漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

コウノドリ290話のネタバレと感想!父親から虐待を受けていたハヤト…

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

6月20日発売のモーニング2019年28号に連載中のコウノドリ290話のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧ください。

 

 

それでは290話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと「コウノドリ」が連載されているモーニング最新号を無料で読むことができます!

 

→(U-NEXT公式サイト)

 

コウノドリ290話のネタバレとあらすじ

 

病院で我が子のエコーに見入る夫婦。奥さんは、向井さんに見覚えが・・・?

 

通路の真ん中で、立ったままエコー写真に見入る夫。

帰ってゆっくり見ることを勧める妻だったが、夫は嬉しくてたまらない様子で写真を見続けていた。

「カワイイな・・・」

「も~・・・」

妻が何気なく振り返った時、通りかかった向井を見て、「あっ・・・」と声を上げた。

向井も気付き、お互い頭を下げた。

夫に知り合いかと聞かれたが、妻は否定し、「なんでもない」と答えた。

 

願うのは、彼女の「今」が幸せであること。

 

松井さんが再婚で妊娠し、上に前夫との間に生まれた小学6年生の男の子がいることを、サクラと向井に報告する小松。

「まあ~・・・今の旦那とはラブラブみたいだし・・・、再婚でも大丈夫だと思うんだけどね」

 

経済的には問題ないと思うが、一応向井にも伝えておこうと思ったと言うサクラ。

向井は、松井さんの前の名前が、丸山ホナミじゃないかと聞いた。

小松は頷き、「向井さん、知ってたんだ・・・」と言った。

 

「彼女の前のご主人、DVがあったのよ」

「え・・・」

「マジ?」

驚くサクラと小松。

 

向井は記憶を辿った。

今から7年前、当時のご主人は銀行員で、見た感じは普通の仲の良さそうな家族だった。

 

向井の携帯に、小児科から連絡が入った。

『今・・・外来に、腹痛のお子さんが来てるんですけど・・・。どうも虐待みたいなんです』

『・・・わかりました。すぐ行きます』

 

『・・・腹部に打撲による内出血・・・。肋骨も2本折れてます』

向井に子供の怪我の具合を説明し、父親は転んだと言っているが虐待が疑わしいと言う小児科医。

そして、このまま入院させて一旦保護することを提案した。

子供は何か言っているのか尋ねた向井。

小児科医は、何を聞いても何も言わないと答えた。

 

向井は、児童相談所と連絡を取り、入院させて男の子を保護することに決めた。

そして、確実に入院してもらえるように、慎重に両親と話をすることを提案した。

 

診察室で、両親に怪我の具合を説明する小児科医。

『ハヤトくんは、肋骨が2本折れてます』

『そうなんですか・・・。私達が目を離してる間に転んでしまったみたいで』

そう答えた父親の隣で、子供を抱き、無言で俯く母親。

小児科医は、ハヤトに痛くないか聞いたが、何も答えなかった。

 

折れた肋骨で、肺を損傷していないか調べるためにと、入院を勧める小児科医。

驚く両親。

母親は不安げに、『ハヤトは大丈夫なんですか?』と聞いた。

小児科医は頷き、念のためにお腹や内臓をよく調べてみると答えた。

すると父親が、ハヤトが怖がりで一人じゃ寝られないから、妻に付き添わせて、家で安静にさせると言いだした。

変わったコトがあればすぐに連絡して病院に来るし、妻もその方が安心だ、と。

 

無言で俯く母親。

小児科医は、再度お腹や内臓を調べることを勧め、見えない所から出血している場合もあると言った。

黙り込む父親。

 

その時、小児科医の後ろにいた向井が言った。

『そうですね。このまま、ハヤトくんが帰宅されてから急変・・・なんてことになったら、一大事ですもんね』

母親は、子供を強く抱きしめた。

 

『わかりました。ハヤトを、入院させます』

母親が震えながら言った。

 

その後、児童相談所が虐待と判断し、母親も暴力を受けていて大変だったが、子供は一旦保護され、その後彼女は離婚した。

 

「ヒドい旦那だったんだね・・・」

小松が呟いた。

向井は、一見周りからはとても恵まれた家族に見えたし、離婚したことで、経済的なコトも含め、彼女は失うものの大きさを感じたと思うと言った。

 

母親の両親に付いて尋ねるサクラに、田舎のご両親とはうまくいってなかったみたいだと答える向井。

そして、支援者のいない女性が一人で子育てするのは本当に大変だから、心配だったと語った。

小松は、新しいパートナーとは仲がよさそうでよかったと安心しつつ、外来でも気をつけて見ていくと言った。

向井も、心配だから関わらせてもらうと言った。

 

学校の校舎の前で座り込むハヤト。

友人のタカシが通りかかり、一緒に帰り始めた。

タカシに何をしていたのか聞かれ、「ボーっとしてた」と答えるハヤト。

別れ際、ボイスチャットでゲームをすることを約束した。

 

「・・・何これ」

家に付いたハヤトは、父親から赤ちゃんのエコー写真を渡され、呆然とした。

「ママに赤ちゃんができたんだよ」

嬉しそうに語る父親に、黒くてよくわからないと言って、興味なさげ背を向けた。

「なんだよ、ハヤトの弟か妹だぞ」

 

タカシとボイスチャットをすると言ってゲーム機を手にしたハヤトに、「ちょっと、ハヤト、宿題は?」と咎める母親。

あとでやると言ってあしらうハヤトに、母親は呆れた。

 

父親が、「男と女、どっちかな?」と母親に問いかけ、「おれはやっぱ男かな~」と言った。

「あは、ケンちゃん、気が早すぎだって~」と笑う母親。

 

ハヤトは、楽しそうに話す両親を横目で見た。

赤ちゃんについて嬉しそうに話す両親。

そこから離れた場所で、一人ソファに座るハヤト。

 

『おーい、タカシだけど。ハヤト、聞こえてる?おーい』

「・・・」

 

子の心、親知らず。

 

コウノドリをU-NEXTで無料で読む方法!

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、今すぐ無料で「コウノドリ」が掲載されている最新の週刊モーニングが読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

 

→(U-NEXT公式サイト)

感想

夫からの暴力から逃れ、やっと幸せを掴んだ松井さんですが、ハヤトにとっては、赤ちゃんが出来たことは素直に喜べないようです。

中々家に帰らない様子からも、疎外感を感じているのではないかと心配になります。

今後の展開が気になります。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.