漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

鬼滅の刃151話のネタバレと感想!猗窩座との戦いに勝つヒントとは!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月25日発売の2019年第17号、週刊少年ジャンプ連載の「鬼滅の刃」151話のネタバレと感想をまとめました。

前回話のネタバレは下記の記事にまとめているので、まだでしたらまずはこちらからどうぞ。

 

鬼滅の刃151話のネタバレとあらすじ

父と子。歩んだ道は確かにそこに。

 

戦いの間、蘇る記憶。

 

【父は植物のような人だった。感情の起伏が殆ど無い人で、いつも穏やかだった】

 

木陰に静かに佇む、炭治郎の父。

 

【病死する直前でも、それは少しも変わることがなく】

 

柔らかい笑みを浮かべながら、炭治郎を見る父。

 

【父を思う時、一番に浮かぶのは柔らかな笑顔と、川の細流のように落ち着いた声だ】

 

「父さんはヒノカミ神楽を舞う時、何を考えているの?」

幼い炭治郎が、父に聞いた。

 

一年に一度、年の初めに代々竃門家が行ってきた神楽は、日没から夜明けまで、延々と続ける過酷なものだった。

全部で十二ある舞い型を、夜明けまで、何百何千何万と繰り返す。

 

病の父の体を心配し、辛ければ来年から自分が代わると言う炭治郎に、父は礼を言いながらも、ここ数年は神楽を辛いと思ったことはないと答えた。

 

炭治郎と草履を編みながら、父は続けた。

自分が爺ちゃんから神楽を習ったばかりの頃は、今より若く健康で力もあったのに、無駄な動きが多く、息も絶え絶えになり辛かった。

大切なのは正しい呼吸と動きであり、最小限の動作で最大限の力を出すこと。

 

「そうすると、段々頭の中が透明になってくる」

「透明・・・」

 

不思議そうに呟く炭治郎に、父は説明した。

始めのうちは動きや感覚を覚えて、拾わなければならない。

五感を開き、自分の体の形を血管の一つ一つまで認識する。

この時は本当に苦しく、このまま踠き続けても、先が行き詰まっているとしか思えない。

たくさんのことを覚え吸収した後は、必要でないものを削ぎ落とす。

 

「その動きに必要なものだけ残して閉じる」

「閉じる?」

 

父は、炭治郎に優しく説明した。

「人はよく聞こうとする時、目を閉じるだろう?そういうふうに、その瞬間最も必要なものを選び取っていくんだよ」

 

やがて体中の血管や筋肉の開く閉じるを、まばたきするように早く簡単にこなせるようになる。

その時、光明を差す道が開ける。

頭の中が透明になると”透き通る世界”が見え始める。

しかしこれは、力の限り踠いて、苦しんだからこそ届いた”領域”。

 

自分もそこに行けるかと聞く炭治郎に、「弛まぬ努力を続ければな」と、父は優しく炭治郎の頭を撫でた。

そして、完成した草履を炭治郎に渡した。

 

父が病死する十日前、熊が人を襲って喰う事件が、一つ向こうの山で起き、家の周りに篝火を焚き、鈴のついた縄を張り巡らしていた。

 

眠っていた父は、ふと目を覚まし、炭治郎を起こした。

寝ぼけ眼で返事をする炭治郎に、父はついて来るように言った。

 

雪が舞う中、鈴縄の外にいたのは、立ち上がると九尺はあろうという巨躯の熊だった。

人間を六人食い殺した熊を見て、炭治郎は木陰で怯えていた。

熊が鈴を鳴らさぬうちから気配に気づいた父は、病気の体で斧一本で熊と対峙していた。

 

「腹を空かしているのは気の毒だが、それ以上こちらに来るのは許さない」

 

げっそりと痩せこけた父は、熊を見上げながら言った。

 

「俺の家族に危害を加える者は、何人であろうと容赦はしない。警告をきかない場合、命を奪うこととしている」

 

父はそう言って、斧を構えた。

 

”父さん。父さん、どうしたら・・・。俺は何をすればいい?”

 

震えながら見守る炭治郎。

 

吹雪の中、微動だにせず見合う父と熊。

だが突如、熊が大きく吠え、その体が鈴縄に触れた。

 

その瞬間、父の持つ斧の刃は熊の首もとにあった。

人間の胴体ほどの太さがある熊の首が、鈴の音と共にコトンと落ちた。

 

炭治郎は、目では追えなかったが、あの斧の幅で首を落とすには、まばたきの間に二回切り込んだのだろうと思った。

父の匂いは少しも揺れず、熊の首を切る前後で恐怖もなく、怯みもせず、殺気も放たなかった。

ただいつも通り、植物のような気配の父がそこにいた。

 

倒れた熊の前に佇む父が、炭治郎を振り返り「ちゃんと見たか」と言った。

「見た。み、見たよ。父さん。だい、大丈夫?」

半泣きの炭治郎。

「今見たことを忘れるな」

父はそう言って、駆け寄った炭治郎を抱きしめた。

 

【父は自分の力をいたずらにひけらかす人ではない。あれは、見取り稽古をさせてくれたんだ】

【”透き通る世界”が見える父さんの体捌きから、俺が学べるよう】

 

「絶対に諦めるな。考え続けることだ。どんな壁もいつか打ち破る。弛まぬ努力で」

 

父の言葉を思い出し、炭治郎は思った。

 

”わかってる、父さん。だからあの時、猗窩座の吸いついてくるような、あの不可避の一撃を躱せた”

 

炭治郎の横っ腹へ向けて放たれた、猗窩座の裏拳。

 

多分あの一撃は、命を完全に奪うものだった。

義勇と代わる代わる技を出し、一瞬の休息を取りつつ、致命傷になるような一撃からは庇ってもらっていたが、あの瞬間は義勇でも間に合わなかった。

だが、炭治郎は無理かもしれないとは思わなかった。

 

”一瞬だけ感じたんだ。一瞬だけ入れた。あの世界”

 

炭治郎の見た、透けた猗窩座の体内。

 

”透き通る世界”

 

体が透き通って見えた。

半天狗が自身の心臓に隠れていた時も同じだった。

見えたのか、嗅いだのかはわからない。

 

”回避。それだけに集中して、他の感覚は閉じた”

 

猗窩座の掴んだ自分の刀を軸に、上へ飛び、猗窩座の裏拳を躱した炭治郎。

 

”未だかつてない程、体が速く動いた”

 

以前、伊之助の意見を否定してしまったことを謝り、お前は正しかったと考える炭治郎。

 

”急げ。義勇さんが相手をしてくれているうちに、これを使いこなして猗窩座に勝つ!!”

 

炭治郎の顔つきが変わった。

 

見出した勝機!!

 

感想

父との思い出から、猗窩座との戦いに勝つためのヒントを得た炭治郎。

父から受け継いだ技を使いこなし、猗窩座に勝つ炭治郎を見れるのか、楽しみです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.