漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【くにはちぶ 第18話】最新話のネタバレ。どっちの味方?

WRITER
 
くにはちぶ18

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月17日発刊の少年マガジンエッジ2019年2月号に連載中の『くにはちぶ 第18話 ~どっちの味方?~』のネタバレです。

前回の内容は下記にまとめてあります。よかったらご覧になってください。

ネタバレ

“しね しね
おまえががんばれ
たたかわないなら
じゃまだから しね”

 

幼少期のかざりは写真に写る人々の顔をマジックで消している、笑顔で。

 

 

――階段の上で怯えるすずらんの肩に手を置き褒めるかざり。

階段の下ではうまく息ができず横たわっているりんご。

“・・・こういうことか
私の・・・したことは

すずらん・・・私はいつ・・・ 裏切ったんだろう・・・”

 

身動きの取れないりんごの元に、かざりが近づいてくる。

 

決まりを守らず学校に来ていることがすずらんはショックなんだとかざりは言う。

 

青ざめた顔をしたすずらんは目をそらす。

 

登校するということはくにはちを無視(いじめ)をすることだとかざり。

 

りんごはあざみたちに、これ以上いじめをしないよう学校へ来ており、何もしなければくに
はちぶは変わらないし法律に加担してしまう、だから学校に来て関わるしかない。

 

それは危険と隣り合わせだが、今までのいじめの償いも含めているため、すずらんに一緒に
来てとは言えないし、裏切ったつもりもない。

 

それを聞いたかざりは、優しくりんごを立たせる。

 

「登ろ?
もう一回落としてあげるね
何度でも落としてあげるね
学校に来たくなくなるまで」

かざりの言葉を聞き逃げ出そうとするが、怪我をしているりんごはうまく走れない。
すずらんに助けを求めるがりんごはまた階段から落とされてしまう。

 

 

――翌日、松葉杖をついて登校するりんご。

かざりが登校してくるということは、敵ということでいいか聞くと戦うというりんご。

 

「イイ!素敵!戦おうりんご!

徹底的にやっつけてやるんだから!」

 

 

その様子を廊下から覗いているすずらんにみんなが気付く。

 

逃げるすずらんをかざりとりんごが追い、その後を追うたんぽぽとあざみ。

 

屋上に続く扉まで来たすずらんは震えている。

 

 

たんぽぽとあざみがすずらんを見つけると、たんぽぽは学校に来てくれたことにお礼を言う。

 

あざみはりんごが階段から落ちたのか、落とされたのか聞くとすずらんは自分が落としたことを言った。

そこへりんごも現れ、すずらんがひどい写真を撮られ脅されていることをいなみとももかから聞き出したことを伝える。

 

 

後ろからかざりも現れ、すずらんの意思でしょ?と聞く。

その後もりんごとかざりの間でどっちの味方か責められるすずらんは、追い詰められる。

 

「何も思わない・・・
何も!考えられない!
いじめ?差別?そんなこと知らないよ・・・
意思なんてないよ・・・
なのに落としたんだ・・・
だから・・・私が一番悪いんだ
私は・・・敵でも・・・味方でも・・・ない・・・」

 

フラフラと立ち上がりかざりとりんごに謝る。

「じゃあ死んで?邪魔」 かざりの言葉にすずらんは扉を開け走ると屋上の塀の上によじ登る。

泣きながらりんごに本当は落としたくなかったことを伝えると、たんぽぽが前に出てくる。

「これから私の・・・

「言うこと」を聞いて!」 (つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.