漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

コウノドリ294話のネタバレと感想-インスタ映えと妊婦

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

 

7月18日発売のモーニング2019年32号に連載中のコウノドリ294話のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧ください。

 

 

それでは294話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと「コウノドリ」が連載されているモーニング最新号を無料で読むことができます!

 

→(U-NEXT公式サイト)

 

コウノドリ294話のネタバレとあらすじ

 

憩いの店の雰囲気が、最近ちょっと変わってきた。その原因はケータイにあり!

 

小松はラーメンを食べながら、サクラに、最近お店で写メを撮る人が多いと言った。

「インスタ映えってやつかね~」

「ああ、インスタ映え・・・。ところで小松さん」

サクラは麺をすすりながら小松に言った。

「インスタってなんなんです?」

「・・・」

小松は黙って汁をすすった。

 

「え・・・今さらそれ聞きます?」

サオリは少々引き気味に聞いた。

「あはっ・・・、なんとな~くは知ってんだけどね」

照れ笑いを浮かべながら、頭をかくサクラ。

「・・・でも、ウチらもう四十過ぎのおっさんとオバさんだからさ・・・」

同じく頭をかく小松。

 

サオリは説明した。

要はフェイスブックとかツイッターだとか、友人知人と情報を共有したり発信したりするSNSと一緒で、その中でもインスタグラムは、写真や動画投稿に特化したSNSである。

インスタは他人と写真や動画を共有して楽しめるし、芸能人や有名人の投稿なんかで私生活を覗くことができる。

 

納得するサクラの隣で、それの何が楽しいのかと聞く小松。

サオリは、それ言ったら炎上するやつだと注意しつつ、妊婦さんでもインスタやってる人は結構いると思うと言った。

「妊娠中に使うマタニティグッズや服だとか・・・、マタニティアートなんかもありますしね」

妊娠中の時間をそうやって楽しむのはいい事だと納得するサクラと小松。

 

サオリは少し困ったような表情を浮かべ、産後で入院中の母親がバッチリ化粧して、インスタに赤ちゃんとの写真を上げてる人がいると話した。

「産後なんだからゆっくり休めよな」

「サオリちゃん、言い方・・・」

 

「悪いことではないと思うけど・・・」

話を聞いていたエミが言った。

振り向くサクラ達。

 

エミは、妊娠中は一人で不安に感じることも多いので、インスタなんかで同じ妊婦と悩みを共有できれば解消することもある思うし、家に引きこもりがちになる産前産後は、インスタで誰かと繋がっている気になれるのは心強いと続けた。

それはあると思うと同意するサオリ。

エミはさらに続けた。

「ただインスタにハマリ過ぎてしまうのは、ちょっと問題かなとは思うけど・・・」

 

「いただきまーす」

食べようとした娘のカリンに、ちょっと待つように言う母親。

「まだインスタ用の写真、撮ってないから~」

母親はスマホで写真を撮った。

「おいおい、お前、妊娠中なんだからさ~」

窘める父親に、母親はスマホ画面を覗いたまま言った。

「ねぇ、パパ。影になってるからちょっとどいてよ」

「・・・」

 

「・・・ママ~、幼稚園遅れる~」

「待ってて~、ママ、今、お化粧中」

カリンを幼稚園に連れていくだけだろうと言う父親に、母親は化粧を続けながら、他のママもバッチリメイクしてくると言った。

「私だけスッピンってわけにはいかないでしょ」

 

右手はカリンと手を繋ぎ、左手にスマホを持ちながら歩く母親。

母親は、以前公園で撮った写真にたくさんいいねがついていると言って、カリンに見せた。

遅れると注意する父親。

そこへ、新型のベンツが通りかかり、母親がぼやいた。

「いいな~。ウチもあんなのだったら映えるのに~」

「パパも車、持ってるよ」

カリンに、父親の車は軽自動車で、自分が欲しいのはベンツだと説明する母親。

「パパ、カリンもベンツほしい!」

「パパもだよ~」

 

父親は、妊娠初期なんだから妊娠の事をインスタに上げないように注意した。

「もしも何か起きたら・・・」

「・・・」

「もしかして、もう、上げちゃった?」

 

「カリンちゃんママ、2人目妊娠おめでと~」

「インスタ見たよ」

園に行くと、インスタを見たママ友から祝福され、喜ぶ母親。

カリンがお腹の赤ちゃんの写真を嬉しそうに掲げるインスタを見ながら、いつもほっこりすると褒めるママ友。

 

父親は部下に、妻のインスタについて愚痴っていた。

部下も気持ちが分かると同調し、妻がインスタグラマーを目指していると言った。

 

インスタグラマーとは、フォロワー数を増やし、企業から商品の広告やブランドの広告塔として依頼を受ける仕事である。

 

妻がインスタにハマるのは夫の責任でもあると言う部下。

不思議に思う父親に、部下は、専業主婦である妻は毎日が同じ生活の繰り返しになりがちだと説明した。

「掃除して洗濯して・・・スーパーで買って・・・」

 

その頃、母親は自宅のリビングでインスタを見ながら、軽い食事をとっていた。

その時、お腹がズキンと痛んだ。

 

「・・・そんで、ガンバってご飯を作っても、旦那は無反応でただ黙々と食べるだけじゃないっすか」

「・・・確かに」

でもインスタに子供や家族、おめかしした自分や頑張って作った料理、スイーツやたまに行く外食などを上げると、フォロワーからいいねされると説明する部下。

「そりゃあ気分良くて、インスタの中の世界にもう一人の自分がいるように感じるわけですよ」

父親は部下の分析に感心しつつ、そこまで理解しているなら、なぜ奥さんがインスタにハマるのか聞いた。

部下は笑いながら、妻にとっての夢だから全面的に応援していると言った。

 

深夜、苦しげに呼吸する妻に気づいて起きた父親は、お腹を押さえて呻いているのを見て叫んだ。

「どーしたよ、おい!」

「お腹が痛い」

父親は急いでカリンを起こし、母親を病院に連れていくと言った。

「ちょっと待って・・・!」

カリンを抱っこした父親が振り向いた。

「化粧するから」

父親は一瞬絶句し、思わず叫んだ。

「そんなんいいから早く車に乗れよ!!」

 

「先生・・・、赤ちゃん、大丈夫ですよね・・・」

ベッドに横になった母親がサクラに聞いた。

サクラは神妙な面持ちをし、小松に、外科の霧原先生を呼ぶように言った。

 

霧原に、12週の妊婦で、出血もなく切迫流産兆候もないと説明するサクラ。

霧原が言った。

「赤ちゃんは元気です。鴻鳥先生・・・石だよ。これは胆嚢結石だね」

驚くサクラ。

 

お腹の中じゃ、映えないかも。

 

コウノドリをU-NEXTで無料で読む方法!

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、今すぐ無料で「コウノドリ」が掲載されている最新の週刊モーニングが読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

 

→(U-NEXT公式サイト)

感想

妊婦さんがインスタ映えに夢中になり過ぎるのは心配ですね。

赤ちゃんに異常がなくてホッとしましたが、胆嚢結石がどんな病気なのか気になります。

無事に出産できますように。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.