漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

黒崎くんの言いなりになんてならない58話のネタバレと感想-黒崎との距離

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

8月10日発売の2019年9月号別冊フレンドに連載中の黒崎くんの言いなりになんてならない58話のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からどうぞ!

 

それでは58話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと今すぐ「黒崎くんの言いなりになんてならない」が連載されている別冊フレンド最新刊を無料で読むことができます!

 

→U-NEXT公式サイトはこちら

黒崎くんの言いなりになんてならない58話のネタバレとあらすじ

 

 

 

話をしようと浴室へ行った由宇は足を滑らせて、上半身裸の黒崎に支えられてドキドキする。

だが、黒崎から用がすんだら出ていくように言われ、テンパった由宇は思わず黒崎をデートに誘ってしまう。

我に返り、顔を赤らめながらも、黒崎との関係を思い出してみたいと言う由宇。

 

黒崎は、思い出したいならここでもいいと言って由宇の腕を掴んだ。

戸惑う由宇に、風呂場で会うのは3回目でどっちも湯船だったと説明し、驚く由宇を湯船に入れた。

黒崎と共に湯船に入り、自分達がHまでしてた関係だったのかと驚愕する由宇。

顔をさらに赤くした由宇に、何か思い出したのか聞く黒崎。

由宇は、ここでこの先の営みをするのか聞くと、思い出せるならと、思い切ってTシャツを脱いだ。

一瞬驚いた黒崎は、今はそこまでする気はないと笑顔を見せた。

 

黒崎の笑顔に驚いた由宇は、怒ってるか怖い顔の黒崎しかしらないと言った。

由宇を怒っているわけではないと言う黒崎に、何か落ち込んでいるのかと聞く由宇。

黒崎の考えていることを教えてほしいと言う由宇。

 

その首筋の剥がれかけた絆創膏を取りながら、隠すなと言う黒崎に、見えるところだったと言い訳する由宇。

見えないところならいいのかと迫ってくる黒崎に戸惑う由宇だったが、嫌うなと言って見つめる黒崎に思わず心を奪われた。

 

胸元に顔をうずめられ、思わず目を瞑る由宇。

そして、こんなのぼせるような熱を、まえにも経験したことがあると感じた。

 

全身びしょ濡れで戻った由宇を見て、子供のようだと笑う父。

だが母は、お風呂場にはロマンがつまっていると囁きながら、由宇にタオルをかぶせた。

由宇は胸元を確認し、思い出せていないのに大人の階段を上る自分に愕然とした。

 

深夜、黒崎は記憶をなくす前の由宇を思い出していた。

 

翌朝、全然眠れなかった由宇は、黒崎とどんな顔をして会えばいいのかと悩みながらリビングに行くと、そこにはタクミとミナの姿があった。

寮監から事情を聞き、心配で来たと話すタクミ。

黒崎は父とランニングに出かけていた。

 

顔を洗いながら、黒崎とタクミがまた険悪になることを心配する由宇。

そこへ、ミナが現れ、顔がむくんでいると言って由宇の顔を力強く揉んだ。

家まで来てもらったことに感謝し、大親友だったと勘違いする由宇。

ミナは複雑な心境になりながらも、連絡先の交換を求めた。

 

その時、タクミが由宇をドライブに誘った。

由宇は黒崎の気持ちを考えて、4人で出かけることを提案した。

そんな由宇を強引に連れ出すタクミ。

 

高級車の後部座席で、黙りこむタクミの真意が分からず戸惑う由宇。

一方、タクミも、無理やり連れだしたものの、どうするべきかと悩んでいた。

知らない間に、黒崎が由宇の実家に来ていた事に焦ったタクミだったが、黒崎のことを考え、これでよかったのかと迷っていた。

 

その時、寝不足だった由宇は眠ってしまい、タクミの膝にもたれかかった。

無防備な由宇の髪に触れようとした時、由宇が寝言で黒崎の名前を呼んだ。

それを聞いたタクミは、運転手に高速に乗るように言った。

 

その頃、黒崎とランニングをしていた由宇の父は息も絶え絶えだった。

その時、タクミを乗せた車が黒崎の脇を通り過ぎた。

タクミに気付いた黒崎は、父を残し、慌ててマンションへ戻った。

 

由宇の帰りを心配する母を見て、外の様子を見てくると席を立ったミナ。

友達面する自分を恥ずかしく思いながら、携帯をチェックしたミナは驚いた。

 

そこへ、必死の形相で現れた黒崎。

由宇がタクミと一緒なのか聞くと、ミナは夜行バスで来たことを伝えた。

黒崎は汗を拭いながら、後手ばかりだと苛立たしげに呟いた。

駆け出した黒崎に、ミナは2人の居場所が分かると叫んだ。

疑う黒崎に、自分を信用するように言うミナ。

 

その頃、大きな観覧車の見えるサービスエリアに着いたタクミは、後部座席に眠る由宇を起こした。

状況を把握できない由宇に、着替えるようにと袋を手渡すタクミ。

 

一方、バイクで2人の元へ向かう黒崎。

「黒崎くんの言いなりになんてならない」58話を今すぐ無料で読む方法

 

「黒崎くんの言いなりになんてならない」58話のネタバレはいかがでしたか?

文字だけでは表情など細かい描写はお伝えできないので、やっぱり漫画で見たい!読みたい!!という場合は無料で読める「U-NEXT」を使ってみてくださいね!

やっぱり漫画で読むと面白さ倍増ですよ!

 

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、無料で「黒崎くんの言いなりになんてならない」が連載されている別冊フレンドが読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

 

感想

黒崎が由宇の実家に来たことを知り、焦って夜行バスで追ってきたタクミ。

タクミが由宇を連れだしたことを知り、焦ってバイクで追いかける黒崎。

由宇をめぐる2人の男子がどう動くのか、気になります。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.