漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

鬼滅の刃149話のネタバレと感想!猗窩座vs炭治郎!猗窩座が感じる不快感

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月11日発売の2019年第15号、週刊少年ジャンプ連載の「鬼滅の刃」149話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

ネタバレ

 

”強敵”との対峙に・・・”

 

”理解した。俺はコイツを生理的に受けつけないのだ”

 

猗窩座は炭治郎と対峙しながら考えていた。

 

”金属に爪を立てるような、神経に障る嫌悪感。不協和音に吐き気がする”

 

猗窩座は、自分が勘違いしていた事に気がついた。

 

炭治郎を不快に感じたのは弱者だからだと思っていたが、強くなっても尚、不快感が消えなかった。

それは、炭治郎の目が、声が言葉が、全て、猗窩座の臓腑を内側から鑢で削りつけてくるようだった。

 

”何をするにも、はじめは皆、赤ん坊だ”

”周りから手助けされて、覚えていくものだ”

 

猗窩座の肩に、背後から手が置かれた。

 

”他人と背比べをしてるんじゃない。戦う相手はいつも自分自身だ。重要なのは、昨日の自分より強くなることだ”

 

猗窩座の背後には男の姿があった。

 

”それを十年、二十年と続けていければ立派なものさ。そして今度は、お前が人を手助けしてやるんだ”

 

少し笑った口元以外の顔は見えない。

 

猗窩座は、思わず、肩にあるその男の手を振り払った。

 

空を切る猗窩座の腕。

 

男は幻だった。

 

後ろを振り向いたまま呆然とする猗窩座と、その様子を見て驚く炭治郎。

 

”何だ?何もない所を振り払ったぞ”

 

猗窩座は炭治郎の方へを振り向くと言った。

 

「炭治郎やはりお前は不快だ」

 

そして炭治郎へ向かって勢いよく踏み込み、技を仕掛けた。

 

『破壊殺・砕式 万葉閃柳(まんようせんやなぎ)』

 

大きな破壊音と共に広がる閃光。

 

 

ギリギリの所でかわしながら炭治郎は思った。

 

”速い・・・!!途轍もなく・・・!!”

”いや速いというより、これは・・・この感じ、この正確さ。これは・・・”

 

必死に避けた炭治郎に、間髪いれず向かってくる猗窩座。

 

気づいた時には、猗窩座の顔面は下から上がってきた。

 

”下・・・っ!!”

 

『破壊殺・脚式 飛遊星千輪(ひゆうせいせんりん)』

 

クルクルと円を描くようにして蹴りあげた猗窩座。

炭治郎は攻撃を受け、血反吐を吐いた。

何とか動作予知をして攻撃を受けるが、威力が凄すぎて負傷を零にできなかった。

 

”正確無比な技・・・!!羅針盤のように確実に隙を刺してくる”

 

人体の急所に向かって来る猗窩座の攻撃は、磁石に吸い寄せられているようだった。

 

”なぜだ?何だろう、何に反応して吸い寄せられるんだ?”

 

炭治郎は、今までの猗窩座の言動を推理すれば、それが何なのかわかると考えた。

猗窩座との会話を思い出しながら戦う炭治郎。

 

『ヒノカミ神楽 飛輪陽炎(ひりんかげろう)』

 

炭治郎の刀は、猗窩座の首もとでゆらゆらと揺らめいて、確実に避けたと思っていた猗窩座の首筋を斬っていた。

 

猗窩座は、面白い技だと笑った。

 

ぶつかり合う二人の技。

 

その頃、亡くなった炎柱・煉獄杏寿郎の弟である千寿郎が、お館様の元へ向かった父と炭治郎を守ってくれるようにと、兄の仏前で必死に拝んでいた。

 

千寿郎は、日の呼吸の剣士が無惨と対峙した時の話について、当時の炎柱が書に示していたものを、炭治郎の役に立つのではないかと考え、手紙を出していた。

 

だが、千寿郎の手紙はまだ炭治郎に届いてはいなかった。

受け取る前に炭治郎と猗窩座の戦いが始まってしまい、手紙は瓦礫の陰で震える鴉の足にくくり付けられたままだった。

猗窩座に勝たなければ読めない。

 

『ヒノカミ神楽 円舞・・・』

 

猗窩座の頭部に振り下ろされた、炎に包まれた炭治郎の刀。

それを猗窩座が両手で挟んで止めた。

 

”しまった!!折られる!!”

 

焦った炭治郎は、咄嗟に猗窩座に頭突きをした。

それでも猗窩座は炭治郎の刀を離さなかった。

 

”離せ離せ!!離せ!!”

 

炭治郎は必死に猗窩座の顎を蹴りあげた。

 

それでもシッカリと挟みこんだ刀を離すことはなかった。

 

その時、猗窩座の両手首が、炭治郎の刀を持ったまま切り落とされた。

 

「義勇さん!!」

 

思わず笑顔で名前を呼ぶ炭治郎。

 

義勇は猗窩座の方を振り返ると言った。

 

「俺は頭にきてる。猛烈に背中が痛いからだ。よくも遠くまで飛ばしてくれたな、上弦の参」

 

ズキズキと痛む義勇の背中。

 

静かに怒れる、義勇帰還!

 

感想

猗窩座の技の秘密を必死に考える炭治郎が、その答えに辿り着く事を願います。

そして、千寿郎の手紙の内容も気になります。

さらに、背中の痛みにイラつく義勇の反撃が楽しみです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.