然とするのだった。

そんな炭治郎をよそに無表情で次の道へと進む義勇。

 

その頃、『蛇の呼吸伍ノ型 蜿蜿長蛇』で次々と鬼達を迎え撃ち、「甘露寺に近づくな、塵共」と凄む伊黒に、甘露寺は感激し「伊黒さん、素敵!!」と大興奮だった。

 

一方、悲鳴嶼と時透も鬼を斬り倒しながら、下弦程度の力を持たされている凄い量の鬼を使い、力を消耗させるつもりだと予想していた。

ふいに後ろから、「お館様は?」と時透から聞かれたが、悲鳴嶼は振り向かずに「一足先に逝かれた。堂々たる最後だった」と語った。

お館様は自らを囮にしたのではと聞く時透に、悲鳴嶼はまた振り向かず肯定した。

余命幾許もなかったために・・・

 

時透は自分が鬼に襲われ、生死の境をさ迷っていた時に、お館様がずっと励ましてくれたことを思い返していた。お館様は今際の際の隊士たちには同じくそうしていた。

父のように。

無惨は兄だけでなく、父まで奪った。

涙を流し、無惨を嬲り殺しにして地獄を見せると心に誓う時透に、「安心しろ・・・皆同じ思いだ」と、共に復讐を誓う悲鳴嶼だった。

その頃、実弥はお館様を守れなかった事を悔み、一人座り込んでいた。

そこへ鬼が襲いかかるが、座ったままの姿勢で鬼を切り刻んだ。

次から次へと湧く鬼に、「皆殺しにしてやる」と涙を流し叫びながらも、その顔には憎しみが溢れていた。

 

また別の場所では、伊之助が「猪突猛進!!」と叫びながら、目の前にバカスカ現れる鬼を斬りながら修業の成果を試していた。

 

玄弥も戸惑いつつ、他のみんなや兄貴の無事を願っていた。

 

善逸は「絶対に許さない」と、音がした方に無惨がいるかもしれないと向かっていた。

 

胡蝶は血の匂いを感じながら、一人廊下をさ迷っていた。気になった扉をそっと開けた瞬間に目に入ってきた光景は、橋の中心で女達の死体の骨をボリボリと貪る人影だった。

胡蝶に気がつき、「ん?」と振り向いたその顔は・・・

「女の子だね!若くて美味しそうだなぁ。後で鳴女ちゃんにありがとうって言わなくちゃ」と血だらけの顔で無邪気に笑う童磨だった。

怒りで顔をゆがませる胡蝶。

 

余裕の童磨現る・・・

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2018 All Rights Reserved.