漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

鬼滅の刃147話のネタバレと感想!炭治郎vs猗窩座!猗窩座が本気で向かう!

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月25日発売の2019年第13号、週刊少年ジャンプ連載の「鬼滅の刃」147話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

ネタバレ

 

悲しみの果て。滲んでいく情景、記憶。

 

屋敷の見取り図を描く輝利哉の妹。

だが、失った両親と姉達の姿を思い出し、その目からは大粒の涙が溢れていた。

 

「泣くな。絶対に手を止めるな。私たちは負けない」

 

振り向きもせず発せられた輝利哉の言葉に、驚きながらも返事をし、作業を続ける妹。

 

襖の前で正座をする、天元と煉獄。

 

天元は、輝利哉が父達を亡くした心痛も癒えない中、鬼殺隊の指揮を執り、自分の使命を果たそうとしている事を立派だと言った。

 

煉獄はその言葉に同意した。

そして、年端もいかない子供たちが、わが身を振るい立てて頑張っている姿に感銘を受け、自分も、亡くなった息子である杏寿郎同様に煉獄家の名に恥じないよう、命を賭して守ることを誓った。

 

布団に横たわる禰豆子を看病する鱗滝。

 

お館様に協力していた珠世という鬼が寄越した薬を禰豆子に使った鱗滝は、苦しげに呻く禰豆子の汗を拭きながら考えていた。

 

”果たして禰豆子は、人間に戻れるのだろうか”

 

禰豆子が人間に戻れば、無惨の目論見は潰える。

千年以上かけて探し続けてきた完全体の夢、太陽の克服はふりだしに戻る。

日光で消滅しない鬼は、この長い年月で禰豆子一人だけ。

 

緊張から鱗滝の心臓は激しく高鳴った。

深呼吸をして、心を落ち着かせる鱗滝。

 

最終局面、という言葉が何度も頭をよぎる鱗滝。

その度に体の芯が震え、心拍が上がる。

この長い戦いが、今夜終わるかもしれない。

まさかそこに、自分が生きて立ちあうとは思いもよらなかった。

 

 

鱗滝は、炭治郎と出会った時を思い出した。

 

炭治郎が鬼になった妹を連れて来た時から、大きな歯車が回り始めた気がした。

今までの戦いで築造されたものが巨大な装置だとしたならば、炭治郎と禰豆子という2つの小さな歯車が嵌まり、停滞していた状況が一気に動き出したと感じた。

 

”負けるな禰豆子。負けるな炭治郎。絶対に負けるな”

 

鱗滝は強く願った。

 

その頃、炭治郎は猗窩座と対峙していた。

 

”ヒノカミ神楽 火車!!”

 

炭治郎は、攻撃を仕掛けてきた猗窩座をかわすと同時に、刀を猗窩座の左腕めがけて振りかざした。

 

”いけ!!いけ!!いけ!!腕ぐらい斬れなきゃ、頚なんて斬れない”

 

それを見守る義勇。

 

歯を食いしばり、力を込めた炭治郎の刀は、見事に猗窩座の左腕を斬り落とした。

 

”斬れた!!攻撃も躱せた。通用する。戦える”

 

次は頚を狙おうと振り向いた炭治郎の目前に、猗窩座の裏拳が迫っていた。

 

”ヒノカミ神楽 幻日虹”

 

またしても攻撃をかわした炭治郎。

拳が空をきり、驚く猗窩座。

その背後に着地をし、刀を構えなおした炭治郎。

振り向いた猗窩座の顔面に傷が付き、血が飛び散った。

 

義勇は、格段に技が練り上げた炭治郎に驚いていた。

 

猗窩座の傷はすぐさま消えていった。

炭治郎は、激しく息をしながら集中した。

 

義勇は、上弦の参を相手にこれ程の戦いをする炭治郎を見て、考えていた。

炭治郎の実力は、柱に届くと言っても過言ではない。

 

あの日、雪の日で、絶望し、頭を垂れ、涙を流しながら、妹の命乞いをするしかなかった炭治郎が、戦えるようになった。

命を、尊厳を、奪われないために。

 

”この少年は弱くない。侮辱するな”

 

杏寿郎のその言葉は正しかったと認め、敬意を表すると言うと、武術のような構えをとった猗窩座。

 

『術式展開』

 

踏み込んだ足元の床は破壊され、雪の結晶のような大きな印が現れた。

その上でにやりと笑い、猗窩座は言った。

 

「さあ、始めようか。宴の時間だ」

 

強者の調べがはじまる・・・

 

感想

幼い輝利哉や妹達の気持ちを考えると、切なくて可哀想です。

炭治郎に油断していた猗窩座が、本気を出し、どんな技を繰り出すのか気になります。

禰豆子が人間に戻れて、炭治郎が猗窩座に勝利する事を願います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.