漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

くにはちぶ 19話のネタバレと感想!すずらんは助かるのか!?逮捕は免れるのか?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月16日発刊の少年マガジンエッジ2019年3月号の連載中の『くにはちぶ 19話 ~被害者と加害者~』のネタバレと感想です。

 

前回の内容は下記にまとめています。

 

ネタバレ

《道端たんぽぽ》彼女は法律で定められた《くにはちぶ》の対象者。

全国民から無視されている。

 

犬走りんごと華厳かざりの間に立たされ追い込まれた毒島すずらんは校舎の屋上から飛び降りようとしていた。

 

たんぽぽ「すずらんちゃん
そこから飛び降りて!」

!!?

誰もがたんぽぽの言葉に驚いた。

たんぽぽ「今 助けるから」

すずらん「・・・・・・!?」

オロオロするすずらんに少しずつ近づいていくたんぽぽ。

たんぽぽの親友、菊池あざみは気がついた。

 

“! そうか・・・飛び降りれないんだ

無視対象者に名指しで「飛び降りて」と命じられたら それを無視しないといけない・・・! ・・・・・・・・・いや・・・弱い!

これから死のうとしてる人が逮捕なんて気にしない! これはたんぽぽのハッタリだ”

 

「毒島!
監督官の逮捕は素早いぞ!

“もう少し・・・” 私は逮捕の瞬間を何度か見てきたけど何かする間もなく逮捕されるぞ!

“もう少しで”

飛び降りなんて無理だ!
“たんぽぽが届く・・・!”」

すずらん「ごめん りんごちゃん」

りんご「私を見て言え! すずらん!」

泣き叫ぶ、りんごの声にハッとしたすずらんは体勢を崩してしまう。

すずらん「あ・・・」

 

走ってすずらんの足を掴んだたんぽぽ。

あざみももう片方の足を掴む。

 

「手を掴んで登れ 毒島!早く!
“監督官は出てもこなかった・・・ 無視対象者の命令で行動を縛ることはできないか・・・ でもそれ以前に!逮捕者を出したらあんたは消えるんだろう!?たんぽぽ!”」

逆さまにぶら下がるすずらんの顔は青ざめている。

すずらん「・・・む 無理・・・
だって私がりんごちゃんを落としたんだ
助かる資格が・・・・・・ない」

たんぽぽ「ある!
本当は落としたくなかったって言ったでしょ!! 次からはそうすればいいだけだ
それが意思だ!」

りんごは自分が使っている松葉杖をすずらんに差し出す。

りんご「すずらん!掴まれ!バカ!
難しいこと考えてんじゃないよ
すずらん!
私は ただアンタに死んでほしくない!それじゃダメなの!?」

涙ながらに訴えるりんごの気持ちが伝わったのか松葉杖に手をかけるすずらん。

3人は思い切り引っ張りあげ、床に倒れ込んだ。

ハァハァハァハァ

冷静を取り戻りていくすずらんは、涙が溢れた。

 

「ごめんなさい・・・私

もうあんなこと二度としない!

許して・・・りんごちゃん」

りんごは、大丈夫とすずらんの肩に手を置いた。

 

しかし、かざりは納得のいっていない様子。

 

「すずらんはさぁ皆を裏切った犬走さんが許せなくて階段から落とすお仕置きをしたんだよ?

そのすずらんが今度は私を裏切って犬走さんにつく

お尻軽すぎ 何もお咎めなしなんてムシがよすぎない?」

 

あざみが立ち上がる。

「そんなもの アンタがそうさせただけじゃない 変な写真撮って脅してるんでしょ」

しかし、かざりは続ける。

 

「すずらんが許されたい 償いたいって思うならさ 最低限同じ痛みを味わいなよ 例えば階段から落ちるとかさ?
ねぇ?す・ず・ら・ん」

名前を呼ばれビクッとするすずらん。

かざりが言った言葉は、かつてあざみがりんごに言った言葉だ。

 

すると、たんぽぽが立ち上がりかざりに思いをぶつける。

やってしまったことは何をしても消せない。

自分も傷つけた人がいて、きっとこの先も許してもらえない。

でも自分を許してくれる人もいること。

《くにはちぶ》に勝つことで償えるかもしれないと思っていること。

たんぽぽはすずらんに近づき、笑った。

「すずらんちゃん
傷つけたからってその償いで安易に傷つかないで まずはよく話してみて・・・あなたは・・・
無視なんてされないんだから・・・」

 

その後、りんごとすずらんは話し合い普通に暮らせるよう一緒にいることに決めた。

 

 

――

別の校舎の屋上から、その様子をスマホで撮影する男子生徒、画彩。

この動画をミーチューブにアップすれば夢の高収入!

しかし、彼にそんな度胸はない。
「お いたいた 画彩く~ん 〈体調悪いので保健室へ〉じゃなかった?」 画彩に近づく不良3人。

 

――
正座させられた画彩は、膝の上にコンクリートのブロックが乗せられている。

たんぽぽたちの様子を見る2人、もう1人は画彩のスマホをチェックし、先程撮影したたん ぽぽたちの動画が見つかってしまう。

 

「はーあ いいなあ 何しても無視されるなんてさ~最高じゃね 例えばあそこの女とか何でもし放題 だろ?」

かざりを見る男。

 

「だいたい選ばれねーんだよおまえみたいのは こーいう反抗の意思もない度胸もない なーんにもできないようなクソ雑魚が選ばれるんだよ」

画彩にもう一つブロックを乗せると、男は何かを思いつく。

「なあ こいつがさ逮捕されるとこ見てみたくね?」

 

 

――

一方、たんぽぽたちは落ち着いたすずらんを連れ校内に戻っていく。

そこへ先程の不良の一人が現れ、かざりに声をかけた。

「やっほー かざりちゃーん
今日もキレーだね~」

 

続いて画彩を連れた不良二人。

「おい俺のかざりに声掛けてんじゃねーぞ」

そう言って二人は嫌がる画彩を思い切り突き飛ばした。
「画彩ロケット!」
そのまま、画彩はたんぽぽとぶつかってしまう!!

 

 

感想

すずらんが無事でよかったです。
相変わらずたんぽぽたちの敵であるかざり。

彼女はこの《くにはちぶ》を楽しんでいるようにみえて、いじめに関して何か強い思いのようなものが感じられます。

行き過ぎた悪ふざけをする不良たち・・・。

たんぽぽに思い切り画彩を突き飛ばしてしまいましたが、どうなってしまうのでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.