漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

僕のヒーローアカデミア 214話のネタバレと感想!相澤の決断とは!?緑谷も動き出す!

WRITER
 
僕のヒーローアカデミア214

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年第9号、週刊少年ジャンプ連載の「僕のヒーローアカデミア」214話のネタバレです。

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

ネタバレ

 

相澤の続行するという決断に驚くオールマイト達。

緑谷の行動が異常だった事を指摘するが、相澤は”個性”の範疇であれば自分が止められると引かない。

相澤は緑谷と心操にまだやる気があるからだと言った。

「全員まだ勝ちに行く気だ」

 

心操に力負けし、倒れた緑谷を見て、麗日は一旦退いて立て直す事を提案した。

だが緑谷は、退いたら負けると言った。

「心操くんが目の前にいる今が、勝つチャンスだ!」

 

無個性で戦うつもりなのかと心配する麗日に、頼みがあると言う。

 

その頃、芦田の酸の攻撃『アシッドショット』を仲間の力によってかわし、ツインインパクトを仕掛ける庄田二連撃。

芦田をギリギリのところで『グレープバックラー』で救う峰田。

 

峰田の個性”モギモギ”は、峰田本人にはひっつかずに弾く性質を持ち、無作為に投げられたモギモギは、トラップであると同時に峰田専用高速移動手段であった。

 

全て計算通りだったと豪語し、芦田の胸に顔をうずめる峰田を、芦田は掴んで振り回した。『アシッドレイバック!グレープピンキーコンボ、跳峰田』の攻撃でそこら中を跳ねまわる峰田。

その攻撃に、策を講じる暇もないと戸惑う庄田達。

 

その頃、緑谷と麗日に、物間が攻撃を仕掛けていた。

 

物間は考えていた。

一人で強くはなれない。主役を張れる性質にない。君達のように真っ直ぐ道程を歩めない。でも僕はこの性質を恨みはしないのさ。

”名作には必ずいるものだから。主役を喰らう、脇役って奴がね!!”

「君の”力”、貰ったよ!!」

 

叫ぶ物間に驚く緑谷。

だが、麗日の『ガンヘッド・マーシャル・アーツ』によって物間はすぐさま抑えつけられた。

 

ハッタリだと悟った麗日は、緑谷に心操の元へと向かうように叫んだ。

物間を助けようとした心操の目の前に、麗日によって無重力にされた緑谷が現れた。

 

取っ組み合いになる二人。

”君を見失えば、この乱戦一気に形勢が傾く。君が脅威だ、心操くん!!”

 

緑谷が動いたことを見守る相澤は、心操との特訓の日々を思い出していた。

相澤が5年も掛かって習得した技を、自分が扱えるようになるのかと不安に思う心操に、自分はゼロから独学だったからだと励まし、いざって時にひとりでどうにか出来なければ死ぬと助言したのだった。

”俺は無駄な事に時間を掛ける人間じゃない”

 

「あの時の俺とは違うぞ、緑谷!!」

一瞬で攻撃を仕掛ける心操の速さに驚愕しつつも、緑谷はワン・フォー・オール継承者からの、「肝心なのは心を制する事だ」と言う助言により不安が晴れていた。

継承者の雰囲気や声色、色んなものがオールマイトと似ていたからだった。

 

「俺たちを、使いこなせ」

 

緑谷は黒い鞭を使いこなし始めていた。

 

デクだって「あの時」とは違う・・・今度こそ真の”個性”覚醒!!

 

感想

相澤の力を習得し、緑谷へリベンジする心操。

ワン・フォー・オール継承者からの助言により、個性を使いこなし始めた緑谷。

この二人の戦いがどうなるのか、とても楽しみです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.