漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

見上げると君は 第18話のネタバレと感想!高嶺と両想いになれた最初の…なのに優希は…

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月26日発刊イブニング2019年6号に連載中の『見上げると君は 第18話 ~平常心~』のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧ください。

 

 

ネタバレ

――朝
キーンコーン カーンコーン
だだだ
急いで学校へ向かう渋木優希。

 

「渋木・・・? そんなに急いでどうし・・・ってオイ!」

正門で生徒指導の先生が優希に声をかけるが、 「はざす!!!」 と、駆け足で正門を通り抜けていく。

 

“やばい 寝坊した・・・!!最低だ!!! 今日はたかみねさんと両想いになれて最初の――・・・”

 

そんなことを考えながら、走っている優希に 「お早う」

と、声を掛けてきたのは高嶺。

 

正門の裏で優希を待っていた。

「ハァハァ・・・た・・・たかみねさん!? なんでそんなとこに・・・」

「驚かせようと思って ――・・・なんてね
今日は教室で待っていられなかったんだ」

 

「え?それって・・・」

「そんなに走ってこなくてもよかったのに」

そう言って、高嶺はハンカチを取り出す。

 

「だって今日は最初の

ぶぶぶぶぶ」

「ごめん 何て?」

高嶺が汗だくの優希の顔をハンカチで拭き、優希の言葉は途中でさえぎられてしまった。

「・・・おはよ」
「お早う」
「ごめん 遅れて・・・」
「私は外で読書してたから平気だよ」
2人は校内へ向かった。

「でも話す時間がなくなった」
落ち込む優希。

「君は気にしいだね」
「気にしィ?なにそれ」
「気にしすぎってこと
気にかけてくれるより笑っていてほしいよ」

高嶺の言葉に、にーっと笑顔を作る優希。

それを見て
「あはは」
と笑う高嶺。

 

 

――
校内に入った2人はゆっくり歩く。
「ていうかさ
なんか今日歩くの遅くない?」

「君だって」

「ばれた」

ニカッと笑う優希。

“少しでも長く
教室に着かないように”

キーンコーン カーンコーン 授業の始まりを知らせるチャイムがなり、先生に早く教室へ行くよう促される。

それぞれの教室へ向かおうとすると、優希が高嶺を呼び止めた。

 

「たかみねさん!
今日のおわびに・・・僕 何でもするから!」

「?いいよ別に
まだ気にしてたの?
君のことだから きっと理由があるって分かってるし」

「でも・・・」

と、申し訳なさそうにしている優希。

 

「分かった
恋人の頼みだもんね
何か考えておくよ」

そう言って、高嶺は教室へ向かった。

“恋人・・・なんだよね
あの かっこいい人が・・・恋人・・・”

 

 

――
教室へ入り席に着いた優希は、机に顔を伏せる。

「吐きそう」 高嶺の恋人という言葉に、急に意識し始めてしまった優希はキリキリと胃が痛くなる。

 

「だからそれやめろって言ったろ
つーか今更だろ 昨日だってカラオケ行ったし今だって普通に話しながら来たんだろ?」

優希の様子を見て冷静に突っ込むシュージ。

「幸せすぎてつらいし この幸せな時間がいつか終わるんじゃないかって考えてもつらくて
ああああ」

「お前まじ そこ性格直さねーとストレスで早死にすっぞ」

「シュージ!!今日もみんなで帰ろ!!
もう意識しちゃってだめなんだ・・・」

“こんな状態で2人きりになんてなったら――・・・”

 

――昼休み
キーンコーン カーンコーン
屋上で昼食をとる、シュージ、優希、高嶺、楓たち。

「決めた
今日は2人でどこかに行かない?
実は楓が今日 早く帰らないといけなくて」

 

今朝、何でもすると言った優希の返事をする高嶺。

「え・・・そ そうなの」

 

しかし、意識しまくりの優希は挙動不審だ。

「あー俺も今日は予定あったし丁度良いんじゃね」

そう言うシュージは企んだ顔。

「だめかい?
・・・ごめん 急だったね
今のは忘れて」

高嶺は少し悲しそうにそう言った。

 

――
放課後、結局2人で帰ることに。

笑顔の高嶺とその隣で顔を赤くし歩く優希。

ドキドキ バクバク

“おちつけ・・・おちつけ心臓
平常心・・・平常心・・・”

 

その様子を気にした高嶺は優希の頭に手を伸ばす。

「大丈夫
私だって少し緊張してる」

高嶺の言葉に落ち着いた優希、2人は顔を見合わせ笑った。

 

「どこ行く?
なんかめっちゃワクワクしてきた!!」
「フフ 君と一緒ならどこへでも」

 

――
2人並んで歩く後ろを3人の女子生徒が歩いている。
「・・・あの2人・・・」
(つづく)

感想

高嶺と話す時間を大切にしたり、緊張のあまり挙動不審になったり、初々しくて可愛い優希。

いつも冷静で優希のことを考えている高嶺も、やっぱり緊張していて可愛いカップルですね。

帰り道、2人の後ろを歩いていた彼女は、これからどのように関わってくるのでしょう? 2人を割くようなことはしてほしくないですね!

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.