漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

鬼滅の刃150話のネタバレと感想!戦いは好まない義勇だが…実力がどんどん湧いてくる

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月18日発売の2019年第16号、週刊少年ジャンプ連載の「鬼滅の刃」150話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

 

鬼滅の刃150話のあらすじとネタバレ

 

 

流麗なる刃に覚悟をのせて・・・

 

死闘の合間に・・・

 

猗窩座と対峙する義勇。

 

義勇は、極力刀を抜きたくはないし、誰かれ構わず娯楽のように手合わせするのも好きではないが、猗窩座という、己が圧倒される強者と久々に出会い、短時間で感覚が鋭く練磨されるのが分かった。

閉じていた感覚が叩き起こされ、強者の立つ場所へ引きずられる。

 

義勇の頬に浮き出てくる痣。

 

限り限り(ぎりぎり)の命の奪り合いというものが、どれ程人の実力を伸ばすのかを理解した。

 

「義勇さん」

その痣を見て、思わず名前を呼ぶ炭治郎。

 

義勇は刀を構え、猗窩座へ向かった。

猗窩座の攻撃をしゃがんで避けると同時に、義勇は猗窩座の頸を狙った。

円を描いた刃は、上半身を後方へ倒して避けた猗窩座の頸をかすった。

 

猗窩座は後ろへ宙返りして、義勇との間を取った。

 

”痣が発現。速度が”

 

”上がった!!”

猗窩座と炭治郎は感じた。

 

義勇が技を仕掛けた。

 

『水の呼吸 肆ノ型 打ち潮』

 

流れるような動きの刀を、猗窩座は右手の拳で受けた。

義勇の顔に飛ぶ血しぶき。

 

”速い!!どちらも”

 

二人の戦いを見ながら、炭治郎は考えた。

義勇の上がった速度に、猗窩座はすぐ順応した。

長期戦になれば、永遠に体力の続くわけじゃない人間は、圧倒的不利!!

そもそもの目的は無惨を倒すことであり、珠世のことも心配だった。

 

”急げ。早く、早く倒せ。急がないとみんな死ぬ。みんな・・・”

 

手を震わせながら考える炭治郎。

 

”落ちつけ!!”

 

ギュッと目をつむり、炭治郎は考えた。

 

なぜ猗窩座の攻撃は磁石のように正確で、背後や死角からの攻撃にも必ず反応するのか。

 

「その闘気。練り上げられている。至高の領域に近い」

煉獄との戦いで猗窩座が発した言葉を思い出した炭治郎は、闘気とは何かを考えた。

 

自分が匂いで色々なことを感知できるように、猗窩座も闘気で何かを感知しているのか。

 

「ヒリヒリすんだよな。敵が狙ってくる所は」

炭治郎は、以前、伊之助とした会話を思い出した。

 

伊之助は後ろからだろうが、誰かが見ていれば分かると言って、実際にやって見せた。

炭治郎が、伊之助の右肩をジッと見つめると、見事にいい当てたのだった。

 

そして、伊之助は言った。

特に殺気は、体の皮にグサグサ刺さってきて、一発でわかる、と。

 

”伊之助も研ぎ澄ました肌の感覚で、目には見えないものを感知していた”

 

その時の会話を思い出す炭治郎。

 

殺気や害意がない奴には気づきづらい。

殺気を出さずに近付ければ、殺せない奴はいない、と言う伊之助。

 

殺気を出さずに鬼を殺すのは不可能だという炭治郎に、納得する伊之助だった。

 

たわいもない会話だが、何か核心をついているような気がする炭治郎。

 

猗窩座の感知する(と仮定する)闘気は何かを考えた。

”殺気とは違うのか?闘おうとする意志?鍛錬した時間?それとも量?俺の、匂いでの動作予知のようなもの?”

 

”猗窩座の闘いの羅針盤。狂わせる方法はないか?”

 

義勇の刀と猗窩座の攻撃がぶつかり合った大きな音で我に返った炭治郎は、猗窩座に攻撃を仕掛けた。

 

『ヒノカミ神楽・円舞・・・』

 

猗窩座の頸を後ろから狙った炭治郎の刀を、猗窩座は左手で掴むと、すかさず右手で、炭治郎のがら空きの胴へ裏拳を放った。

 

”入る!!”

 

炭治郎は思い切り体を上空へ持ち上げて避けると、そこへ義勇が攻撃を仕掛けた。

 

風圧で斬れた炭治郎の腹。

炭治郎の刀は、猗窩座の指から外れた。

 

激しくぶつかり合う、義勇と猗窩座。

 

炭治郎はその様子を見て思った。

 

”闘気。磁石。羅針盤。感知。殺気。不可能。至高の領域”

 

”そうか、あれだ”

 

刹那、気づく・・・

 

感想

無駄な闘いは好まない義勇ですが、猗窩座との戦いで、自分の実力が伸びていることを実感し、興奮しているように感じました。

そんな義勇の力にも、即座に順応する猗窩座の強さにはなす術がないと思いましたが、炭治郎が伊之助との会話から、何か対応策を思いついたようです。

その策がどのようなもので、猗窩座に通用するのか、次回が楽しみです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.