漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【鬼滅の刃 142話】のネタバレ。神童の天命は?

WRITER
 
鬼滅の刃142

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月21日発売の2019年8号、週刊少年ジャンプに連載中の「鬼滅の刃142話」のネタバレです。

前回の141話は下記にまとめています。まだの方はご覧ください。

ネタバレ

神童の天命はー

 

綺麗な着物を着せられ、煌びやかなつい立ての前で、花に囲まれ微笑む幼い頃の童磨。

「俺は子供のころから優しかったし賢かった」

「可哀想な人たちを、いつだって助けてあげたし、幸せにしてあげた」

「それが俺の使命だから」

 

童磨の両親は、童磨の瞳には虹があり、白橡の頭髪は無垢な証、故にこの子はきっと特別で、神の声が聞こえていると信じていた。そして、極楽教という宗教を作った。

 

童磨は神の声など一度も聞こえず、崇められ祈られることに困惑した。

子供相手に泣きながら相談し、極楽に導いて欲しいと頭を下げる大人を見て、童魔は泣いた。

極楽なんて存在しない。人間が妄想して創作したお伽話なんだと知っていたからだった。

神も仏も存在せず、死んだら無になるだけ。

こんな単純なことも受け入れられない、頭の悪い気の毒な人たちを、幸せにして助けてあげる為に自分は生まれてきたのだと思った。

 

「うーん、五回目。これも駄目だね、効かないや」

ニッコリ微笑む童磨。

童磨の血鬼術を吸ったせいで、肺胞が壊死したしのぶは、息が上がり、大量に汗をかいていた。そんなしのぶを心配する童磨に、これが上弦の強さなのかと実感した。

 

しのぶは連撃で大量の毒を討ちこもうと、『蟲の呼吸 複眼 六角』を仕掛けた。

しのぶの攻撃を受けつつも、速さを褒める童磨。

だが、しのぶもまた、知らぬ間に童磨に斬られていた。

左肩からざっくりと斜めに斬られたしのぶは、倒れこんだ。

 

そんなしのぶに、その速さなら毒じゃなく頸を斬れたら勝てたかもしれないが、小さいから無理かと笑う童磨。

 

その言葉に、しのぶは自分の体の小ささを恨んだ。

手足が長ければ筋肉の量も多く有利である。姉のカナエの身長や安心感のある悲鳴嶼を羨んだ。

亡くなる直前のカナエが、”多分しのぶは鬼に負ける”と言おうとしてやめたのだと想像し、涙を浮かべた。

その時だった。

「しっかりしなさい。泣くことは許しません」

姉の声が聞こえた。

立つようにと促されたが、左の肺もざっくり斬られ、息もできないと言い訳するしのぶ。

「関係ありません。立ちなさい。蟲柱 胡蝶しのぶ」

どんな犠牲を払っても勝つと、私ともカナヲとも約束したと、なおも語りかけるカナエ。

 

しのぶの脳裏に心配そうに見つめるカナヲの姿が浮かんだ。

 

そこへ、半端に斬ったから苦しいだろうと、近づいてくる童磨。

 

カナエはしのぶの肩に手を置くと、

「しのぶならちゃんとやれる。頑張って」

と、励まして消えた。

 

しのぶは立ちあがった。

 

その姿に、鎖骨も肺も肋も斬って、出血量も致死量なのにと驚く童磨。

 

肺に血が入りこみ、ゴロゴロと音をさせながら血を吐くしのぶに、すぐに首を落としてあげるから意地をはるなと微笑む童磨。

 

”狙うなら、やはり急所の頸。頸に毒を叩き込めば、勝機はある”

 

『蟲の呼吸 蜈蚣の舞い 百足蛇腹』

 

四方八方にうねる動きと橋を割る程の踏み込みに驚く童磨。

 

あまりに速く、攻撃を読めなかった童魔は、しのぶにむけた攻撃をかわされ、頸に渾身の一撃を浴びた。

 

この一突きに全てをのせて!!

 

感想

童磨の異常性は、両親によって作り上げられたものだと分かりました。

しのぶの諦めない強い心と、カナエの愛情溢れる言葉に感動しました。

どうかしのぶの渾身の一撃が、童磨に効いている事を願います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.