漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【僕のヒーローアカデミア 212話】のネタバレ。ヒーローが辛い時、誰がヒーローを守ってあげられるだろう

WRITER
 
僕のヒーローアカデミア212

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年第6・7合併号、週刊少年ジャンプ連載の「僕のヒーローアカデミア」212話のネタバレです。

前回211話のネタバレは下記にまとめています。

ネタバレ

幼き日のお茶子の記憶。

両親はいつも疲れた顔をしていて、それが辛かったお茶子。

初めてヒーロー活動を目にした時、活動よりも周りの人々の表情に目が行った。

人の喜ぶ顔が好きで、困ってる人を助ける事は当たり前だった。

その当たり前が、いかに大変なことなのか。

 

「目の前の小さな女の子を救えないで、皆を助けるヒーローになれるかよ!!!」

叫ぶ緑谷。

 

余裕がなくて必死に助ける彼を、見てきたから思う。

 

”ヒーローが辛い時、誰がヒーローを守ってあげられるだろう”

 

緑谷は黒いモヤの中で必死にもがいていた。

お茶子は真っ直ぐ緑谷を見据えると、飛んで行って緑谷を抱きしめた。

 

「デクくん、落ち着け!!」叫ぶお茶子。

「止めっ・・・られ、ない!」必死の形相で叫ぶ緑谷。

 

”デクくんの意思じゃない!!”

 

必死に緑谷を抱きしめるお茶子の目に、こちらを見る心操の姿が映った。

 

「心操くん!!洗脳を!!」

突然名前を呼ばれ、驚く心操。

その間も破壊を続ける緑谷のエネルギー。

 

「デクくん、止めてあげて!!」

 

緑谷に洗脳をする為に、何を問うか必死に考える心操。

誂え向きの”個性”に生まれて、体育祭でお前に負けた。

あの時とは違う俺を見せてやれると、ワクワクしてた。

また戦えるって!楽しみにしてたんだぜ!!

 

『立派なヒーローになって、俺の”個性”を、人の為に使いたい』

決心した心操が緑谷に向かって叫ぶ。

 

「緑谷ァ!!俺と戦おうぜ!」

マスクを外し、満面の笑顔で語りかける心操。

 

それを聞いた緑谷は、体の奥底から絞り出すように呻くと、シッカリと答えた。

「応!!」

 

すると次の瞬間、ビタッとエネルギーの暴走が止まり、驚く緑谷の右手から急速に体内へ吸収されていった。

 

ふと気付くと、黒いモヤに体全体を包まれていた緑谷。

見渡すと何もない暗闇。

”また・・・”

 

その時、突然「おめェェなァアア!!!!」と叫ぶ声に驚く緑谷。

振り向くとそこにいたのは、緑谷に向かって歩いてくる、坊主頭のがたいのいい男だった。

 

男は真っ直ぐ緑屋を指差しながら近づくと、

「違うんだよ、違う!言ったさ!?確かに。『一人じゃない』ってさ!?時満ちたさ!?発現したさ!?でもさ!?」

そして、緑谷の胸に指先を当てると、

「その力はもう!雑念マシマシで使っていいモノじゃアなくなってる。」

歴代継承者の一人だと気付き、目を見開く緑谷に対し、男は更に叫ぶ。

 

「頑張りなさいよ!!」

 

先代の一人は超ファンキー!!

 

感想

緑谷を救いたいと、危険を顧みず抱きしめたお茶子と、心を開いてマスクを外し笑顔を見せた心操が印象的でした。

最後に現れた歴代の継承者のスタイルには驚きましたが、これをきっかけに今後の緑谷が良い状況になるのか、それとも逆か、気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.