漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

舞妓さんちのまかないさん102話のネタバレ!健太は無事すみれに会えるのか?

WRITER
 
舞妓さんちのまかないさん102

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年2月6日発売の週刊少年サンデーに連載中の

舞妓さんちのまかないさん「第102話:この格好の時」のネタバレです。

前回の内容は下記からご覧いただけます。

ネタバレ

 

健太に声を掛けられるまでのすみれ側のお話から始まります。

 

「いやあ 修学旅行生さん多いですわ。」

タクシーの運転手さんは、後部座席に乗っているすみれに話しかけます。

 

「ほんまどすなぁ。晴れてよかったどすなぁ。」と言いながら、すみれは(あの制服、健太の高校のに似てはる。)と思いながら外の様子を眺めています。

 

道が渋滞してタクシーが進まないので、すみれは降りて歩き出します。

 

本物の舞妓さんを見た周りからは歓声があがり、舞妓さん姿のすみれをスマホで撮っています。

 

すると「すみれ」と声が聞こえた気がしてあたりをキョロキョロ見回すすみれ。

(あかん。さっきあんな制服見たさかい、おかしな声まで聞こえて・・・)と思います。

 

しかし、「ここ ここ。」「よ。」と、手を挙げ声を掛けてくる健太を見つけます。

 

驚いて「け」と声に出してしまい、慌てて口を両手でふさぎますが、荷物を落としてしまいます。

 

ササッと荷物を拾い、スッ・・・と立ち去ろうとしますが動揺を隠せないため、

 

左足をぐきっとひねってしまい、ぐらつきます。

 

しかし、そこは舞妓さんのすみれ。

 

何ごとも無かったように完璧な姿でその場を後にします。

 

健太はすみれの後を追い、探します。

 

すると突然、ぐいっと健太の袖が引っ張られます。

 

すみれが屋形に引き寄せたのでした。

 

「ほんまは屋形に男の人入れたらあかんのえ。玄関までやよ」と、すみれは健太に話します。

 

健太は、修学旅行で京都に来たことや、班行動を抜けてキヨとすみれに会いに来たことを告げます。

 

しかし、すみれは、

「そやけど!あないに普通に声かけはるから!お客さんや観光客の人らもおるし、答えられへんのえ!?」

 

「この格好のうちは、すみれやおへん。」

 

そうきっぱり言い放ちます。

 

健太は「悪い。」と言います。

 

そして「本当にプロの舞妓さんになったんだな。すげぇな、お前。」と話します。

 

すみれはキヨを呼んでくるとその場を離れますが、赤面しています。

 

台所にキヨの姿はなく、買い物に出ている様子でした。

 

「これ飲んでって。キヨちゃんが作ったスープ」

 

すみれが健太に渡したスープは、

『ミネストローネ(野菜たっぷりトマトスープ。つかれた体にほどよい酸味)』でした。

 

「あ うめえ。」 一口飲んだ健太。

 

すみれから「いつ帰るの?」と聞かれた健太は「あー明日。」と答えたのでした。

 

次回に続きます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.