漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

古見さんは、コミュ症です183話のネタバレ!お盆の帰省を一人で行くように言われた古見さんは…!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年2月20日発売の週刊少年サンデーに連載中の古見さんは、コミュ症です。「183話目 高速バス。」のネタバレです。

 

前回の内容は下記にまとめています。よかったらご覧になってください。

ネタバレ

古見さんが家でくつろいでいると携帯が鳴る。

 

いとこのあきらから、お盆帰る時早めに来て一緒に遊べないかという内容を見た古見さんは(かわいい奴め)と思いながらメールを見ている。

 

お母さんにそのことを伝えると、先に一人で新幹線で行くよう勧められ、

 

「!」

 

フルフル震えながらも(フ・・・フンス!!)とこぶしを握り、行く決意をする。

 

「では新幹線代の進呈式を始めまーす!!テーンテーンテテーン。」と明るいお母さんを目の前に、一人で新幹線に乗ることが不安でたまらなくなってきた古見さん。

 

ふと横を見ると弟の笑介がいることに気が付き、捕まえに行く。

 

「ちなみにお母さんは”新幹線”って言ったけど、別にどう行ったっていいのよ?浮いたお金はお小遣いにしたらいいじゃない?」と、お母さん。

 

「!」

 

即座にパソコンを開いて調べる古見さん。

 

2人はコンビニに行って高速バスの予約チケットを受取り、古見さんは笑介にグッと親指を立ててアピールをする。

 

当日、高速バス乗り場では、勝手が分からずオロオロしながらもなんとか席を見つかることが出来た古見さんは、弟を置くに誘導しここぞとばかりに姉感を見せる。

 

座ったとたん、ここまでの一連の流れを笑介に向かってドヤ顔する古見さん。

 

着々と席が埋まってきてソワソワする古見さん。

 

リクライニングを倒したい古見さんは、

 

(後ろの人に一言言わないと失礼じゃ・・・でも急に声をかけて相手をびっくりさせるかも・・・そもそも声なんてかけられるの?)

とひとりで葛藤。

 

ふと横をみると、早くもリクライニングを倒してのびのびしている笑介。

 

「!?」

 

自分もやってみようと古見さんは後ろの人にペコッとおじぎをし、チョビチョビと動かす。

 

なんとかリクライニングを倒すことができ、またもや笑介を見てドヤ顔をする古見さん。

 

すると「えー本日はhsだiでyありfsgはじぇfせyす。」と、運転手が何を言っているか分からない高速バスあるあるのアナウンス。

 

周りはなにやらガサゴソし始め、寝る準備をし始める。

 

何も準備してきてない古見さん。

 

隣ではすでにブランケットを借りて寝ている笑介。

 

「それでは消灯しddfヴぁiす。」

 

アナウンスとともにパッと電気が消えふるふる震える古見さん。

 

周りと同じく目をつむってみても眠ることが出来ずまたふるふると震えてしまう。

 

今度は寒さでブルッと震えてしまった古見さんは『ブランケットの貸し出し 運転手にお声がけください』の文字が目に入る。

 

しかし結局、声を掛けに行こうか迷うも行くことが出来ず、自分の上着を掛けて寝る古見さん。

 

そして15分休憩でサービスエリアに寄った際、古見さんは笑介の分も温かい飲み物を買ってきて渡す。

 

ホットミルクティーを飲んで、ほーっと温まる古見さん。

 

寒いのだろうと分かった笑介は、寝ている古見さんにそっと自分のブランケットを掛けてあげる。

 

もうそろそろ夜が明けそうなバスの外。

 

次回に続く。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.