漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

鬼滅の刃148話のネタバレと感想-義勇vs猗窩座の死闘の始まり!

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月4日発売の2019年第14号、週刊少年ジャンプ連載の「鬼滅の刃」148話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

 

鬼滅の刃の148話 ネタバレとあらすじ

 

交ざりし闘志、死戦開幕!!

 

義勇、動く!!

 

『水の呼吸 参ノ型 流流舞い』

 

義勇は、水の流れるような動きで攻撃を仕掛けた。

 

猗窩座は、水の柱に遭遇したのは五十年振りだと言って喜んだ。

 

『破壊殺・乱式』

 

猗窩座の凄まじい攻撃が義勇に向かっていった。

 

『水の呼吸 拾壱ノ型 凪』

 

義勇は静かにかわし、後ろで建物が破壊された。

 

その技を見た猗窩座は、以前殺した水の柱は使わなかったと言った。

 

そこへ、炭治郎が攻撃を仕掛けた。

 

『ヒノカミ神楽 烈日紅鏡!!』

 

だが、猗窩座の姿は消え、気付いた時には炭治郎の後ろにいて、首を目がけて手刀を打とうとしていた。

 

炭治郎は慌てて、『ヒノカミ神楽 幻日・・・』とかわそうとしたが、間に合わなかった。

 

その時、義勇の攻撃によって、炭治郎の首もとを狙っていた猗窩座の腕は、スッパリと切り落とされた。

 

『水の呼吸 弐ノ型 水車』

 

だが、振り向いた義勇の目に映ったのは、『ビチ』という音と共にすぐさま元に戻る猗窩座の腕だった。

 

義勇の攻撃を受けた猗窩座に、すかさず炭治郎が足に向けて追撃する。

 

『ヒノカミ神楽 炎舞・・・』

 

だが、猗窩座は足を振り上げると、炭治郎に攻撃した。

 

『破壊殺 脚式 冠先割』

 

猗窩座の攻撃を、刀で受けた炭治郎だったが、鼻からは大量の血が吹き出した。

 

炭治郎の前に出た義勇。

その後ろで、鼻を拭いながら炭治郎は思った。

 

僅かにかすっただけで、この威力・・・!!

 

義勇の剣技を素晴らしいと褒める猗窩座は、覚えておきたいと義勇に名前を尋ねた。

 

だが義勇は、鬼に名乗る名前は持ち合わせていないと断ると、喋るのが嫌いだから話しかけるなと言い放った。

 

それでも猗窩座はめげずに、自分は喋る事が好きだから、何度でも名前を聞くと言って、義勇に攻撃をした。

 

『破壊殺 脚式 流閃群光』

 

猗窩座の足の連打を刀で受けた義勇は、建物を破壊しながら、凄まじい勢いで飛ばされた。

 

それを見た炭治郎が思わず叫んだ。

「義勇さん!!」

 

それを聞いた猗窩座は、炭治郎の耳元で、「アイツは義勇という名前なのか」と呟いた。

 

 

驚いた炭治郎は猗窩座に攻撃を仕掛けようとした。

だが、それより一瞬早く猗窩座が攻撃した。

 

『破壊殺 鬼芯八重芯 灼骨炎陽』

 

刀で受けた炭治郎だったが、ビリビリと迫る攻撃に負け、後ろに押し戻された。

 

猗窩座は、「短期間でよくぞここまで鍛錬した」と、炭治郎の動きを褒めた。

そして、杏寿郎は良い仕事をしたと言った。

あの夜地面に転がっていた炭治郎は、圧倒的弱者、雑草だったと言うと、興奮気味に叫んだ。

 

「だがどうだ!!今のお前は!!目を見張る成長だ!俺は純粋に嬉しい!心が躍る!」

 

荒い息を吐きながら、黙って聞く炭治郎。

 

そして猗窩座は、「杏寿郎は、あの夜死んで良かった」と言うと、笑顔で続けた。

 

「ともするとあれ以上強くなれなかったかもしれない。人間のままでいたがるような、くだらぬ価値観を持っていたし」

 

その言葉に、呆然とする炭治郎。

 

そして、笑顔の杏寿郎を思い出すと、目を見開いて猗窩座に言った。

 

「何だと?お前。お前はもう、黙れ。煉獄さんのことを喋るな」

 

だが猗窩座は、何故だと聞くと、炭治郎と杏寿郎のことを賞賛していると言った。

 

炭治郎は、その言葉を否定すると、侮辱しているだけで、誰に対しても唾を吐きかけていると言った。

 

猗窩座は、炭治郎の勘違いだと言うと、自分が嫌いなのは弱者のみで、唾を吐きかけるのは弱者に対してだけと、笑顔で言った。

 

さらに、弱者には虫唾が走り、反吐が出ると言い放つと、淘汰されるのは自然の摂理に他ならないと言った。

 

炭治郎は、猗窩座の言うことを全否定すると、猗窩座が今そこに居ることがその証明だと言った。

 

生まれた時は誰もが弱い赤子で、誰かに助けてもらわなければ生きられず、猗窩座もそうだと続けた。

 

「記憶にはないのかもしれないけど、赤ん坊の時のお前は、誰かに守られ、助けられ今生きているんだ」

 

「強い者は弱い者を助け守る。そして弱い者は強くなり、また自分より弱い者を助け守る。これが自然の摂理だ!」

 

炭治郎は刀を猗窩座に向けて叫んだ。

 

「猗窩座!俺はお前の考え方を許さない!これ以上お前の好きにはさせない!」

 

それを聞いた猗窩座の顔からは笑みが消え、拳を握った。

 

煉獄の意思を継ぐ者として・・・!!

 

感想

義勇の素晴らしい剣技や、炭治郎の鍛錬した技に、猗窩座も褒め称えましたが、やはり、猗窩座には及びませんでした。

杏寿郎に対しての暴言に怒りを覚えた炭治郎が、猗窩座とどのように戦うのか楽しみです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.